2019年06月05日 (水)~6月の市場情報~ 宮川香織


~鮮魚情報~

◆◇水揚げ状況◇◆

6月の市場情報 水揚げ状況です。

<日本海側>

 ◇カレイ類・ヒラメ・マダイ・ブリ
 
<下北から八戸の太平洋側>

 ◇下北・・・ソイ類
 ◇八戸方面・・・スルメイカ・サバ

<陸奥湾内>

 ◇ヒラメ・ソイ類・マダイ・ホヤ

<陸奥湾の養殖ホタテ情報>

 ◇東部の方は安定した水揚げ
 ◇サイズも例年に比べて大きい

◆◇今月のおすすめ◇◆

今月のおすすめは、最盛期を迎えたホヤ。

最盛期を迎えたホヤ。クセのある味に、好みが分かれるかもしれませんが火を通すと!!このクセが弱まるそうです。

今回は、通常&蒸しホヤを作るときのホヤのむき方を教えていただきました。※通常のむき方については、写真つきで昨年の5月の市場ブログでも紹介していますよ。

作業をするときは、大きめの袋の中で行うと、台所も汚れません!!

 

<通常のむき方>

1、ツノが出ている先端を切り落とす

 2、縦に切る

 3、身を開いて肝を取り除く、腸内のゴミをしぼり出す

 4、流水で洗ったら、食べやすい大きさに切る

 

<蒸しホヤを作る場合のむき方>

 根本をきれいにする。

① 根元をきれいにする

②	両方のツノを目印にして縦に切る

② 両方のツノを目印にして、縦に切る

③ 殻付きのままで、腸内のゴミをしぼり出す

③ 殻付きのままで、腸内のゴミをしぼり出す

④ 流水で洗い、ホヤの水けを切る

 

-即席蒸し器で蒸しホヤを作ろうー

 フライパンがあればOKです!

フライパンに少なめの水と小皿を入れる

・フライパンに少なめの水と小皿を入れる

殻付きホヤを入れてフタをして火にかける
 
・殻付きホヤを入れてフタをして火にかける

・沸騰したら、塩少々・酒少量を振り、中火で3~5分くらいフタをして蒸す

・殻の色が鮮やかなオレンジ色になったらOK

殻の色が鮮やかなオレンジ色になったらOK

殻からホヤの身をはずして食べましょう!!

蒸しホヤは冷蔵庫だと10日間くらい

冷凍の場合は、1~2ヵ月くらい保存可能だそうです。

クセがなく、プリップリの食感がたまりませんよ~♬


~青果情報~

◆◇野菜の入荷状況と値動き◇◆

◇順調な入荷で価格も平年並み
◇今後は県産野菜が本格的に入荷
 順調な入荷と落ち着いた価格になりそう

◆◇果物の入荷状況と値動き◇◆

◇関東産のスイカ・メロンを中心に
 ハウスもののブドウ・もも・サクランボが入荷
◇全体的に入荷量はやや少なめ、価格は平年並み
◇今後は・・・
 ・スイカ・メロンの入荷は順調に増える見込み
 ・ハウスものの果物は、徐々に露地ものが出てきて、落ち着いた価格になりそう

◆◇おすすめの野菜◇◆

おすすめ野菜 野辺地産の葉つきこかぶ

野辺地産の葉つきこかぶは、全国的にブランド品として高い評価を受けている

野辺地産葉つきこかぶの特徴

☆やわらかい
☆甘い
☆ジューシー
☆葉っぱもシャキシャキ、まるごとおいしい!!

切り込みをいれたら手で皮がむけちゃうくらいやわらかいんですよね。

切り込みをいれたら手で皮がむけちゃうくらい、やわらかいんですよね。

◆◇おいしさの秘密◇◆

☆夏場に吹くヤマセ・・・、ヤマセが吹くと低温になりますが、この涼しい気候を活かして栽培しています。

☆新鮮なこかぶを出荷するため、生産者の方は夜明け前から、収穫作業をしているのです!!

 

私、初めて野辺地のこかぶを、いただきましたが
本当に甘くてフルーツのように水分も多い!
口の中にこかぶのおいしさがひろがっていき、感動しました♪
生がおいしい“こかぶ”を皆さんも食べてみてください。

 

◆◇おすすめの果物◇◆

おすすめ果物

ニュージーランド産のキウイの入荷がピークを迎えていてお店にもたくさん並んでいますね!
グリーンとゴールドどちらもおいしいですがみなさんはどっち派ですか?

◇グリーンキウイ
・食物繊維たっぷり
・酸味もあるが甘さもしっかり

◇ゴールドキウイ
・1個で1日分のビタミンCがとれる
・甘味が強い

キウイにひとつまみの塩をふって食べれば、熱中症予防に効果があるそうですから、これからの季節にピッタリです!

 

鮮魚情報も!青果情報も!

青森の旬、今が旬の食材話が盛りだくさん♪

毎月1週目の水曜日は、市場情報をお見逃しなく~!(^^)!

 

 宮川香織

投稿者:宮川香織 | 投稿時間:16時40分


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲