2019年3月

「青森の皆さん お世話になりました!」池間昌人


青森の皆さん!

普段ブログの更新が滞っている中、

突然このようなあいさつで、大変恐縮です。

 

このたび、青森を離れることになりました

 

2015年の夏にやってきたときは、ねぶた祭の直前。

商店街にスーパー、ホテルの駐車場……

街中のあちこちからねぶた囃子が聞こえていました。

祭りにはハネトとして参加して、とにかく盛り上がったのを覚えています。

そんなお祭りの風景からスタートした私の青森での生活は

今思い返すと、本当にいろんな方々との出会いに恵まれていたと実感しています。

 

初めての青森の雪にはびっくりしました(笑)

初めての青森の雪にはびっくりしました(笑) 

↑こんな表情してますけど、「寒いの好き」です、実は。

ということで、結構な薄着で外を出歩いては、

青森の方に驚かれたりもしました。

 

青森では3年半、お世話になりました。

「ひるブラ」で五所川原のスコップ三味線の音色を楽しみ、

北海道新幹線の開業では、新青森駅から開業フィーバーを肌で感じました。

そういえば、今改元の話題で持ち切りですが、

「平成」が終わることが発表されるという

歴史の大きな変換点もここ青森で体感しました。

 こんなものも準備して街中でインタビューもしました 

(↑こんなものも準備して街中でインタビューもしました 

放送ではカットされましたが……笑)

 

そんな青森での仕事で大きく占めたのが、

「あっぷるワイド」のキャスターとしての日々です。

毎日伝える中で、どのように伝えると視聴者の皆さんに興味を持ってもらえるか、

どういう話題が「きょうもあっぷるワイド見てよかった」と思ってもらえるか

考えていました。

至らないこともあったと思いますが、

日々「あっぷるワイド」を見て頂きありがとうございます。

 

皆さんから届く応援のメッセージ、心の支えでした。

時に飛行機に乗っているときに、隣の席の方から、

あるいは高速道路の料金所でスタッフから、

街中で買い物中に、

いろんな場所で、「あっぷるワイド見てるよ! きょうも見るね!」

と声をかけて頂きました。

大変感謝しています。

(休日はひげをそらないので、ひげ面の時もありました……すみません……)

 

4月からは、故郷・沖縄で仕事をします。

天候がガラッと違う沖縄。

これつい先日撮影したんですが、すでに半そででした。

これつい先日撮影したんですが、すでに半そででした。

暑い……。

青森の過ごしやすく、ひんやりとした空気が好きで体が慣れていたので、

久しぶりに汗をかいて大変でした。

とはいえ、切り替えて頑張っていきます。

 

沖縄では、毎月1回、金曜午後7時半に放送の「きんくる」という番組を担当します。

 

 

芸能の話題から、健康の話題、さらには基地問題と

毎月違った話題を掘り下げていきます。

青森県で3年半皆さんから教わったことも番組に活用して、

沖縄と青森のつながりを深くできたらと思っています。

 

ちなみに!こちらの「きんくる」基本的に公開放送です!

沖縄に遊びにお越しの際放送がありましたら、

ぜひNHK沖縄放送局でお待ちしています!

 

多くの方に支えて頂いた青森を離れるのはさみしさでいっぱいです。

またいつか皆さんにお会いできる日を楽しみにしています。

 

青森の皆さん、3年半、どうもありがとうございました!

 

 池間昌人

投稿者:池間昌人 | 投稿時間:19時06分 | カテゴリ:アナキャス | 固定リンク
コメント(13) | トラックバック(0)


  

【みなさん、へばの~♪】成田りえ


3月は別れの季節。

寂しい時期ではありますが、

新生活に向けてワクワクしている人も多いかもしれません。

 

私事ではありますが、ご報告させて頂きます。

今年度を持ちまして、

NHK青森放送局を離れることになりました。

6年間という長い間、県内の美味しいものや活躍している人など

多くのことを皆さんにお届け出来て、とても嬉しく思います。

私自身、青森県出身でありながらも、

まだまだ知らないことがたくさんあるんだな~!と感じていました。

懐かしき1年目の4月。いま仙台局にいる打越アナウンサーに指導をして頂きながら放送した「十和田市の桜中継」。

懐かしき1年目の4月。

いま仙台局にいる打越アナウンサーに指導をして頂きながら

放送した「十和田市の桜中継」。

正直、緊張しすぎてほぼ覚えていませんが、

無事に放送を終えた記憶はあります。

そして、6年目の3月。自分でいうのも恥ずかしいですが、少しキリっとした顔つきになった気がしますね。(笑)

そして、6年目の3月。

自分でいうのも恥ずかしいですが、

少しキリっとした顔つきになった気がしますね。(笑)

今まで多くの方に支えて頂いた証です。

本当は6年間全てを振り返りたいところなんですが、

思い出が多すぎて心の中にしまっておきます。

 

拙い放送をお伝えしたこともありましたが、

街を歩いていると「いつも見てるよ~」とか、

「おいしいもの食べてるときの顔いいよね」など、

皆さんから温かい言葉をかけて頂くと

「がんばらないと!!」と思う自分がいました。

地元でこのような仕事が出来たことが本当に幸せで、

大きな財産となりました。

 

仕事以外では・・・

皆さんにブログで報告をしていましたが、

キャスターのみんなと県内各地にお出かけ出来たこと楽しかったです。

そして趣味で始めたマラソン。

県内のレースに参加したときに声をかけて下さった方、

ありがとうございました。

来年度もいろんな大会に参加して、

青森の風を感じながら駆け抜けます!

今までありがとうございました!!お体に気をつけて下さいね。お元気で!

今までありがとうございました!!

みなさん、さようなら。

お体に気をつけて下さいね。お元気で!

 

 成田りえ

投稿者:成田りえ | 投稿時間:14時30分 | カテゴリ:アナキャス | 固定リンク
コメント(2) | トラックバック(0)


  

3月29日  今日のシャモリ


「ぎょ!新種の生物?それとも宇宙人?」

「ぎょ!新種の生物?それとも宇宙人?」

3月28日 黒石市 鬼武芳治さん撮影

黒石スポカルのトレーニングに行き、

途中の畑にとっても気になる光景があり、

思わず止まってしまいました。

よく見たら農家さんが何かに使う

ビニールのヒモが結んでありました。

 

「北限のヤブツバキ」

「北限のヤブツバキ」

3月28日 平内町 スガさん撮影

大正11年10月12日に国から天然記念物として指定された

約20ヘクタールに群生する大小約1万本のヤブツバキは、

北緯41度のここ椿山をもって北限となっている。

開花期は4月下旬から5月上旬とされているが、

暖冬のせいかことしはすでに満開となっている。

 

「おててつないで」

「おててつないで」

3月21日 青森市 桜川 太郎さん撮影

「手をつないで白鳥がこっちに飛んで来る!」。

急いでシャッターを切りました。

住宅地の川で冬を越す白鳥たち。

まだ青森にいたんですね。

早く暖かい春になってほしいと思う半面、

この寒さが続いて白鳥が

シベリアへ帰らないでほしい…という気持ちも。

フクザツです。

 

「春の共演」

「春の共演」

3月26日 青森市 青森のじじさん撮影

ここ数日雪が降り、それがとけるの繰り返しが続いています。

わが家の日当たりのよい庭の片隅では

福寿草とクロッカスがきれいに咲いています。

春の訪れは本当に気持ちのいいものですね。

 

「旅立ちの準備」

「旅立ちの準備」

3月28日 平内町 スガさん撮影

白鳥の飛来地として有名な平内の浅所海岸に、

きょうは4羽しかいなかった。

残り少なくなった白鳥が、

少し寂しそうに北帰行の準備をしていた。

 

「椿山の水芭蕉」

「椿山の水芭蕉」

3月28日 平内町 スガさん撮影

暖冬のせいか夏泊半島にはすでに春が到来しました。

水芭蕉が咲き始めました。

まもなくヤブツバキが満開になるでしょう。

 

「川は鏡」

「川は鏡」

「川は鏡」

3月29日 新田名部川 ちーさん撮影

地面にはうっすら雪が残る3月29日。

朝日は雲に隠れながらも輝き、そして川は鏡となり、

美しい光を2倍楽しませてくれました。

美しい朝の光から少し視線をずらすと、

今度は青い空と木々がきれいに映っていました。

 

「七色の帯が見える 虹」

「七色の帯が見える 虹」

「七色の帯が見える 虹」

「七色の帯が見える 虹」

3月25日 青森市 SIGEHIROさん撮影

小雨が降って、明るいなぁと思ったら虹が見えたので撮影しました。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:14時28分 | カテゴリ:シャモリ-青森の写真- | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

3月28日 今日のシャモリ


「春の息吹を感じる花たち」

「春の息吹を感じる花たち」

「春の息吹を感じる花たち」

撮影日記載なし おいらせ町下田公園 どらちゃんさん撮影

福寿草、ざぜん草、水芭蕉、リュウキンカに

冬桜の花から春の息吹を感じる季節になりました。

これから春に咲く花が待ち遠しい限りです。

 

「リュウキンカ」

「リュウキンカ」

3月27日 おいらせ町 オカズちゃんさん撮影

下田公園にリュウキンカが咲いてきました。

春を告げる湿原の妖精といえば水芭蕉ですが、

リュウキンカの花は黄色いので、湿原が華やかになります。

なかなか暖かくなりませんが、次は何が咲くのか楽しみです。

 

「ハイビスカス~」

「ハイビスカス~」

3月27日 八戸市 バードアイズさん撮影

数年前、敬老の日に両親が東京の孫から

プレゼントでもらった「ハイビスカスの鉢植え」です。

室内にずっとあります。

南国ではない八戸では育たないかな?と思っていました。

つぼみは何度かつきましたが、きょう、初開花です。

嬉しいです。

真ん中のシュルシュルしたメシベ?オシベ?も伸びてきましたー。

池間さん、どうでしょう~(確か沖縄出身でしたよね?)

 

「月と桜木」

「月と桜木」

3月28日 青森市 ほじねさん撮影

朝起きたら雪で桜が満開でした。

降るのは、もういい加減にしてと空を見上げたら、

下弦の月が浮かんでいました。

思いを察してくれたようです。

 

「つぼみから花へと…」

「つぼみから花へと…」

3月27日 八戸市 南部山健康運動公園 早起きニワトリさん撮影

朝、久しぶりに公園の梅林の中を歩いてみました。

まだつぼみが多い中で、

1本の木だけ花が咲き始めているのを見かけ、

春が来たなとうれしい気持ちになりました。

 

「寒さの中、開花」

「寒さの中、開花」

3月28日 八戸市 クッキーさん撮影

寒さが戻りましたが、

着実に春に向かっているのが分かり気分が上がります。

池間さん、成田さん お疲れ様でした。

毎日楽しみにしておりましたので寂しいですが…

これからもご活躍をお祈りしております。

4月からの あっぷるワイド、期待してまーす。

 

「津軽平野が冬に逆戻りしたようでした」

「津軽平野が冬に逆戻りしたようでした」

3月28日 つがる市 成田悦雄さん撮影

津軽平野も雪がとけて、

春の農作業も日常の話題になっている時期ですが、

けさ、買い物に出かける途中の津軽平野は銀世界になっていました。

まるで冬に逆戻りしたようでした。農作業に影響がなければいいが。

投稿者:髙橋泉 | 投稿時間:14時01分 | カテゴリ:シャモリ-青森の写真- | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

3月27日 今日のシャモリ


 「相思相愛」

「相思相愛」

3月20日 弘前公園 エーケーワイさん撮影

雪どけが進み、オシドリが帰ってきました。

 

 「寒いニャー。春はまだかニャー?」

「寒いニャー。春はまだかニャー?」

3月26日 青森市 糟谷晴彦さん撮影

先週は暖かかったので外に出てお散歩したけれど、

今週は寒くて、暖かい部屋の布団の上で寝ています。

メス猫ミーコ8歳です。

 

シロクマが木に登っている?

シロクマが木に登っている?

小鳥がエサを食べている?

小鳥がエサを食べている?

無題

「春の悪戯」

3月24日 青森市 石田 正さん撮影

春の朝、窓を開けたら庭の木に雪が積もっていた。

ひょっと見たらおもしろい造形に。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:14時13分 | カテゴリ:シャモリ-青森の写真- | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

3月26日 今日のシャモリ


「場所取りの戦い!!「イザコザ」」

「場所取りの戦い!!『イザコザ』」

3月25日 八戸市 蕪島 窪田輝雄さん撮影

ウミネコが場所取りで、あちらこちらで戦っています。

連写の一コマです。狙って撮れるものじゃないです。

生き物の弱肉強食の世界は厳しい。

 

 「『ニャー、ニャー、ニャー』と騒がしい!!」

「『ニャー、ニャー、ニャー』と騒がしい!!」

3月25日 八戸市 蕪島 窪田輝雄さん撮影

鳴き声が猫のようだと名前が付いた「うみねこ」。

「ニャーゴ、ニャーゴ」と鳴けば名前が変わったかもしれない。

蕪島は「ウミネコ」が来てにぎわいを増しています。

 

 「ウミネコさん無表情ですね!!」

「ウミネコさん無表情ですね!!」

3月25日 八戸市 蕪島 くぼやんさん撮影

キリっとした顔つきですね。

笑っているか、怒っているか、悲しいかはわからない。

見る人によって何か?判断するしかない。

この写真は「腹減った、怒って」いるように見えます。

 

 「名残雪」

「名残雪」

3月24日 むつ市 ナズナさん撮影

朝目が覚めると雪。

咲いたばかりの椿が気になり庭に出ると、

1センチくらいに雪が庭一面を白くしていました。

咲いた椿にはホンワリと雪が乗っかり、

去っていくのが寂しいかのように

椿を美しく見せてくれていました。

去っていく美しい雪の姿もなんとなくいいものですね。

 

 「春の雪」

「春の雪」

3月25日 むつ市 ナズナさん撮影

日曜から雪。

ふわふわと、なんとも頼りない雪。

眺めてみると、やっぱり、雪は美しい。

咲き始めたゼラニュームの淡い色によく似合います。

しばらくこんな美しい景色は

見られないかもと思い、写真にしました。

春の頼りなげなふんわりとした雪、

撮れたような気がするんですけど~~

 

 「陽光を待つ」

「陽光を待つ」

3月24日 深浦町 福寿草公園 ホリさん撮影

暖気から一転して真冬に戻った彼岸の後半。

早朝の当地域は白銀の世界となりましたので、

気になっていた福寿草を見に行ってきました。

せっかく満開したのに雪にまみれ寒そうで、

お日さまの出番を奥の祠に祈っているようでした。

 

「かもめが楽しそうに会話しています !」

「かもめが楽しそうに会話しています !」

3月26日 青森市 柿崎孝治さん撮影

昨日まで降っていたなごり雪も消え、

近所のふるさと海岸までウォーキング、海はベタ凪です。

楽しそうな声が聞こえ近づいていくと、

かもめ4羽が楽しそうに会話をしています

 

 「日の出と鵜の群れ」

「日の出と鵜の群れ」

3月26日 むつ市 新田名部川 ちーさん撮影

毎朝日の出を見るのが楽しみのひとつ。

けさは川向こうに白鷺が3羽、

川には鵜の群れが、ばしゃばしゃと進んだり戻ったり。

何があったんでしょうね。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:14時12分 | カテゴリ:シャモリ-青森の写真- | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

3月25日 今日のシャモリ


「つがる路」

「つがる路」

3月20日 藤崎町 じょっぱりさん撮影

春の気配の津軽、

北へ旅立つ前の白鳥の群れが体力確保に、

雪どけが進んだ水田で落ち穂を探し食んでいます。

進行の「つがる」も彩りを加えています。

 

「3月末のスノーアート」

「3月末のスノーアート」

3月23日 青森市浪岡 週末カメラマンさん撮影

暖かい日が続いて雪どけが進み、

このまま春になるのかと思っていたら

冬に逆戻りした天気となった週末。

田んぼにうっすら積もった雪が作り出した

自然の芸術に見とれて撮影しました。

 

「愛の巣作り開始」

「愛の巣作り開始」

「愛の巣作り開始」

3月22日 八戸市 浪打 武彦さん撮影

スズメのペアが、2年ぶりに手作り巣箱に戻ってきました。

新しい命の誕生が楽しみです。

 

「私の横顔です」 

「私の横顔です」

3月24日 青森市 津幡順二さん撮影

庭木の雪囲いについていました。

冬に逆戻りしたような天気ですが、

このような光景も、今冬最後になるのでしょうか?

 

「雪の芸術?」 

「雪の芸術?」

3月24日 五所川原市 じゅんちゃんさん撮影

朝起きて窓を開けたら、

玄関の屋根にきれいな曲線が見えました。

平成最後の雪のプレゼントだと思い、

寒かったけど頑張って撮ってみました。

 

「ねぶた小屋の設営」

「ねぶた小屋の設営」

3月23日 青森市 青い海公園 じょっぱりさん撮影

春分の日を過ぎてからの大雪の青森市。

でも「ねぶた小屋」の設営が真っ盛り。

雪に難儀だが、夏の立派なねぶたに向かって

風雪の中にも精を出しています。

早く来いと躍動の夏のにぎわいを待ちたいものです。

 

「早くも咲いた すみれ」

「早くも咲いた すみれ」

3月24日 八戸市 慶長良一さん撮影

風除室に置いた鉢植えに、朝、すみれが咲いておりました。

 

「椿」 

「椿」

3月24日 菩提寺対泉院 慶長良一さん撮影

彼岸の墓参りの帰り、椿を見つけパチリ。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:14時16分 | カテゴリ:シャモリ-青森の写真- | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

≪3月22日(金)のあっぷるラジオ≫宮川香織


今日のあっぷるラジオメンバーは

伯龍さん、アミーゴ、千葉さん、みやかわです。

 

伯龍さん、アミーゴ、千葉さん、みやかわです。

方言川柳研究家の渋谷伯龍さんです。

千葉真由佳キャスターです!4月からは夕方の総合テレビの顔になります!

宮ちゃんこと宮川香織です。新年度に向けて気合を入れます!!

 

今回の『お国ことばの音辞典』は、お題は「けろ」と「あさぐ」。

意味は「けろ」・・・ちょうだい 「あさぐ」・・・歩く

 

あっぷるラジオ大賞は!!

青森市の亀田孝さん

「じぇんこねけど 愛だばずっぱど カガさける」

 

青森市の亀田孝さん「じぇんこねけど 愛だばずっぱど カガさける」

愛を表現してハートがたくさん♪恥ずかしがるカガの姿も愛らしい絵っこですね!

 

愛を表現してハートがたくさん♪

恥ずかしがるカガの姿も愛らしい絵っこですね!

 

亀田さん、あっぷるラジオ大賞

おめでとうございます。

 

《その他、紹介した3句》

●ガニ豊漁! 俺さもけろじゃよ ケアグだべ

●ねえばあさん てつだいしたら 百円けろ

●みそつけだ マンマば けろじゃ アパアヤや

 

今回、聞き逃してしまった方は

NHKラジオらじる★らじる』で

聞くことができます!

 

さて、今年度のあっぷるラジオの放送は

今日が最後でした。

今年1年、

テレビではアミーゴといっしょに

ボクシングで戦う姿が放送されていましたが・・・

今日でアミーゴこと、阿見武寛気象予報士も

あっぷるラジオは卒業となります。

 

え~!!アミーゴがいなくなっちゃうの?

いえいえ、

アミーゴファンの皆さん、ご安心を♪

 

新年度からは

毎週金曜午前11時50分~

ラジオ第一でアミーゴの声を聞くことができます。

気象情報・季節の話題などをお伝えします。

もちろん、総合テレビのあっぷるワイドも出演しますので

お楽しみに!

 

あっぷるラジオは

来週は選抜高校野球の中継があるため

お休みします。

次回は4月5日(金)の放送です。

新年度からは

あっぷるラジオも

新メンバーを加えて

お送りしていきますよ~。

どうぞよろしくお願いします!

 

 宮川香織

投稿者:宮川香織 | 投稿時間:17時13分 | カテゴリ:あっぷるラジオ 気まぐれ日記 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

あっぷるラジオスペシャル 青森お国ことばサミット


3月16日(土)の午後2時05分から

「あっぷるラジオスペシャル 青森お国ことばサミット」が放送されました。

レギュラー番組を放送する際に使っているスタジオに

今回はなんと6人が入って満員電車状態になりました!

今回はなんと6人が入って満員電車状態になりました!

メンバーはお馴染みの方言川柳研究家の渋谷伯龍さん。

津軽弁の代表です。

メンバーはお馴染みの方言川柳研究家の渋谷伯龍さん。

南部弁の代表は

八戸市公民館館長の柾谷伸夫(まさやのぶお)さん。

南部弁の代表は八戸市公民館館長の柾谷伸夫(まさやのぶお)さん。

下北弁は

むつ市在住で絵本の読み聞かせや

下北弁の紙芝居の制作、実演に取り組んでいる

越膳昌子(えちぜんまさこ)さんです。

下北弁は越膳昌子(えちぜんまさこ)さん

そしてご当地アイドルの

「ライスボール」の太陽(ひかり)さんが

現役の高校生代表ということで参加してくれました!

津軽出身です。

「ライスボール」の太陽(ひかり)さんが現役の高校生代表ということで参加してくれました!

MCを務めた宮ちゃんこと宮川香織(中央)と

本田俊介アナウンサー(左)とともに

お国ことばクイズや南部弁や下北弁への挑戦など、

大活躍してくれました!

MCを務めた宮ちゃんこと宮川香織(中央)と本田俊介アナウンサー(左)とともにお国ことばクイズや南部弁や下北弁への挑戦など、大活躍してくれました!

今回の番組では、改めて、津軽弁、南部弁、下北弁、

それぞれのお国ことばの魅力と深さと暖かさ…

を再認識させられました!

第二弾、第三弾をやらねば!…と

参加メンバーみんなが思いを強くして

放送後の記念撮影を行いました!

お聞きいただいた皆様、ありがとうございました!

放送後の記念撮影を行いました!

投稿者:宮川香織 | 投稿時間:16時03分 | カテゴリ:あっぷるラジオ 気まぐれ日記 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

3月22日 今日のシャモリ


「春を告げる白鳥」 

「春を告げる白鳥」

3月20日 田舎館村 野呂慶子さん撮影

母を面接場所まで乗せて、

面接終わりに通った道路沿いの田んぼに、

たくさんの白鳥がいました。

もう少しでこの白鳥もいなくなるのかなーと思うと

寂しい反面、春の訪れが待ち遠しいです。

ちなみに、面接は受かりました!

 

「赤い太陽」

「赤い太陽」

3月20日 鶴田町 富士見湖 じょっぱりさん撮影

晴れの暖かい日で、早朝は霧のようなモヤがかかり、

日の出の太陽も霧状態で柔らかい光の真っ赤な日の出だった。

また周りの建物などが霧で隠されことさら太陽が引き立った日の出でした。

 

「雪の下で高速道路をつくっていました」

「雪の下で高速道路をつくっていました」

3月20日 新青森県総合運動公園
はな・のん・かなちゃんのじいやさん撮影

雪が消えて、あちらこちらにモグラの活動記録が残されていました。

これからは、さらに深くもぐってトンネル掘りを頑張るのでしょう。

 

「『春が来た!!』ミツバチも忙しそう」 

「『春が来た!!』ミツバチも忙しそう」

3月20日 八戸市 くぼやんさん撮影

庭先の雪がとけて福寿草の花が満開となりました。

ミツバチがどこに越冬していたのかわかりませんが、

蜜を一生懸命に吸っていました。

 

「路面アート?」

「路面アート?」

3月20日 青森市 ほじねさん撮影

ねぶた祭デザインのマンホールかと思ったら、

路面の割れ目ヒダでした。

まるでツバキやバラの版画のようでした。

 

「カモシカ現る」 

「カモシカ現る」

3月19日 おいらせ町 オカズちゃんさん撮影

下田公園の湿生花園で、

水芭蕉やザゼンソウの写真を撮っている時に

奥の斜面からダダダーと音がしたので、

そちらを見ると、カモシカ4頭が駆け上がっていきました。

最後のカモシカはこちらを振り返り、慌てて上がっていきました。

この辺にもカモシカがいるとは知りませんでしたので驚きました。

 

「フレミッシュ・ビューティの花咲く」 

「フレミッシュ・ビューティの花咲く」

3月21日 三戸町 千葉正明さん撮影

花びんに挿した梨の花が咲きました。

新鮮であか抜けした洋梨の名前に感じます。

でも、青森県では日面紅(ひめんこ)の梨と呼んでいます。

日の当たった部分が赤く染まるところから、この名前が付きました。

花を観賞しながら、もっと栽培が増えればと思っています。

 

「彩雲とフラクタス」

「彩雲とフラクタス」

3月22日 五戸町 川村にゃ子さん撮影

朝の6時半すぎ、東側の空に雲が広がっていました。

日が昇るにつれて雲は彩雲に。

さらに前日から続く強風で、

波状の雲「フラクタス」があちらこちらに出現し、

幻想的な朝となりました。

 

「一足早いわが家の花見です」

「一足早いわが家の花見です」

3月22日 つがる市 成田悦雄さん撮影

1週間ほど前に友人から送られてきた

啓翁桜の枝を玄関に飾っておきましたが、

見事に花開いてくれました。

一足早いわが家の花見を楽しんでいます。

本格的な花見のシーズンが待ち遠しいです。

 

「池の畔」

「池の畔」

3月15日 青森市 SIGEHIROさん撮影

湖らしい池で、まるでね。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:13時48分 | カテゴリ:シャモリ-青森の写真- | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


ページの一番上へ▲