2018年10月12日 (金)ごはんでお好み焼き【わいわいクッキング】


新米が出始めましたね~

青森県ではおいしいお米をたくさん作っているので

この新米の時期にたくさん食べたいですね!

炊きたてが一番おいしいのは間違いないのですが

今日は、ちょっと残ったごはんを使ったアレンジ料理を紹介します!

 

その名もずばり!「ごはんでお好み焼き」

「ごはんでお好み焼き」

 

<材料> 4人分

ごはん・・・100g

卵・・・1コ

米粉・・・大さじ1

水・・・大さじ1

こしょう・・・少々

 

キャベツ・・・300g

にんじん・・・40g

卵・・・2コ

ソース・・・大さじ1

こしょう・・・適量

米粉・・・大さじ3

水・・・大さじ3

 

溶けるチーズ・・・40g

ベーコン・・・2枚

 

卵・・・1コ

ソース・・・適量

マヨネーズ・・・適量

かつお節・・・適量

青のり・・・少々

 

いろんなお米が出ていますが、

今日は田舎館村で作っている「あさゆき」を使います!

ごはんに卵、水、こしょうと米粉を入れてよく混ぜます。

ごはんに卵、水、こしょうと米粉を入れてよく混ぜます。

ごはんに卵、水、こしょうと米粉を入れてよく混ぜます。

米粉は、上新粉やだんご粉、白玉粉なんでもいいそうです。

小麦粉でもいいそうですが、米粉のほうがお米との相性もよく、

焼いたときにかりっと仕上がるんだそうです!!

 

キャベツとにんじんをせん切りにしてボウルに入れ

卵、水、米粉、ソース、こしょうを入れます。

キャベツとにんじんをせん切りにしてボウルに入れ卵、水、米粉、ソース、こしょうを入れます。

 

これは手を使ってしっかりと混ぜましょう!

これは手を使ってしっかりと混ぜましょう!

 

今日は、おしゃれにスキレットを使って作ります。

今日は、おしゃれにスキレットを使って作ります。

 

多めの油を入れて熱し、スキレットのふちのほうにも油を塗ります。

余分な油はとっておきましょう。

多めの油を入れて熱し、スキレットのふちのほうにも油を塗ります。

 

一旦火を止めたら、ごはんを入れます。

しきつめるように広げます。

しきつめるように広げます。

 

その上に、キャベツを半分だけのせます。

その上に、キャベツを半分だけのせます。

 

その上に、細く切ったベーコンと溶けるチーズをのせ

真ん中には卵。

真ん中には卵。

最後に、残しておいたキャベツを全部入れたらフタをして

中火で5分

中火で5分

 

5分たっても。。。

まだ完成ではありません。。。

お好み焼きですから。。。

ひっくり返さないと。。。

 

でもスキレットパンパンじゃ・・・

 

安心してください。

るみちゃんできますから!

 

 

5分たったら火を消します。

 

そしてひっくり返す準備。

 

まな板か平たいお皿を用意し、水でぬらしてください。

まな板か平たいお皿を用意し、水でぬらしてください。

 いきますよ!

いきますよ!

いきますよ!

はーい!とりあえず一旦出ました~

はーい!とりあえず一旦出ました~

はーい!とりあえず一旦出ました~

 

そして・・・これを・・・

戻しますよーー!

 

スキレットに油を塗りなおしたら

ずずず~~~~っとすべらせて戻します

 

戻しますよーー!

はみ出たところはまだ調整できるので、箸などで押し込んじゃってください!

  

はみ出たところはまだ調整できるので、箸などで押し込んじゃってください!

あとはフタをして、さらに中火で5分で焼き上がりです!

マヨネーズ、ソース、青のり、かつお節でトッピングしたら完成です!

マヨネーズ、ソース、青のり、かつお節でトッピングしたら完成です!

「ごはんでお好み焼き」

ボリューム満点!野菜もたっぷりとれますよ~

ボリューム満点!野菜もたっぷりとれますよ~

 

 

■みやちゃんのひとりごと

炊いたごはんが余ってしまうことが

ありますよね~。

皆さんは、どうしていますか?

私はチャーハンにするか

レンジであたためボタンをピッ!と押す

この2パターンが定番です。

るみちゃん流のごはんでお好み焼きを覚えれば

冷えて固くなってしまっても心強いですね!!

スキレットも持ってないので

欲しくなりました♪

 

みやちゃんより

 

 

次回もお楽しみに~~~

 

レシピ集まだあります!

2017年1月~12月に紹介したレシピがまとめられています!

 

なくなり次第終了となりますのでご希望の方はお早めに~~

↓↓↓

https://www.nhk.or.jp/aomori/cooking/

投稿者:宮川香織 | 投稿時間:17時07分


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲