2019年3月26日

3月26日 今日のシャモリ


「場所取りの戦い!!「イザコザ」」

「場所取りの戦い!!『イザコザ』」

3月25日 八戸市 蕪島 窪田輝雄さん撮影

ウミネコが場所取りで、あちらこちらで戦っています。

連写の一コマです。狙って撮れるものじゃないです。

生き物の弱肉強食の世界は厳しい。

 

 「『ニャー、ニャー、ニャー』と騒がしい!!」

「『ニャー、ニャー、ニャー』と騒がしい!!」

3月25日 八戸市 蕪島 窪田輝雄さん撮影

鳴き声が猫のようだと名前が付いた「うみねこ」。

「ニャーゴ、ニャーゴ」と鳴けば名前が変わったかもしれない。

蕪島は「ウミネコ」が来てにぎわいを増しています。

 

 「ウミネコさん無表情ですね!!」

「ウミネコさん無表情ですね!!」

3月25日 八戸市 蕪島 くぼやんさん撮影

キリっとした顔つきですね。

笑っているか、怒っているか、悲しいかはわからない。

見る人によって何か?判断するしかない。

この写真は「腹減った、怒って」いるように見えます。

 

 「名残雪」

「名残雪」

3月24日 むつ市 ナズナさん撮影

朝目が覚めると雪。

咲いたばかりの椿が気になり庭に出ると、

1センチくらいに雪が庭一面を白くしていました。

咲いた椿にはホンワリと雪が乗っかり、

去っていくのが寂しいかのように

椿を美しく見せてくれていました。

去っていく美しい雪の姿もなんとなくいいものですね。

 

 「春の雪」

「春の雪」

3月25日 むつ市 ナズナさん撮影

日曜から雪。

ふわふわと、なんとも頼りない雪。

眺めてみると、やっぱり、雪は美しい。

咲き始めたゼラニュームの淡い色によく似合います。

しばらくこんな美しい景色は

見られないかもと思い、写真にしました。

春の頼りなげなふんわりとした雪、

撮れたような気がするんですけど~~

 

 「陽光を待つ」

「陽光を待つ」

3月24日 深浦町 福寿草公園 ホリさん撮影

暖気から一転して真冬に戻った彼岸の後半。

早朝の当地域は白銀の世界となりましたので、

気になっていた福寿草を見に行ってきました。

せっかく満開したのに雪にまみれ寒そうで、

お日さまの出番を奥の祠に祈っているようでした。

 

「かもめが楽しそうに会話しています !」

「かもめが楽しそうに会話しています !」

3月26日 青森市 柿崎孝治さん撮影

昨日まで降っていたなごり雪も消え、

近所のふるさと海岸までウォーキング、海はベタ凪です。

楽しそうな声が聞こえ近づいていくと、

かもめ4羽が楽しそうに会話をしています

 

 「日の出と鵜の群れ」

「日の出と鵜の群れ」

3月26日 むつ市 新田名部川 ちーさん撮影

毎朝日の出を見るのが楽しみのひとつ。

けさは川向こうに白鷺が3羽、

川には鵜の群れが、ばしゃばしゃと進んだり戻ったり。

何があったんでしょうね。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:14時12分 | カテゴリ:シャモリ-青森の写真- | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


ページの一番上へ▲