2019年3月29日

「青森の皆さん お世話になりました!」池間昌人


青森の皆さん!

普段ブログの更新が滞っている中、

突然このようなあいさつで、大変恐縮です。

 

このたび、青森を離れることになりました

 

2015年の夏にやってきたときは、ねぶた祭の直前。

商店街にスーパー、ホテルの駐車場……

街中のあちこちからねぶた囃子が聞こえていました。

祭りにはハネトとして参加して、とにかく盛り上がったのを覚えています。

そんなお祭りの風景からスタートした私の青森での生活は

今思い返すと、本当にいろんな方々との出会いに恵まれていたと実感しています。

 

初めての青森の雪にはびっくりしました(笑)

初めての青森の雪にはびっくりしました(笑) 

↑こんな表情してますけど、「寒いの好き」です、実は。

ということで、結構な薄着で外を出歩いては、

青森の方に驚かれたりもしました。

 

青森では3年半、お世話になりました。

「ひるブラ」で五所川原のスコップ三味線の音色を楽しみ、

北海道新幹線の開業では、新青森駅から開業フィーバーを肌で感じました。

そういえば、今改元の話題で持ち切りですが、

「平成」が終わることが発表されるという

歴史の大きな変換点もここ青森で体感しました。

 こんなものも準備して街中でインタビューもしました 

(↑こんなものも準備して街中でインタビューもしました 

放送ではカットされましたが……笑)

 

そんな青森での仕事で大きく占めたのが、

「あっぷるワイド」のキャスターとしての日々です。

毎日伝える中で、どのように伝えると視聴者の皆さんに興味を持ってもらえるか、

どういう話題が「きょうもあっぷるワイド見てよかった」と思ってもらえるか

考えていました。

至らないこともあったと思いますが、

日々「あっぷるワイド」を見て頂きありがとうございます。

 

皆さんから届く応援のメッセージ、心の支えでした。

時に飛行機に乗っているときに、隣の席の方から、

あるいは高速道路の料金所でスタッフから、

街中で買い物中に、

いろんな場所で、「あっぷるワイド見てるよ! きょうも見るね!」

と声をかけて頂きました。

大変感謝しています。

(休日はひげをそらないので、ひげ面の時もありました……すみません……)

 

4月からは、故郷・沖縄で仕事をします。

天候がガラッと違う沖縄。

これつい先日撮影したんですが、すでに半そででした。

これつい先日撮影したんですが、すでに半そででした。

暑い……。

青森の過ごしやすく、ひんやりとした空気が好きで体が慣れていたので、

久しぶりに汗をかいて大変でした。

とはいえ、切り替えて頑張っていきます。

 

沖縄では、毎月1回、金曜午後7時半に放送の「きんくる」という番組を担当します。

 

 

芸能の話題から、健康の話題、さらには基地問題と

毎月違った話題を掘り下げていきます。

青森県で3年半皆さんから教わったことも番組に活用して、

沖縄と青森のつながりを深くできたらと思っています。

 

ちなみに!こちらの「きんくる」基本的に公開放送です!

沖縄に遊びにお越しの際放送がありましたら、

ぜひNHK沖縄放送局でお待ちしています!

 

多くの方に支えて頂いた青森を離れるのはさみしさでいっぱいです。

またいつか皆さんにお会いできる日を楽しみにしています。

 

青森の皆さん、3年半、どうもありがとうございました!

 

 池間昌人

投稿者:池間昌人 | 投稿時間:19時06分 | カテゴリ:アナキャス | 固定リンク
コメント(13) | トラックバック(0)


  

【みなさん、へばの~♪】成田りえ


3月は別れの季節。

寂しい時期ではありますが、

新生活に向けてワクワクしている人も多いかもしれません。

 

私事ではありますが、ご報告させて頂きます。

今年度を持ちまして、

NHK青森放送局を離れることになりました。

6年間という長い間、県内の美味しいものや活躍している人など

多くのことを皆さんにお届け出来て、とても嬉しく思います。

私自身、青森県出身でありながらも、

まだまだ知らないことがたくさんあるんだな~!と感じていました。

懐かしき1年目の4月。いま仙台局にいる打越アナウンサーに指導をして頂きながら放送した「十和田市の桜中継」。

懐かしき1年目の4月。

いま仙台局にいる打越アナウンサーに指導をして頂きながら

放送した「十和田市の桜中継」。

正直、緊張しすぎてほぼ覚えていませんが、

無事に放送を終えた記憶はあります。

そして、6年目の3月。自分でいうのも恥ずかしいですが、少しキリっとした顔つきになった気がしますね。(笑)

そして、6年目の3月。

自分でいうのも恥ずかしいですが、

少しキリっとした顔つきになった気がしますね。(笑)

今まで多くの方に支えて頂いた証です。

本当は6年間全てを振り返りたいところなんですが、

思い出が多すぎて心の中にしまっておきます。

 

拙い放送をお伝えしたこともありましたが、

街を歩いていると「いつも見てるよ~」とか、

「おいしいもの食べてるときの顔いいよね」など、

皆さんから温かい言葉をかけて頂くと

「がんばらないと!!」と思う自分がいました。

地元でこのような仕事が出来たことが本当に幸せで、

大きな財産となりました。

 

仕事以外では・・・

皆さんにブログで報告をしていましたが、

キャスターのみんなと県内各地にお出かけ出来たこと楽しかったです。

そして趣味で始めたマラソン。

県内のレースに参加したときに声をかけて下さった方、

ありがとうございました。

来年度もいろんな大会に参加して、

青森の風を感じながら駆け抜けます!

今までありがとうございました!!お体に気をつけて下さいね。お元気で!

今までありがとうございました!!

みなさん、さようなら。

お体に気をつけて下さいね。お元気で!

 

 成田りえ

投稿者:成田りえ | 投稿時間:14時30分 | カテゴリ:アナキャス | 固定リンク
コメント(2) | トラックバック(0)


  

3月29日  今日のシャモリ


「ぎょ!新種の生物?それとも宇宙人?」

「ぎょ!新種の生物?それとも宇宙人?」

3月28日 黒石市 鬼武芳治さん撮影

黒石スポカルのトレーニングに行き、

途中の畑にとっても気になる光景があり、

思わず止まってしまいました。

よく見たら農家さんが何かに使う

ビニールのヒモが結んでありました。

 

「北限のヤブツバキ」

「北限のヤブツバキ」

3月28日 平内町 スガさん撮影

大正11年10月12日に国から天然記念物として指定された

約20ヘクタールに群生する大小約1万本のヤブツバキは、

北緯41度のここ椿山をもって北限となっている。

開花期は4月下旬から5月上旬とされているが、

暖冬のせいかことしはすでに満開となっている。

 

「おててつないで」

「おててつないで」

3月21日 青森市 桜川 太郎さん撮影

「手をつないで白鳥がこっちに飛んで来る!」。

急いでシャッターを切りました。

住宅地の川で冬を越す白鳥たち。

まだ青森にいたんですね。

早く暖かい春になってほしいと思う半面、

この寒さが続いて白鳥が

シベリアへ帰らないでほしい…という気持ちも。

フクザツです。

 

「春の共演」

「春の共演」

3月26日 青森市 青森のじじさん撮影

ここ数日雪が降り、それがとけるの繰り返しが続いています。

わが家の日当たりのよい庭の片隅では

福寿草とクロッカスがきれいに咲いています。

春の訪れは本当に気持ちのいいものですね。

 

「旅立ちの準備」

「旅立ちの準備」

3月28日 平内町 スガさん撮影

白鳥の飛来地として有名な平内の浅所海岸に、

きょうは4羽しかいなかった。

残り少なくなった白鳥が、

少し寂しそうに北帰行の準備をしていた。

 

「椿山の水芭蕉」

「椿山の水芭蕉」

3月28日 平内町 スガさん撮影

暖冬のせいか夏泊半島にはすでに春が到来しました。

水芭蕉が咲き始めました。

まもなくヤブツバキが満開になるでしょう。

 

「川は鏡」

「川は鏡」

「川は鏡」

3月29日 新田名部川 ちーさん撮影

地面にはうっすら雪が残る3月29日。

朝日は雲に隠れながらも輝き、そして川は鏡となり、

美しい光を2倍楽しませてくれました。

美しい朝の光から少し視線をずらすと、

今度は青い空と木々がきれいに映っていました。

 

「七色の帯が見える 虹」

「七色の帯が見える 虹」

「七色の帯が見える 虹」

「七色の帯が見える 虹」

3月25日 青森市 SIGEHIROさん撮影

小雨が降って、明るいなぁと思ったら虹が見えたので撮影しました。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:14時28分 | カテゴリ:シャモリ-青森の写真- | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


ページの一番上へ▲