2016年7月

NHKこども将棋大会


7月24日(日)夏休みの小学生たちが日ごろ磨いてきた将棋の腕を競う「NHKこども将棋大会」がNHK八戸支局で開催されました。

八戸市を中心に青森市や弘前市のほか、秋田県や岩手県から30人近くの小学生が集まりました。

子どもたちは、初級、中級、上級のクラス別に分かれて全員総当たりのリーグ選で予選に臨みました。張り詰めた空気の中、1手1手を慎重に考えながら駒を進め、対局が終わると「ありがとうございました」と礼儀正しく、あいさつしていました。まるでプロ棋士みたいです。

160727_1.jpg 張り詰めた空気の中、1手1手を慎重に考えながら駒を進め、対局が終わると「ありがとうございました」と礼儀正しく、あいさつしていました。まるでプロ棋士みたいです。

会場には、親や祖父母も応援に駆けつけ、熱戦をくり広げる子どもたちの様子を静かに見守っていました。

リーグ戦のあとは、詰め将棋の講座や指導対局にも参加し、夏休みの一日、将棋を楽しんでいました。

リーグ戦のあとは、詰め将棋の講座や指導対局にも参加し、夏休みの一日、将棋を楽しんでいました。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:18時36分 | カテゴリ:広報ブログ | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

「夏バテ対策!アスリートフード」亀谷


もうすぐ8月!暑さがピークとなるこの時期にぴったりの食事を紹介します。

 

皆さん、「アスリートフード」ということばを聞いたことはありますか?

「アスリートフード」は、スポーツをする人がベストな状態でパフォーマンスをするために役立つ食事のことです。

 

アスリートフードマイスターの資格を持つ、弘前市の奥出貴子(おくで・たかこ)さん。雑誌や本などにレシピを掲載したり、講習会を行ったりと幅広く活動しています。

 

アスリートフードの大切なことは、「食材の組み合わせ」!!

主なものを3つ教えてもらいました。

アスリートフードの大切なことは、「食材の組み合わせ」!!

いつ食べるかで効果が変わったり、

強化したい部分や気になる部分に合った食材を選んだりすることで、

よりよいパフォーマンスにつながるとのことでした。

 

さて、運動する人、しない人関係なく夏バテは起こりうるものです。

食材の組み合わせで、栄養を考えられたアスリートフードは、夏バテにも効果があるんですよ。

そこで、夏バテ対策になるアスリートフードを紹介します。

**************************************

~「肉みそあんかけうどん」の作り方~

まずは、にんにく・しょうが・長ねぎ・しいたけをみじん切りにします。

まずは、にんにく・しょうが・長ねぎ・しいたけをみじん切りにします。

フライパンにごま油を入れて、先ほど切った具材をいためます。

フライパンにごま油を入れて、先ほど切った具材をいためます。

★ポイント① ごま油でいためることで、食欲増進につながります。

次に、豚ひき肉を入れて、いためていきます。

次に、豚ひき肉を入れて、いためていきます。

全体に火が通ったら、水・しょうゆ・チキンスープの素・みそを入れます。

全体に火が通ったら、水・しょうゆ・チキンスープの素・みそを入れます。

さらに、はちみつを入れます。

★ポイント② 砂糖でもできますが、はちみつを使うことで、より栄養を体に吸収しやすくなるそうです。

およそ5分煮詰めたら、水溶きかたくり粉でとろみをつけます

およそ5分煮詰めたら、水溶きかたくり粉でとろみをつけます。

★ポイント③ あんかけにすることで、夏バテで食欲の出ない日でも、スルッと食べやすくなります。

最後に、ゆでて冷水でしめたうどんに、肉みそあんかけをかけます。

最後に、ゆでて冷水でしめたうどんに、肉みそあんかけをかけます。

トッピングできゅうりをのせたら、完成です!

 

ごま油の香ばしさが口いっぱいに広がります。

一品でもたくさんの食材が入っているので、食べごたえがありました。

この料理の組み合わせは、豚肉(ビタミンB1)とうどん(糖質)の組み合わせです。

エネルギー源や疲労回復につながる組み合わせですね。

さらに、「肉みそ」を使って、アレンジ料理もできるんです!!

さらに、「肉みそ」を使って、アレンジ料理もできるんです!!

左から、ピザ・麻婆豆腐・いなりずし。

肉みそを作り置きしておくと、いろいろな料理にアレンジできるのは便利ですね。

 

皆さんもアスリートフードで、夏を乗り切りましょう!!

 

亀谷渉子

投稿者:亀谷渉子 | 投稿時間:18時25分 | カテゴリ:あっぷるワイド | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

山本耕史さんのトークショー


7月16日(土)に、大河ドラマ「真田丸」で石田三成役を演じている山本耕史さんのトークショーが弘前市で開かれました。会場の弘前文化センターには、抽選で選ばれた約500人が集まりました。

 

ご来場のお客様はほとんどが女性!

そして、会場には加藤清正役の新井浩文さんのお母さんもいらっしゃいました…(ビックリしました)

 大河ドラマ「真田丸」で石田三成役を演じている山本耕史さんのトークショーが弘前市で開かれました。

 なぜ、弘前市でトークショーなのか…

それは、石田三成が関ヶ原の戦いで敗れたあと、弘前藩が、三成の次男・重成をかくまったと伝えられ、さらに2代藩主の信枚は、三成の三女・辰姫を側室にするなど、三成と津軽地方は縁が深いことで知られているからです。

山本さんは、自身が演じている石田三成について「よく言えば自分の信念を貫くところ、別の言い方をすれば頑固なところが、自分と似ているのかなと思います」と話していました。
また、「豊臣秀吉に忠義の全てを尽くして仕えている石田三成に、ロマンや、日本人の鑑というものを感じて演じています」と三成への思いも語りました。

 

山本さんは、翌日17日に田舎館村の田んぼアート「見ごろ宣言式」に出席されました。

田舎館村役場の展望デッキには、大勢の取材陣が。

田舎館村役場の展望デッキには、大勢の取材陣が 田舎館村役場の展望デッキにて

田舎館村役場の展望デッキにて 田舎館村役場の展望デッキにて 

山本さんは、自身の姿がデザインされた田んぼアートを見て「よく描かれている」と笑顔で話していました!

 

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:10時18分 | カテゴリ:広報ブログ | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

マイシャモリ「つがる市のメロン」千葉真由佳


キャスターの千葉です。

今日の情報ランチでは、つがる市のメロンを紹介しました。

こちらは、メロン農家の工藤さんです。

 

先週金曜日のあっぷるワイド うまいぞ青森では

メロン畑での収穫体験や選果場での様子をリポートでお伝えしました!

 

メロン農家の工藤さんと

 

常温で何日か保存し、よーく熟してから食べました♪

冷蔵庫で冷やすのは、食べる2時間くらい前がいいそうです。

程よく冷やすことでメロンの甘みがより感じられました。

皮の方までみずみずしくってとても美味しかったです。

つがる市のメロンが一番出荷される時期は7月から8月です。

つがる市のメロンが一番出荷される時期は7月から8月です。

ぜひ味わってみてください♪

千葉 真由佳

投稿者:千葉真由佳 | 投稿時間:17時51分 | カテゴリ:アナキャス | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

カリカリ豚肉のさっぱり冷製パスタ【わいわいクッキング】


暑い日が増えてきましたね~

今日紹介するのは、暑くなるこの時期にピッタリな料理!

カリカリ豚肉のさっぱり冷製パスタ 完成品

豚肉にはビタミンB群が豊富なので、疲労回復に効果が期待できます。

夏バテしそうになったらこれに決まり☆

【材料】 4人分

豚肉・・・200g

しょうゆ・・・小さじ2

こしょう・・・適量

かたくり粉・・・大さじ2

 

大根・・・300g

トマト・・・1コ

きゅうり・・1本

みょうが・・・2コ

オリーブオイル・・・大さじ1

酢・・・大さじ3

塩・・・小さじ1・1/2

砂糖・・・小さじ2

こしょう・・・少々

 

青じそ・・・4枚

サラダ用パスタ・・・400g

 

まずは野菜の下ごしらえから。

【続きを読む】

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:17時48分 | カテゴリ:あっぷるワイド | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

「7月の市場情報」髙橋


7月の市場情報です。

その様子をご紹介します。

************************

◆鮮魚情報◆

片岡さんにお話を伺いました。

◆鮮魚情報◆片岡さんにお話を伺いました。

【今月のおすすめは「紅子」】

今月のおすすめは「紅子」

筋子には魚によって種類があり、ベニザケから採卵したものを「紅子」と呼びます。

 

塩分が気になる方も多いと思いますが、

EPAやDHAなど、生活習慣病の予防効果が期待される不飽和脂肪酸が多く含まれているそうです。

 

 

◆筋子の切り方◆

包丁で切ってもいいのですが、フォークを使うと、筋子の露を出さずに切り分けることができます。

包丁で切ってもいいのですが、フォークを使うと、筋子の露を出さずに切り分けることができます。

左から刺します。

左から刺します。

同じところを右からも刺して引っ張ります。

同じところを右からも刺して引っ張ります。

こんな感じです。

こんな感じです。

左がフォークで切り分けたもの、右が包丁で切り分けたものです。 包丁で切った筋子は粒が破れて露が出てきてしまっていますね。

左がフォークで切り分けたもの、右が包丁で切り分けたものです。

包丁で切った筋子は粒が破れて露が出てきてしまっていますね。

 

私もフォークを使って切り分けてみましたが、筋子の粒がほとんど潰れず、

きれいに分けることができました。

私は筋子が大好きなので、これからごはんの時間に大活躍しそうです。

 

【鮮魚担当:片岡さんの今月のひとこと~】

片岡さんと一緒に・・・『あっつ ままさ スンズゴ!』(熱々のごはんに筋子!)

7月の合言葉は、

片岡さんと一緒に・・・『あっつ ままさ スンズゴ!』

            (熱々のごはんに筋子!)

 

******************************************

 

◆青果情報◆

今岡さんにお話を伺いました。

◆青果情報◆今岡さんにお話を伺いました。

【今月おすすめの野菜は「レタス」】

今月のおすすめ野菜は「レタス」

県内の主な産地は、平川市や黒石市の南八甲田山麓の350~700mくらいの高冷地です。

日が昇る前の2時~3時ごろから収穫しているそうです。

 

私は、レタスはサラダで食べることが多いのですが、

今岡さんは、体を冷やしがちな夏だからこそ、スープにするなどして温かいレタスを食べるのも

おすすめだと話していました。

 

【今月おすすめの果物は「スイカ」と「メロン」】

今月おすすめの果物は「スイカ」と「メロン」

この2つが出てくると、いよいよ夏だなあと感じますね。

私にとっては青森に来て初めての夏ということもあり、楽しみです。

 

そして、スイカとメロンには、売れる気温があるそうです。

スイカ・・・27~28℃

メロン・・・23~25℃

気温が上がると水分の多いスイカの方が売れてくるということですね!

 

また、テレビでは小玉のスイカを紹介しましたが、

これから大玉のスイカも出始めます。

 

【青果担当:今岡さんの今月のひとこと】

『今年もおいしく出来上がった、青森のスイカとメロンで夏を乗り切りましょう!』

『今年もおいしく出来上がった、青森のスイカとメロンで夏を乗り切りましょう!』

 

******************************************

7月の「市場情報」でした。

 髙橋 泉

投稿者:髙橋泉 | 投稿時間:17時13分 | カテゴリ:あっぷるワイド | 固定リンク
コメント(1) | トラックバック(0)


ページの一番上へ▲