2019年04月03日 (水)~4月の市場情報~ 宮川香織


~鮮魚情報~

◆◇水揚げ状況◇◆

~4月の市場情報~ ~鮮魚情報~◆◇水揚げ状況◇◆ 

<日本海側>

◇ホッケ・カレイ類・マダイ

◇十三湖のシジミも今月解禁!

<下北から八戸の太平洋側>

◇下北・・・カレイ類・マス

◇八戸方面・・・カレイ類

<陸奥湾内>

◇カレイ類・ソイ類・マス

 

◆◇今月のおすすめ◇◆

今月のおすすめはホタテ!

養殖ホタテの生産量日本一の青森県!

生育状態は順調だそうです。

今は抱卵期で、ホタテもおいしい時季なので

食べなきゃ損ですよ~。

今回はホタテのむき方を教えていただきました。

 

まず、殻付きのホタテを見ると

白い色と赤い色と分かれていますね。

赤い色の方を下にして左手で持つところからスタート!

赤い色の方を下にして、左手で持つところからスタート!

右手にホタテをむく専用のヘラを持ったら

左側の隙間からヘラを入れる。

この時、貝柱の下側を貝殻からはがすように

ヘラを動かす。

※うまくはがれると、貝が開きやすくなります。

貝を開くと白い貝の方に身がついていますね。

貝を開くと、白い貝の方に身がついていますね。

ウロのあたりにヘラを入れヒモの両側をはがす。

ウロのあたりにヘラを入れヒモの両側をはがす。

手でウロとヒモを引っ張って取ると・・・

手でウロとヒモを引っ張って取ると・・・

あら不思議!貝柱だけが残るのです。

あら不思議!

貝柱だけが残るのです。

あとはヘラで貝柱をはがすだけ。

 

ウロは捨ててくださいね~。

卵は軽く湯煎して刺身で食べたり

煮て食べてもおいしいですよね!

 

ヒモは塩もみしてヌメリをとったら

こちらも刺身や煮つけで楽しみましょう♪

 

ホタテの刺身は、しょうゆで食べますか?

わさびをつけて塩水をつけて食べると

ホタテの甘みをより堪能できますよ!

ぜひお試しください!

 

~青果情報~

◆◇野菜の入荷状況と値動き◇◆

◇天候に恵まれ、全体的に順調な入荷

 価格も落ち着いている

◇今後も入荷は順調で落ち着いた価格になりそう

◆◇果物の入荷状況と値動き◇◆

◇現在果物は全体的な入荷はやや少なめ

◇国産のかんきつ類が終盤で

 輸入のオレンジやグレープフルーツが

 かんきつ類の中心となっている

 現在の状況は入荷少なめ、やや高めの価格

◇いちごは順調な入荷・落ち着いた価格

 九州産や関東産のスイカ・メロンが

 出始めているそうです。

 

◆◇おすすめの野菜◇◆

今の時季にしか出回らないという神奈川県の三浦半島で作られた春キャベツ。

今の時季にしか出回らないという

神奈川県の三浦半島で作られた春キャベツ。

本春(ほんぱる)キャベツといわれているそうで

本春の意味は、本当の春キャベツ!

 

ふわっとして見た目もやわらかです。

ふわっとして見た目もやわらかです。

切ってみると

 ・巻きがゆるめ

 ・葉がやわらかい

 ・見た目もみずみずしい

 

今岡さんのおすすめの食べ方は、

せん切りにしたキャベツにソースをかけて食べると

今岡さんのおすすめの食べ方はせん切りにしたキャベツにソースをかけて食べると

甘いキャベツの味わいと

ソースのピリッとした感覚がアクセントになって

生でもモリモリ食べられます。

 

本春キャベツは鮮やかな緑色で、

ハリのあるものを選ぶといいそうです!

この時季にしか味わえない

本春キャベツを存分に楽しみましょう。

 

◆◇おすすめの果物◇◆

おすすめの果物は八戸のいちごです!

八戸のいちごです。

おやおや?実は1月にもいちごを紹介しているんです。

今回再び登場したのにはわけがあります!

 

冬だけじゃない!春も八戸のいちごはおいしい♪

そして今月から、たくさん出回るそうです。

 

春のいちごは甘みもバッチリ!

そして程よい酸味が心地いい~。

 

八戸のいちごは6月頃まで楽しめるそうですから

春を満喫しながら味わいつくしましょう。

 

今年度の市場情報も元気にスタートしました!

青森の旬の魚や野菜・果物のことなら

このコーナーを見て、ぜひ、参考になさってくださいね。

 

 宮川香織

投稿者:宮川香織 | 投稿時間:16時06分


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

宮川さん、こんにちは(^O^)仕事であっぷるワイドが見られない時もありますが、宮川さんが今年度もいてくれて超~嬉しいです!!応援してます!ちなみに・・・キャベツは玉菜って知ってますか?へば、また

投稿日時:2019年04月03日 21時46分 | 茄子のしそ巻き

コメントの投稿

ページの一番上へ▲