2019年3月18日

3月18日 今日のシャモリ


「まだ、角巻を着ています‼」

「まだ、角巻を着ています‼」

3月15日 青森市新町野 はなちゃんのばあやさん撮影

道路わきに、小さめの角巻を着たような木が並んでいました。

まだ、雪が積もったりしているので脱げないでしょうね。

 

「空が真っ二つ!」 

「空が真っ二つ!」

3月14日 弘前市 カルトーシカさん撮影

午後2時半頃、青空を2つに分けるように川のような長い雲が現れました。

30分くらいして気がつくと、空はすっかり曇って雪が降っていました。

 

「モグラ叩き?」 

「モグラ叩き?」

3月15日 青森市 ほじねさん撮影

未明の雪で、クルマのあった跡が穴に見えて、

ゲームを連想しました。

 

「なごり雪に似合う花」

「なごり雪に似合う花」

3月15日 八戸市 浪打 武彦さん撮影

2日前のなごり雪に負けず、雪をとかして輝いている福寿草です。

寒さに打ち勝つパワーをもらいますね。

 

「きへんに春 椿」

「きへんに春 椿」

3月14日 八戸市 浪打 武彦さん撮影

鉢植えの椿です。

ことしもたくさんのツボミがついて、咲き出しました。

外はまだ寒いですが、居間をとても明るくしてくれています。

 

 「夜が明けた」

「夜が明けた」

3月16日 弘前市境関 福士宏さん撮影

陽が昇る。岩木山は雲の布団から

ちょっと頂上をのぞかせ、まだ眠たそう。

ハクチョウたちは「あ~よく寝た」とでも言っているようで、

首や羽を伸ばし、餌をつついたりしていた。

そして、きょうもまた頑張ろうと。

 

「水芭蕉」

「水芭蕉」

3月16日 おいらせ町 下田公園 オカズちゃんさん撮影

雪が消えてほっとしたところに寒の戻りで、雪がまた降ってきてがっかり。

しかし、春の気配を感じてか、咲いた水芭蕉が増えてきました。

 

「春の息吹」 

「春の息吹」

3月16日 三戸町 千葉ジローさん撮影

春風とともに、畑の雪もとけました。

雪の中で越冬したニンニクが、マルチングの中から芽を出してきました。

青森県の気候に適して、日本一の生産量を誇っています。

まだ、眠りから目覚めた感じで、

これから元気に生育を開始していくと思います。

ニンニクに春の息吹を感じます。

 

「平成最後の雪?」

「平成最後の雪?」

3月17日 青森市 糟谷晴彦さん撮影

朝、自宅から撮影しました。

ことし、平成最後の雪景色になるのかな?

 

「春本番・松葉に埋もれて『オオイヌノフグリ』」

「春本番・松葉に埋もれて『オオイヌノフグリ』」

3月17日 八戸市 種差海岸 窪田輝雄さん撮影

春の花は黄色や白色が多いが、ブルーも良い。

広大の芝生地の一画に「オオイヌノフグリ」が

一面に咲いている場所があります。

松葉の枯れ葉がどっさりふりかかって

アクセントをつけていました。

 

「やや真東から」 

「やや真東から」

3月17日 種差海岸 千葉さ那さん撮影

春分の日が近くなりました。

この日の天気が良くないので、

早めに日の出を見にいきました。

やや真東方向から昇る光景です。

 

 「真東の方向にロサンゼルス」

「真東の方向にロサンゼルス」

3月17日 種差海岸 千葉か緒さん撮影

約8400km、真東の方向にロサンゼルスのある表示。

地球のスケール大きさを感じます。

 

「淡雪」 

「淡雪」

3月17日 青森市 津幡順二さん撮影

ここ数日朝起きると、雪が積もっています。

きょうもそうでした。

しかしその雪も、数時間で消えてしまいます。

春の淡雪でしょう。

 

「ブナの窓の春」 

「ブナの窓の春」

3月17日 十和田市蔦の森 山崎利光さん撮影

蔦の森をウォーキングしていたら、ブナの巨木に出会いました。

見上げたら右の枝が合体している!

またそこが窓のようになって、

つぼみを持った若枝が青空に伸びているのが見える。

まさしく春の景色!!でも枝同士が合体するなんて!?

こんなことあるんですね~。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:15時55分 | カテゴリ:シャモリ-青森の写真- | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


ページの一番上へ▲