2019年6月20日

「いい季節です」高市佳明



気象予報士の阿見さんが梅雨入りの予想を外したことは、

早く忘れてあげてください。(唐突)


というわけで、6月ももう下旬ですね。

一年のうちでもっとも日が長く、

日差しも風も心地よい季節。

一日の中の寒暖差は大きいですが、

私はカラッとしたこの季節がだいすきです。


田植えやりんご作業、魚介に野菜と、

魅力的な一次産業のニュースが

豊富になってくるのもこの時期。

青森はほんとうに美味しいものが多くていいですね。

いまはウニと生ニンニクがシーズンでしょうか。

もちろん、いただいてますよ!(贅沢しました)

ぜいたくしました


晴れた日には自転車通勤をしています。

景色の変化を楽しみたいので

毎日すこしずつコースを変えて走っているのですが、

あまりにも天気がよいと、

このままどこかへお出かけしてしまいたい…

そんな誘惑にかられながら

イヤイヤ会社へ行きます。(イヤイヤは嘘です)

あまりにも天気がよいと、このままどこかへお出かけしてしまいたい…


毎日けっこう忙しくて、

あっという間に一週間が過ぎてしまうのですが、

できるだけ季節の変化には敏感でいて、

青森県のよいところをもっともっと

知っていこうと思っています。

青森局の仲間と楽しく働いて、

家に帰ったらまた猫を吸います!

家に帰ったらまた猫を吸います!

高市佳明

投稿者:高市佳明 | 投稿時間:16時23分 | カテゴリ:アナキャス | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

6月20日 今日のシャモリ


「イボタの花」

「イボタの花」

6月15日 八戸市 慶長良一さん

散歩中、1か所が明るく感じるので見たら

イボタの木いっぱいに真っ白い花が咲いていた。

「コウリンタンポポの群生」

「コウリンタンポポの群生」

6月19日 八戸市 慶長良一さん

散歩中、コウリンタンポポの群生を発見、パチリ。

「ハマヒルガオ」

「ハマヒルガオ」

6月19日 種差海岸 慶長良一さん

種差海岸ウォーク中に

白いハマヒルガオが咲いていると教えて頂き

行って見ると紅色も咲いており、紅白でパチリ。

「畑のガードニャン?」

「畑のガードニャン?」

6月18日 五戸町 川村にゃ子さん

最近遊びに来る若い茶トラの猫。

畑のガードニャンをしているように見えますが

視線の先にはわが家の女子猫たち。

あまり長居をしてボス猫に見つかるなよ〜(汗)

「クワガタムシ」

「クワガタムシ」

6月13日 おいらせ町 オカズちゃんさん

畑仕事の休憩時間に植木を眺めていると

黒い物が動いていたので、よく見るとクワガタムシでした。

 

「空がおうち」

「空がおうち」

6月17日 弘前市 カルトーシカさん

空に住んでいる動物を見つけました。

写真の真ん中辺り、黒い雲の上を見てください。

ネコ科動物の顔がまっすぐこちらを見つめています。

私はオオヤマネコに一番似ていると思いました。

「新緑の十和田湖」

「新緑の十和田湖」

6月12日 十和田湖 百坪百姓さん

十和田湖の美しさは今も日本一です。

平日ということもあって、観光客はまばらであったが

渓流を歩きながら、新緑の木々、滝、コケ、

奥入瀬の流れ等を楽しんでいる若い人が多かったこと

県人の1人としてうれしかったです。

「八甲田山雪中行軍生存者の像」

「八甲田山雪中行軍生存者の像」

6月12日 八甲田山系 百坪百姓さん

明治35年1月、

陸軍の青森歩兵第5連隊が八甲田山系で行軍訓練中、

道に迷い起きた事件で、その生存者の1人、

後藤伍長の像を数年ぶりに見ることができ

映画化された高倉健さんの

壮絶な勇姿を思い浮かべながら帰途についた。

 「十和田湖 乙女の像」

「十和田湖 乙女の像」

6月12日 十和田湖 百坪百姓さん

十和田湖畔の御前ヶ浜に建つ、高村光太郎先生の最後の作品を

久しぶりに眺め、女の強さ、たくましさ、躍動感を

改めて感じとってきました。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:13時59分 | カテゴリ:シャモリ-青森の写真- | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


ページの一番上へ▲