2019年5月14日

5月14日 今日のシャモリ


「スズメが5個、産卵しました」

「スズメが5個、産卵しました」

5月8日 八戸市 浪打 武彦さん撮影

4月2日に放映して頂いたスズメが、連休中に5個、産卵しました。

今、抱卵中です。ヒナの誕生が楽しみですね。

「アケビの雌花と雄花」

「アケビの雌花と雄花」

5月8日 八戸市 浪打 武彦さん撮影

5月に入り、アケビが開花しました。

大きくて小さな実が付いているのが雌花で、

左の小さな玉のようなのが雄花です。

上手く実がなって秋においしく食べたいですね。

「美術館の壁がアート」

「美術館の壁がアート」

5月11日 青森県立美術館 あられさん撮影

フィンランドの建築家アルヴァ・アアルトの企画展を見に行ってきました。

日照時間の少ない北欧の方々は、

光や灯りを生活に取り込んですてきな時間を過ごしていました。

帰り際に、ふと目をやった美術館の壁は、光と陰のアートでした。

「潮風を受けてどこまでも揚がる連凧」

「潮風を受けてどこまでも揚がる連凧」

5月11日 八戸市 窪田輝雄さん撮影

広い芝生地で連凧を揚げていました。

風が強くて一直線になりがちであるが、

弱めになるとくねくねと蛇のように泳いでいました。

「空へ続く花の道」

「空へ続く花の道」

5月10日 青森市 はな・のん・かなちゃんのじいやさん撮影

荒川字柴田から青森空港へ行く途中の道路で芝桜が満開です。

空に向かって芝桜の花畑が続いているようです。

「春爛漫」

「春爛漫」

5月11日 七戸町 板橋則穂さん撮影

桜が終わった後、

天王神社の山つつじが今見頃を迎えています。

神社の境内に続く石段の両側を紅く染めて、

訪れた人たちを魅了しています。

「ここからも岩木山が見えます」

「ここからも岩木山が見えます」

5月11日 平川市 ラッキー7さん撮影

お天気が良い日。

いつ来ても、ここからの眺めは壮大です!

芽吹いたばかりのブナの原生林には雪が見えます。

早春ですね。

「春紅葉」

「春紅葉」

5月11日 平川市 ラッキー7さん撮影

山桜がたくさん咲いて、山々は春の息吹。

とても暖かい優しい色々ですね。

「春の鏡ケ池」

「春の鏡ケ池」

4月28日 猿賀公園 ケントさん撮影

大型連休、猿賀公園の「鏡ケ池」は、水面が穏やかで、

青空と桜や胸肩神社の社殿を映し出し、まさに鏡のようでした。

この池は、夏になると

水面が蓮の花で埋め尽くされ、眩い景観になりますが、

春もまた、池の周りが満開の桜に囲まれ、美しい光景でした。

「チューリップがいっぱい」

「チューリップがいっぱい」

5月10日 五戸町 逸見勉さん撮影

お天気に誘われて五戸町へチューリップを見に行ってきました。

たくさん咲いていました。

種類もたくさんあります。

手入れもよく行き届いて、気持ちよく見学することができました。

「木陰にひっそり咲く熊谷草」

「木陰にひっそり咲く熊谷草」

5月12日 十和田市 相馬敏光さん撮影

庭の木陰にひっそりと咲く熊谷草は、

ひそやかに母衣に似た花を咲かせる。

昨年は3本くらい、ことしは7本くらい群生した。

なんとなく親しみを持てる花でうれしい。

「白い花咲く街路樹」

「白い花咲く街路樹」

5月12日 八戸市中央卸売市場 千葉正明さん撮影

今は新緑と白い花のコントラストが美しいナナカマドです。

ナナカマドの街路樹は白色の季節。

やがては赤く色づいた秋の樹木となります。

いつも交通安全を祈る街路樹でもある。

「一面の菜の花」

「一面の菜の花」

5月12日 上北郡横浜町 かあちゃんさん撮影

菜の花フェスティバルの菜の花畑から

六ヶ所の六旬館へ向かう道の途中で

丘一面が黄色に染まっている場所がありました。

遠くには桜も咲いていて夢のような景色でした。

「私、晩婚サクラかしら」

「私、晩婚サクラかしら」

5月12日 弘前市 鬼武芳治さん撮影

弘前公園のさくらまつりの喧騒も過ぎて、

テニスクラブの練習が始まりました。

コート脇の桜の木を見ると、

ひっそりと咲く胴吹きの桜がかわいく咲いていました。

「輝き」

「輝き」

5月12日 弘前公園 福士宏さん撮影

樹木がつくったハートマークの上に日が輝く。

それはあたかも、太陽が富士山頂で

ダイヤモンドのように輝く姿を思い起こした。

令和の時代はこの木々と太陽が織りなす

煌めきの光景のようでありたいと願った。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:13時30分 | カテゴリ:シャモリ-青森の写真- | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


ページの一番上へ▲