2019年2月

2月28日 今日のシャモリ


 「降雪のあかし」

「降雪のあかし」

2月27日 青森市 津幡順二さん撮影

降っては積もり、降っては積もりを繰り返した。

青森の長かった冬も終わります。

 

 「次々に咲き始めています」

「次々に咲き始めています」

2月27日 弘前市 北の子さん撮影

実家の玄関先においている椿が次々と咲き始めました。

ピンクのかわいい花がとてもきれいです。

 

 「合格祈願」

「合格祈願」

2月22日 平川市 猿賀神社 成田敏春さん撮影

猿賀神社の境内に設置されている合格祈願の巨大な的が、

受験生の合格祈願や結婚祈願等で埋められています。

見事に合格の的を射られることを祈ります。

 

 「落ち穂拾いではないよ?」

「落ち穂拾いではないよ?」

2月27日 八戸市 新井田川沿い 早起きニワトリさん撮影

穏やかに晴れた27日、丘の上にいる2羽の白鳥に出会いました。

絵描きの苦手な私には落ち穂拾いをしているように見えました。

それにしてもこの首のライン、早起きニワトリにはとても真似ができませんね。

 

 「春ですね~スクスク伸びています」

「春ですね~スクスク伸びています」

2月28日 自宅 ボンちゃんさん撮影

けさ、撮影しました。

3日前と10日前のニンジンを切って水に浸し、

日当たりのいい台所に置いていたら、

春の芽吹きのように元気よく成長しています。

 

 「あっ!恐竜だ!」

「あっ!恐竜だ!」

2月27日 八戸市 新井田公園 くーちゃんさん撮影

すっかり雪がなくなった新井田公園にて、

お散歩していたら息子が見つけました。

散歩道のアスファルトの亀裂。ほっこりしました。

 

 「飛翔」

「飛翔」

2月25日 おいらせ町 間木堤 徳ちゃんさん撮影

撮影当日、白鳥1,116羽とことし最高の数。

気温も10度以上。

北への旅立ちに良い日和。

温暖化の影響か、北上が年々早く感じます。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:15時07分 | カテゴリ:シャモリ-青森の写真- | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2月27日 今日のシャモリ


 「春一番に咲く野草!!『星の瞳』」

「春一番に咲く野草!!『星の瞳』」

2月26日 八戸市 種差海岸 窪田輝雄さん撮影

花は小さいが、福寿草と共に春一番に咲く花である。

「星の瞳」の如くブルーの花びらが咲き、印象に残ります。

いわゆる、別名「オオイヌノフグリ」。

星の瞳のほうが気持ち良い。

 

 「岩山の松から岩木山が輝いている」

「岩山の松から岩木山が輝いている」

2月24日 松倉神社の岩山 ふじさきのシニアさん撮影

津軽33ヶ寺の中でも最もお参りが

きついと言われる松倉神社、梵珠山の奥に鎮座している。

岩山に生える松の古木のかなたに岩木山が輝いていた。

雲ひとつない岩木山との対面はご褒美をいただいた気分でした。

 

 「農のおひな様」

「農のおひな様」

2月26日 八戸市 畠山勝則さん撮影

地元産野菜を使ったひな人形、

白菜やゴボウ、ネギなどで三段飾りを制作。

話題のスポーツ選手も。

楽しませていただきました。

 

 「白鳥さん、お先に♪♪♪」

「白鳥さん、お先に♪♪♪」

2月26日 五所川原市 佐藤るり子さん撮影

この日の田んぼには、

ものすごい数の鳥が、集まって食事をしていました。

そのあと、何かに呼ばれたかのように、黒い鳥たちが飛び立ち、

まるで白鳥さんに『お先にー♪』って、

言っているようでした( ˃ ᵕ ˂ )♡

 

 「フキノトウ」

「フキノトウ」

2月24日 おいらせ町下田公園湿生花園 オカズちゃんさん撮影

雪がとけた所からフキノトウが顔を出しました。

とけた雪は小さなせせらぎが日に照らされ

キラキラと輝きながらながら流れていきます。

春は近いなと思いました。

 

 「花粉の春」

「花粉の春」

2月23日 おいらせ町間木堤 オカズちゃんさん撮影

日差しが暖かくなってきたら、

間木堤の周囲に植えてある杉とハンノキの雄花も膨らんできました。

そろそろ花粉症に悩ませられる春がやってきます。

要注意です。

 

 「レストラン田園」

「レストラン田園」

2月23日 おいらせ町豊栄 オカズちゃんさん撮影

現在、おいらせ町の間木堤に

飛来している白鳥は1000羽を超えました。

北帰行の途中に寄ってくれているようです。

昼間は水田地帯に行って落ち穂を啄ばんでいます。

エネルギー補給のためなのでしょう。

田んぼはさながら込み合ったレストランです。

 

 「日差しが当たる岩木山」

「日差しが当たる岩木山」

2月15日 青森市浪岡地区 SIGEHIROさん撮影

空を見たら、明るく雪が積もっていました。

 

 「日の光」

「日の光」

「日の光」

2月21日 自宅 SIGEHIROさん撮影

夕方に見たら月が大きく見えて撮影しました。

 

 「明るく見える太陽灯」

「明るく見える太陽灯」

2月22日 自宅 SIGEHIROさん撮影

紫外線を含む光を発する電灯みたい。

 

 「冬空にパイナップルか?さにあらず スズメバチの巣でした」

「冬空にパイナップルか?さにあらず スズメバチの巣でした」

2月24日 青森市郊外 百坪百姓さん撮影

友人のところに遊びに行き、隣の倉庫の軒下を見たら、

パイナップルそっくりのスズメバチの巣を偶然に見つけました。

巣の中に次世代の女王蜂が冬眠しているのかなぁ。

秋にはあの攻撃的な兵隊蜂もおらず、

安心して眺めとってもきれいに見えパチリ。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:14時44分 | カテゴリ:シャモリ-青森の写真- | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2月26日 今日のシャモリ


「岩木山を見る雪像」

「岩木山を見る雪像」

2月24日 青森市 八甲田山系 じょっぱりさん撮影

久々に八甲田山が見え、雪像見物に行く。

まだ2月、大きな雪像がいっぱい、

雪はげも少なく見応えがあった。

岩木山も霞んでいるが見られ、

雪像が人の顔に見え、いかにも岩木山を見ている雰囲気。

自然の造形です。

この後まもなく、強風でロープウエーは運休となり、

早々に下山させられました。

 

「わが家の早春賦」 

「わが家の早春賦」

2月25日 三戸町 千葉正明さん撮影

実家の桜は樹齢35年、新築の際の記念樹です。

弥生の頃とはいえ、外はまだまだ肌寒い名のみの季節です。

この桜の枝を家の中で咲かせてみました。わが家の早春賦です。

 

「氷の国の熱帯魚 2」 

「トワイライト ストーブ列車」

2月23日 五所川原市 津鉄駅 佐藤るり子さん撮影

初めて訪れた『夜汽車CafeBAR』

キャンドルの明かりが、

ストーブ列車をムードいっぱいに演出していました。

弾き語りのライブもあり、

そのときに飲んだコーヒーは、格別でした。

 

「氷の国の熱帯魚 2」 

「氷の国の熱帯魚 2」

2月25日 自宅庭 ベルちゃんさん撮影

先日はツララをサンゴに見立てて撮影。

今回は雪どけで氷に穴が開いちゃいました。

中をのぞき込む熱帯魚たち、何を見ているのかなぁ。

 

「振り向けば春」 

「振り向けば春」

2月24日 脇野沢海岸辺り ナズナさん撮影

今磯浜の潮がかなり引いていて、

海草をとる人の姿があちこちに見られます。

ふと振り返るとカモシカです。

海岸に降りてきたのでしょうか、

とてもきれいな毛並み、若々しく輝いて見えました。

久しぶりに見たカモシカは春の匂いもしたような。

崖の下から撮りましたが感動です!!

 

「2月の桜」 

「2月の桜」

2月24日 青森市 津幡順二さん撮影

日当たりがよい桜の枝は、ご覧の通りです。

開花まで時間はかかりそうですが、

つぼみが膨らむと同時に、私たちの気持ちも膨らみます。

 

「ほころびそうな春」 

「ほころびそうな春」

2月24日 むつ市 ナズナさん撮影

暖かい日が続いたので、

紅い満作、そろそろ咲いているかもと、

知人のお庭を訪ねてみました。

まだ雪のお庭ですが、お目当ての紅い満作。

あっちにもこっちにも、枝の数々に、

赤いリボンの結び目がいまにもほころびそうでした。

この一瞬もなぜかかわいらしく、転げてきそうな春を感じました。

 

「バラエティーに富む樹氷」

「バラエティーに富む樹氷」

2月24日 八甲田 仙人岱 三浦孝吉さん撮影

標高1320mの八甲田、仙人岱。

風速30mの猛烈強風でした。

ガチガチに固く氷結した樹氷は微動だにせず、姿・形は多種でした。

 

「小さい春みつけた」 

「小さい春みつけた」

2月25日 階上町金山沢地区 はじめさん撮影

八戸えんぶりが終わったばかりですが、

小さな春をみつけました。

日当たりのよい土手には春を先取りしたかのように、

小さな花が咲き始めていました。

もうすぐ春ですね。

 

「早春の西海岸」 

「早春の西海岸」

2月23日 深浦町 大間越海岸 ホリさん撮影

雪もとけ、海も比較的穏やかな日。

このまま陽気が続くと、

バッケやアザミも顔を出してきそうです。

23日のリゾート白神号の乗客は、

さぞのどかな西海岸の絶景を楽しんだことでしょう。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:15時55分 | カテゴリ:シャモリ-青森の写真- | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

【キャスター5人で!大きな●●に挑戦!】成田


荒川さんと村田さん、何やら美味しそうなものを食べていますね~

荒川さんと村田さん、何やら美味しそうなものを食べていますね~

しかーし!

食べているのは普通のコーンアイスではありません。

どーん!!

食べる前のウキウキしている私たち!

大きな大きなパフェです♪

上から順に・・・コーンアイス5個と、

シュークリームは、およそ7個・・・中には、

抹茶アイスがひっそりと隠れています。

下の白い部分は、全てバニラアイスとフルーツです。

弘前の名物パフェなんですよ~

もっと大きいパフェもあります!

食べる前のウキウキしている私たち!

最初は、「うん!おいしい!」、

「これはいける!」と、前向きな発言が飛び交っていました。

お残しは許しません!!一生懸命食べていますね~

お残しは許しません!!

一生懸命食べていますね~

でも、さすがに甘いものだけだと、

お腹に入らなくなってくるんですよね。

わかってはいました。

そして、少しずつそれぞれのペースは落ちていきました。。。

しかし!ただ1人、余裕~な顔をしている人が!

しかし!ただ1人、余裕~な顔をしている人が!

荒川さん!!!

甘党らしく、「私まだいけます!」「おいし~い」と

終始満面の笑みで食べていたので、

最後のひと口は、荒川さんが担当!ありがとう♪

ごちそうさまでした!

ごちそうさまでした!

みんなで1つのことをやり遂げるって素晴らしいことです!

達成感でいっぱいでした。

食べ終わったあとは、塩気があるものを求めて出発。

食べ終わったあとは、塩気があるものを求めて出発。

写真に写っている手は、荒川さんです。

私たちが早歩きだったのか、置いて行かれそうになったらしいです。

スイーツ大食い女王が生まれた、弘前の旅でした♪

 成田りえ

投稿者:成田りえ | 投稿時間:18時38分 | カテゴリ:アナキャス | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2月25日 今日のシャモリ


「春が来た」

「春が来た」

2月22日 弘前市相馬地区 ふじりんごさん撮影

先日、お蕎麦屋さんの雪の庭に十数本の

「まずさく」という「万作」の花が咲いていました。

黄色い細長いひも状の花弁がきれいに咲きそろい、

春の訪れを実感しました。

 

「第2陣飛来、『遠路はるばる御苦労様』」

「第2陣飛来、『遠路はるばる御苦労様』」

2月23日 八戸 蕪島 窪田輝雄さん撮影

うみねこの飛来が2月初旬より「第2陣」となります。

長旅ご苦労様でした。

以前、とまっていなかった「定番のフェンス」の場所に

1列に並んでいました。

 

「「うみねこ」の乱舞!!」

「『うみねこ』の乱舞!!」

2月23日 八戸 蕪島 窪田輝雄さん撮影

餌を採りに海へ・・・

まだ早朝と午前、午後の3、4回島にはいません。

一斉に飛立ちが見られます。

だんだん、島にいるのが長くなって産卵を迎えます。

 

「ようこそ!!『ウミネコさん』第2陣」

「ようこそ!!『ウミネコさん』第2陣」

2月23日 八戸市鮫町 蕪島 窪田輝雄さん撮影

火災で再建設中の「蕪嶋神社」をバックにして

エサ取りに一斉に「飛立つ様」を撮ることができました。

1日の中で数回見られます。

帰るところは三々五々ですが、飛立つ様は圧巻です。

 

「陽気に誘われて」

「陽気に誘われて」

2月23日 深浦町 大間越 福寿草公園 ホリさん撮影

連日好天が続いたので、まだ早いとは知りながらも、

様子を見に行ったら、この親子(?)だけ顔を出していました。

海岸の近くなので、暖流の影響もあるのでしょう。

土の匂いも感じられる初々しさです。

 

「太宰が光り輝く終着駅」

「太宰が光り輝く終着駅」

2月23日 津軽鉄道津軽中里駅 週末カメラマンさん撮影

津軽鉄道の津軽中里駅で行われた文豪 太宰治生誕110周年イベント

「光がつなぐ太宰と津軽in中泊」の企画です。

駅構内に太宰や津鉄の車両をかたどったイルミネーションが輝き、

静かな終着駅が華やいだ雰囲気に

ちょうど入線した列車の光とも共演し、すてきな夜景を見られました。

 

「春近し」

「春近し」

2月23日 青森市 津幡順二さん撮影

桜の枝の向こうに大きな雪ダルマ!季節は春へ向かっています。

 

「春に向かって…」

「春に向かって…」

2月23日 おいらせ町 下田公園間木堤 早起きニワトリさん撮影

朝から風もなく穏やかでした。

朝日を浴びて青空高く飛び立った白鳥の群れは、

とても優雅で力強く、春に向かっていくようでした。

 

「八甲田山に向かって万歳する白鳥」

「八甲田山に向かって万歳する白鳥」

2月24日 青森市 たまごタケさん撮影

快晴の日曜日、朝日が昇る時間に、

八甲田山が神々しく見えたのか

白鳥が山に向かってバンザ~イしていました?

 

「春の兆し」

「春の兆し」

2月24日 弘前市富士見町 ずんださん撮影

冬の終わりに咲くシナマンサクです。

日本のマンサクよりも黄色が濃くて、

枯葉が枝に残っているのが特長です。

春も少しずつ近づいているようで嬉しくなりました。

 

「青森市にも春が!!」

「青森市にも春が!!」

2月24日 新青森県総合運動公園 はなちゃんのばあやさん撮影

いつものウォーキングコースで最初に咲く花がこのマンサクです。

ことしはちょっと早めに花をつけていました。

青森市にも確実に春が来ています。

 

「もうすぐ3月 春を呼ぶ花」

「もうすぐ3月 春を呼ぶ花」

2月24日 自宅 浪打 武彦さん撮影

育てて6年になる洋ラン、デンドロビュームです。

かわいく、めおとで咲いてくれました。

もうすぐ雛祭り、春近しですね。

 

「蔦沼にブラックホール!?」

「蔦沼にブラックホール!?」

2月23日 十和田市 ジーナさん撮影

蔦沼は、シーズン中のにぎやかさとは別世界、

全面結氷して白く静寂に包まれています。

その湖面の一角に丸い穴が開いている、

まるでブラックホールみたい!?

ちょうどこの下が蔦沼の水源で水が湧き出しているんですね。

蔦の森を気持ちよくスノートレッキングしてきました。

 

「あ!お岩木やま。雪」

「あ!お岩木やま。雪」

2月24日 自宅 鬼武芳治さん撮影

雪もとける陽気になりましたね。

冬に吹かれた窓ガラスを2階の屋根に出て掃除しました。

青森に来て8年、祖父の建てた家は西側に窓がありません。

わが家から岩木山は見えないと思っていましたが、

なんと!屋根に出れば見えました。

これから毎朝窓から乗り出して、岩木山を拝むことにします。

 

「思い出の十鉄(とうてつ)三沢駅」

「思い出の十鉄(とうてつ)三沢駅」

2月24日 十和田観光電鉄三沢駅 週末カメラマンさん撮影

鉄道廃止後も行き交う人々を見守ってきた

駅舎がもうすぐ取り壊しになります。

十和田市に住んでいた頃、

電車に乗る前に利用していた駅そば屋で懐かしさに浸り、

最後の記念に撮影しました。

 

「1か月も早い渡り」

「1か月も早い渡り」

2月24日 つがる市 中野 智さん撮影

いつもより1か月も早い『白鳥と雁』の渡りです。

こんなに早い時期に狄ヶ館溜池で見ることは、ありませんでした。

寒波の後の暖気が続き、溜池の氷もとけて水面が現れ、

そこに『白鳥と雁』が休息していました。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:13時34分 | カテゴリ:シャモリ-青森の写真- | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

「3年間ありがとうございました!」高橋泉


こんにちは。キャスターの高橋 泉です。

突然ですが、今日で青森放送局を

卒業することになりました。

 

ブログの更新もかなり久しぶりに

なってしまいましたが、これが最後の更新です。

最後なので思いの丈をつづります。

少し長いですがご容赦ください。

 

さかのぼること3年前、

楽しみ半分、不安半分で青森県にやってきました。

初めての東北、青森生活。

雪国生活なら地元・新潟で慣れているし、大丈夫!

と思っていましたが、

最初は冬の「水抜き」に苦戦しました。

東北のほとんどの地域では当たり前のことかと思いますが、

恥ずかしながら最初はよく原理がわからなかったのです。

(私は全国でも有数の豪雪地帯出身ですが、

 水抜きというものはありませんでした。)

 

そして1年目の冬に事件は起こりました。

年末年始に実家へ帰省するため、

初めて水抜きをした私。

しかし、やり方を間違えたのか、

翌月見たこともない請求額が(泣)

(金額は伏せますが、

 5人家族でもここまでにはならないそうです)

・・・今となってはいい思い出です♪

 

そんな私の最後の中継は、「十和田湖冬物語」の会場から!

そんな私の最後の中継は、「十和田湖冬物語」の会場から!

この日はかなり雪が降っていて、

帽子やコートに雪が積もり、

このまま何もしなかったら雪だるまになるかと思いました。

 

でも、何だかんだ雪は好きなのかもしれません。

中継では、今しか見られない冬の奥入瀬渓流の

幻想的な氷ばく(滝が凍ってできたもの)や、

会場の様子をお伝えしました。

外は寒いですが、

雪に囲まれると私は少しだけホッとします。

このように、私は3年間、

主に【あっぷるワイド】のリポーターとして

県内各地を飛び回っていました。

県内のおいしいものを紹介する『うまいぞ青森』や、

県内で何かに熱中している人を紹介する『あおもり熱中人』、

そして中継『あっぷるライブ』。

さまざまなコーナーを担当してきましたが、

少しでも青森の皆さんに役立つ情報や

発見をお伝えできていたでしょうか?

 

取材では、毎回たくさんの方にお世話になりました。

取材や現場では「いつも見てるよ!頑張ってね」や

「この前おいしそうに食べてたあれ、買っちゃった」

などと声を掛けていただくこともあり、

大変うれしかったです。

 

 

そして、局内の皆さんにも大変お世話になりました。

最初は「大丈夫か?!」とヒヤヒヤさせてしまったことも

たくさんあったと思います。

(特に中継は、放送後の録画を見て

 自分でヒヤヒヤしたことも多々ありました・・・)

それでも、いつも見守ってくださった皆さんには

感謝の気持ちでいっぱいです!

 

一歩進んでも二歩下がるような不器用な私ですが、

この3年間を振り返ってみると、

ニュース、リポート、中継など、

本当にさまざまなことを経験させていただきました。

落ち込むこともたくさんありましたが、

今思えば、どの出来事も私にとって必要なことだったと

感じています。

 

・・・と、まだまだ書き足りないですが、

止まらなくなってしまいそうなので、ここまでにします。

 

最後になりますが、青森県の皆さん!

放送では、お見苦しいところもあったかと思いますが、

3年間温かく見守ってくださり、

本当にありがとうございました。

写真は、キャスター5人+シャモリくん 

(写真は、キャスター5人+シャモリくん)

 

高橋泉

投稿者:髙橋泉 | 投稿時間:16時24分 | カテゴリ:アナキャス | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2月22日 今日のシャモリ


「県産わさびの花」

「県産わさびの花」

2月21日 弘前市 野の庵 つるさん撮影

岩木山で栽培されたわさび。

葉の部分を水に入れてたら花が咲きました。

 

「春はすぐそこに」

「春はすぐそこに」

2月20日 弘前市 福士宏さん撮影

雨水。

冬の雪が解け始め、その水が田畑を潤し、

春の訪れを知らせる季節でもあるとか。

今年は2月19日。

その日は今年最大と言われるスーパームーンが現れた。

さらに嬉しいことにアオゲラがその日から毎朝来ている。

「春はすぐそこに」と思うこの頃です。

 

「氷の灯り」

「氷の灯り」

2月21日 八戸市 あられさん撮影

マチニワで、素敵な物を見つけました。

氷で出来た灯りです。

先日、通りかかると氷の灯りが数個しか残っていなくて、

残念な思いで帰ったので、明かりが灯った

光景を目にして、とても嬉しかったです。

心ない酔っ払いに、壊された話を聞き

悲しくなりました。

 

「川の流れに勢いがつきました」

「川の流れに勢いがつきました」

2月22日 青森市油川船岡 柿崎孝治さん

今週に入って気温も高めです。

雪解けも進み川の流れにも勢いがついています。

もうすぐ春ですね。

 

「車力漁港からの夕日久し振りです」

「車力漁港からの夕日久し振りです」

2月21日 つがる市車力漁港 成田悦雄さん撮影

ようやく春めいてきましたので、

久し振りに日本海の夕日を見に車力漁港に出かけました。

春近いといえども日本海はまだまだ冬の海で、

冷たい風が強く吹きつけ、撮影中も風で体が揺れるほどでした。

しかし、久し振りの夕日に感動して寒さも忘れ、

しばしシャッターを切りました。

やはり車力漁港からの夕日いいですね。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:13時14分 | カテゴリ:シャモリ-青森の写真- | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

「津軽民謡・演歌に懸ける!あおもり熱中人」千葉真由佳


先日(2月13日)放送したあおもり熱中人のコーナー、

今回は、去年11月にデビューした

演歌・民謡歌手の本間愛音(ほんま・あかね)さん!

NHK青森放送局にお越しいただき、

スタジオでインタビューさせていただました~♪

今回は、去年11月にデビューした演歌・民謡歌手の本間愛音(ほんま・あかね)さん!

3歳から人前で演歌を歌っていたという本間さん!

歌をはじめたのは民謡教室の先生だった

おじいさんの影響だったそうです。

出身地の北海道から弘前に移住してからは、

津軽民謡の魅力にどっぷりとハマっていったという・・・。

 

私も驚いたのですが、

津軽民謡は人によって少し節を変えてみたり

アレンジを加えたりすることもあるそうです。

そのため、奥が深く難しいとのこと。

でもそこが津軽民謡の魅力なのだろうと思いました。

 

本間さんがスタジオで披露してくれたのは、

民謡の「津軽小原節」と演歌のオリジナル曲「恋の桜舞」 

民謡の「津軽小原節」と演歌のオリジナル曲「恋の桜舞」

 

演歌は弘前の桜をイメージした曲で、

歌詞や振り付けが可愛らしいんです。

それにすてきな歌声!

収録当日も、ピンクの桜が舞ったようなお着物で

歌っていただきました。

 

 

私自身、これを機に津軽民謡や

演歌の良さに触れることができました。

(カラオケで演歌を一曲歌えるようになりたいですね。)

 

青森から全国に!

本間さんのご活躍をお祈りしています!!

青森から全国に!本間さんのご活躍をお祈りしています!!

 

 千葉真由佳

投稿者:千葉真由佳 | 投稿時間:17時43分 | カテゴリ:アナキャス | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2月21日 今日のシャモリ


 「落ちない葉っぱ」

「落ちない葉っぱ」

2月20日 深浦町 十二湖・鶏頭場の池 ホリさん撮影

天気も良かったので、十二湖を巡ってきました。

厳寒の中、風雪にさらされながらも、

落ちないで頑張っているブナの葉っぱたちを見つけました。

台風等で倒されている樹木が多い中、

最後まで諦めずに頑張っている姿は受験生と重なります。

「フレー、フレー受験生!!」と励ましているようでした。

 

 「渓流」

「渓流」

2月18日 十和田市 北のヤマドリさん撮影

天気が良かったので、久しぶりに奥入瀬に行ってきました。

雪をかぶった石に、太陽がサンサンと降り注ぎ、

春が近いことを感じました。

 

 「山の中にシマウマ」

「山の中にシマウマ」

2月18日 八甲田山 コタロウさん撮影

道路がシマシマ。

車のフロント越しに携帯で撮ったので映りは悪いですが、

晴れた日には時間によってこんなふうになるんですね。

投稿者:髙橋泉 | 投稿時間:14時29分 | カテゴリ: | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2月20日 今日のシャモリ


 「太陽の輪」

「太陽の輪」

2月19日 十和田市 マリンの母さん撮影

晴れ間を楽しみながらの散歩中、

空を見上げたら太陽の周りに大きな輪がかかっていました。

いいことがあるといいな。

 

 「お互いにビックリ」

「お互いにビックリ」

2月18日 五戸町 川村にゃ子さん撮影

ビニールハウスで出荷作業していると、

近くでキジの鳴き声が聞こえました。

写真に撮れるかなぁと鳴き声のするほうへ向かうと、

思っていたよりも近い距離でお互いにビックリ!

この後、キジは猛ダッシュで藪の中に消えていきました。

 

 「誰が…」

「誰が…」

2月19日 近所の山 まろたママさん撮影

朝、愛犬との散歩中に誰かが作った

小さな雪だるまを道端で見つけました。

雪だるまはとけかかっていて、

冬の終わりを感じ寂しい気持ちになりましたが、

同時に春の訪れが楽しみになりました。

誰が作ったかは分かりませんが、

雪だるまのおかげで季節の移り変わりを感じることができました。

 

 「春がもうそこに!!『ザゼンソウ』」

「春がもうそこに!!『ザゼンソウ』」

「春がもうそこに!!『ザゼンソウ』」

2月19日 八戸市 葦毛崎 窪田輝雄さん撮影

ザゼンソウが例年通り、雪の下からのぞいてくれました。

ことしは2株が同時に咲いてくれました。

地べたは春が来ているようです。

写真は比較的茶色のものです。

もう1株は黄色っぽい色で出てくれました。

周囲は雪、雪です。

 

 「夕焼け、緑?」

「夕焼け、緑?」

2月17日 上北郡おいらせ町 森山 貴文さん撮影

白鳥撮影も日没で終わり。

帰る途中、夕焼けもいいかなぁ、と、

空を見てみたら、なんと緑。

初めての夕焼けの色で、なにか得した気分でした。

 

 「下萌え~かな~~?」

「下萌え~かな~~?」

2月17日 東通村 ナズナさん撮影

お天気が良かったので、尻屋のアタカまで足を延ばしてみました。

日差しは暖かく寒立馬の顔もゆるんで見えました

雪を鼻や足で掘ると、新しい草の匂いがするのだろうか?

3頭が並んでもぐもぐ草を食んでいる姿は

ノンビリ立ち話をしているように見えました。

(春の匂いしてきたにし~~)とか

 

 「福寿草と一緒に春が来た」

「福寿草と一緒に春が来た」

2月19日 史跡根城の広場 オカズちゃんさん撮影

きのうは雨水でした。

例年になく多い雪もとけてきました。

えんぶりの撮影のために史跡根城に行きますと、

空堀の所で福寿草が咲いていました。

 

 「リーゼントヘアー?」

「リーゼントヘアー?」

2月13日 蔦沼駐車場 ボンちゃんさん撮影

蔦沼駐車場のお店が笑っている顔に見えて、

屋根の雪がプレスリーのリーゼントヘアーのようで私もニッコリでした。

 

 「昔懐かし丸型ポスト」

「昔懐かし丸型ポスト」

2月10日 青森市 百坪百姓さん撮影

雪囲いしたハナミズキを利用して、

昭和にはどこの街、村にもあった丸型ポストを

年寄りの遊びに作ってみました。

吹雪の日などは、目の先にポストがあれば

いつでも友達に近況をお知らせできるのになぁと思って、

暇つぶしのほんの遊び心で。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:15時23分 | カテゴリ:シャモリ-青森の写真- | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


ページの一番上へ▲