2018年9月20日

9月20日 今日のシャモリ


 

9月16日 八戸公園こどもの国 板橋則穂(いたばしのりお)さん撮影

「八戸公園の秋」

9月16日 八戸公園こどもの国 板橋則穂さん撮影

連休とあって、多くの家族連れでにぎわう八戸公園も、

少しずつ秋色に染まっているようで

観覧車の下のナナカマドの実も赤く色づき始めていました。

 


 

9月14日 東通村尻屋崎 ナズナさん撮影 

「秋暑し」

9月14日 東通村尻屋崎 ナズナさん撮影

 ここは尻屋崎の寒立馬の水浴び場ですが、

寒立馬の代わりに、たくさんのトンボが

岸のほうに戯れています。

産卵に忙しいのかもしれません、

雄雌つながって飛ぶ姿が多いですが、

たまたまシオカラトンボの産卵を見つけました。

産卵するメスの茶色のトンボの上を、

青いオスが守るようにホバリングしていました。

なんともすてきなお熱いカップル。

まさに秋暑しでした。

 


 

9月18日 むつ市 水源池公園 ナズナさん撮影 

「半分暑い」

9月18日 むつ市 水源池公園 ナズナさん撮影

 水源池公園のスイレンの池は、

今トンボの産卵で大わらわです。

マルタンヤンマの産卵が多いようです。

シオカラトンボは雄雌一緒で、

とてもお熱い仲だったのに、こちらは雌だけ。

マルタンヤンマの雄は、

日本のトンボの中で1,2を競うほど

美しい青いトンボだそうですが、

残念ながら見つけられませんでした。

でもメスのトンボはけなげに花に見守られながら産卵。

半分暑い思いなのかも。

 


 

9月19日 自宅 じゅんちゃんさん撮影

 「青いチョウチョウ」

9月19日 自宅 じゅんちゃんさん撮影

クレロデンドルム、

日本名は青い妖精とか青い翼と言われます。

つぼみはまん丸でかわいく、

咲くとチョウチョウのようです。

平凡な日々に感動をもらえます。

 


 

9月19日 中泊町今泉地区 のだめのおじさんさん撮影

「十三湖」

9月19日 中泊町今泉地区 のだめのおじさんさん撮影

 朝の気温は11℃でした。

岩木山がきれいだったので、湖畔から撮影しました。

寒かったです。

 


 

9月19日 平川市立小和森小学校裏 ピッキーさん撮影

「黄金色のじゅうたん」

9月19日 平川市立小和森小学校裏 ピッキーさん撮影

食欲の秋。散歩をしていたら、

きれいに色づいた田んぼを発見しました。

青森のお米もおいしいです!

池間さん!青森のめぇまま食べてけ!

 


 

9月18日 奥入瀬渓流 小川郁夫(おがわいくお)さん撮影 

「奥入瀬の横綱」

9月18日 奥入瀬渓流 小川郁夫さん撮影

 奥入瀬渓流の木々を見ていたら、

まるで化粧まわしを締めているような木を見つけました。

 


 

9月17日 むつ市川内町 ナズナさん撮影

 「むつ市の古城跡(蛎崎城)」

9月17日 むつ市川内町 ナズナさん撮影

秋日和、つい冒険をしたくなります。

いつものぞいてみたいと思っていた

蛎崎城跡地についに行ってきました。

廃校になった蛎崎小学校のわきを通り、

少し上ると車が置ける小さな場所が。

そこから草をかき分け、足跡をたどって上ると、

なんと広く開けた公園。

そこに蛎崎城城主 蛎崎蔵人の供養塔が立派にたっていました。

戦いに敗れて蝦夷に逃れ、

松前の祖となったと聞いていますが、

塔の前に立つと、さすが古城跡 松風の騒ぐ音がするような、

厳かなものを感じました。

 


 

9月18日 八戸市 馬淵川の土手 大舘憲夫(おおだてのりお)さん撮影

「工業地帯の朝日」

9月18日 八戸市 馬淵川の土手 大舘憲夫さん撮影

  送電鉄塔の脇の大きな煙突は、

高さ120m の八戸火力発電所の煙突です。

お役目を終えて、解体作業の準備が始まりました。

八戸のシンボルが1つ消えます。

「お役目ご苦労様でした」。

  


 

9月17日 八戸市種差 あられさん撮影

 「海と雲とレストラン列車」

9月17日 八戸市種差 あられさん撮影

 海と雲とレストラン列車を撮りたいと、

ずーっとその日を待ち望んでいました。

やっとその日がやってきて、夢中でシャッター押したので、

後で見たら右端に車が…ちょっと残念な写真になりました。

 


 

9月15日 五戸町 ひばり野ダリア園 天間啓作さん撮影

「大輪」

9月15日 五戸町 ひばり野ダリア園 天間啓作さん撮影

 降らず、照らず、花日和。きれいだった。

園内はきれいに整備され、多くの人が楽しんでいたようです。

 


 

9月16日 畑 百坪百姓さん撮影 

 「もうおしまいね」

9月16日 畑 百坪百姓さん撮影

 トマトが赤くなれば医者が青くなる。

トマトのある家に胃腸病なしとのことわざのある

栄養満点のとまちゃんは、ことし春から秋まで、

苗木120本から約1800玉を実らせ、

私の家族となりました。

夏の暑さを乗り切ることができ、

家族皆元気をもらったことにありがとう!

ことしは寒暖差がなく、

味が例年よりちょっぴり落ちたことに、

とまちゃんも残念なことでしょう。

来年また一緒に頑張るべし。

 

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:15時08分 | カテゴリ:シャモリ-青森の写真- | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


ページの一番上へ▲