2020年9月14日

9月14日 今日のシャモリ


春と間違えたかなー

春と間違えたかなー

9/11 浪岡町 ナッツさん

リンゴの苗木です。
収穫の時期を迎えているリンゴの木の隣で、
満開に花を咲かすトキの
リンゴの木です。


最勝院 鐘楼と五重塔

最勝院 鐘楼と五重塔

9/11 弘前市・最勝院 カルトーシカさん

本堂の方からの風景です。
静かな境内の上空に チゴハヤブサの するどい声が響いていました。
昨日 大きなニュースがあったので いくらか
観光のお客様がおいででした。
仁王さまの 目の寄進をして お参りしてきました。


ハート♪

ハート♪

9/9 横浜町・吹越烏帽子 竹山 祥子さん

9日水曜日 秋に向かう花を愛でに 仲間と吹越烏帽子に行ってきました。その途中 幸せオーラを放つ木が!とても ハッピーな気持ちになりました。


 大はしゃぎ

大はしゃぎ

9/4 青森市赤坂 歩道緑地 ほじねさん

花が散って実の成長した姿が、海中でたわむれるイカのようでした。


タッチダウン!

タッチダウン!

9/9 青森市赤坂・県営住宅花壇 ほじねさん

花をアップにした時、チョウが飛び込みで写りました。しっかり花にとまって蜜を吸って飛び去りました。


畑の守護神さま

畑の守護神さま

9/9 青森市赤坂 県営住宅花壇 ほじねさん

緑の中で存在感があります。モグラなどが苦手とする花なのだそうです。


大草原にアズマヤ

大草原にアズマヤ

9/11 青森市赤坂・県営住宅緑地 ほじねさん

芝生の中に5センチほどのキノコが1本だけピョコンと立っていました。メルヘンの世界に入り込んで休憩してみたいものです。


可憐に咲く個性的な花

可憐に咲く個性的な花

9/12 八戸市・自宅居間 なみうち たけひこさん

モナラベンダーと言う名の花です。
紫の小さな花をたくさん咲かせます。
かれんでとても印象的ですね。


ゆかりの城下町

ゆかりの城下町

9/10 盛岡中央通 千葉ジローさん

藩政時代、三戸から盛岡へ城下を移転する時、三戸出身の武士や町民が移り住んだ所です。今でも当時の名残りで、新住所になっても三戸町(ちょう)と親しみを持って呼んでいます。とてもうれしく、遠い昔を思いながら盛岡市中央通を歩きました。

三戸町公民館

三戸町公民館

盛岡市本町通3丁目6。


三戸町の時鐘

三戸町の時鐘

9/10 盛岡市内丸 千葉さ那さん

盛岡城下に時を知らせるために、三戸町の時鐘(ときかね)が設置されていました。約280年の間に渡って、城下町に親しまれてきました。時鐘の内丸、鶴が池、櫻山神社参道など、今でも城下町の面影が残ります。


夏の思い出

夏の思い出

8/30 八戸市・自宅 慶長良一さん

アゲハ蝶がコロナの夏よさようならと挨拶に来てくれました。

夏の思い出

夏の思い出

菩提寺の対泉院で大賀ハスがきれいに咲いてくれました。


見つけた! チゴハヤブサの子供

見つけた! チゴハヤブサの子ども

 8/18 弘前市・運動公園 ワコさん

今夏は運動公園の上空をチゴハヤブサが飛び交っているなぁと思っていましたが、ある日照明塔に巣を発見。そのうちモゾモゾと動く子どもらしきものも現れ、もう鳥さんファミリーの虜! 毎日大声で鳴いて親を呼んでいました。子供ながらキリッとした鋭い眼差しはさすが猛きん類といったところ。この日はしきりに羽ばたきの練習をしているなぁと思って観察していたら、昼過ぎ、無事に巣立ちました。


藩政時代の桜の木

藩政時代の桜の木

9/11 弘前市・最勝院 カルトーシカさん

最勝院 卯歳一代様の山門の手前に 桜の古木があります。
推定樹齢 二百五十年の エドヒガンです。ソメイヨシノの片親の品種で、弘前市に導入された 藩政時代当時から 残っているのは この木だけとのこと。
250年とは ……重みがあります。

いのちを支え続けて

いのちを支え続けて

土の上に盛り上がった太い根は 樹齢の長さを 物語っています。この桜の生命力を たたえる言葉は 簡単には 見つかりそうにありません。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:11時11分 | カテゴリ:シャモリ-青森の写真- | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


ページの一番上へ▲