シャモリ-青森の写真-

  

2019年07月05日 (金)7月5日 今日のシャモリ


モップヘッド?

「モップヘッド?」

7月2日 新青森県総合運動公園外周 はなちゃんのばあやさん撮影

ウォーキングコース脇の畑に

黄色いルピナスが咲いているのかと思って近寄ってみたら

黄色いモップヘッドのような花が咲いていました。

農家の人に聞いたら名前はわからないが、

長持ちするので仏壇に飾ったりしているそうです。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:14時05分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2019年07月04日 (木)7月4日 今日のシャモリ


「食欲旺盛な赤ちゃん」

「食欲旺盛な赤ちゃん」

7月2日 弘前市 ピッピマン北城さん

わが家の菜園で、カマキリの赤ちゃんを見つけました。

体長2センチくらいで、じっとして動きませんでした。

数十分後見に行ったら、

アリを捕まえてムシャムシャ食べていました。

スズメの親子などは、

親から口移しで餌をもらっているのを見かけますが、

カマキリの子は、自分で獲物を捕まえるんですね。

次の獲物は、左上のバナナ虫でしょう。

「白色の「アサツキ」咲く!」

「白色の『アサツキ』咲く!」

7月3日 種差海岸 窪田輝雄さん

通常は紫色の花だが、ここだけ、2輪だけが白色である。

遠くからでもハッキリとわかるので、

とられたりしないと良いが・・・。

「ユニークな木「ハナイカダ」」

「ユニークな木『ハナイカダ』」

7月3日 種差海岸 淀の松原 くぼやんさん

葉っぱの真ん中に実がなっている。

葉っぱが舟で船頭さんが実(花)に見立てて名が付いたようです。

ほかにこのような形体は無い。珍しい!

「ひょっこり~」

「ひょっこり~」

7月3日 青森市 ほじねさん

ブロック塀の小窓から、身をのり出して咲いているアジサイが、

今にも手を振りそうに見えました。

梅雨晴れ間

「梅雨晴れ間」

7月3日 むつ市 ナズナさん撮影

きのうはよく晴れて、

空き地にはタンポポモドキの群生が広がり、

モンシロチョウが、あっちにも、こっちにも。

よく見ると、モンシロチョウってこんなにきれいだった?

蜜を吸い過ぎて眠くなったか、

チョウがボケ~ッとした瞬間でしょうか。

梅雨晴れ間のひと時を撮れた気がしました。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:13時22分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2019年07月03日 (水)7月3日 今日のシャモリ


「すずなりの「キウイ」」

「すずなりの『キウイ』」

7月2日 八戸市 窪田輝雄さん

棚にすずなりのキウイがなりました。

りんごと同じように間引きをしようと思いますが、

数が減るのが惜しい気持ちがあります。

写真を撮っている間に考え中。

風が吹けば落ちていくので、

ことしはそのままにします。

「可憐な花の正体は…」

「可憐な花の正体は…」

7月2日 五戸町 川村にゃ子さん

山の畑に自生しているマタタビの花が咲く季節になりました。

大きさは2.5センチほどです。

ことしもたくさんの実がなるといいなぁ…

「早く出たい」

「早く出たい」

6月28日 青森市 じょっぱりさん

蒸し暑い天候続きだ。

蒸し暑いよう!早くすっきりの青空の祭りに出たいよう!

もう完成間近のねぶたもあり、

早く祭りに出たいと叫んでいるようでした。

「や~ さくら~」

「や~ さくら~」

7月2日 田舎館村 ボンちゃんさん

寅さんの笑顔に、見ている私もニッコリ。

スタッフの皆さんに、ことしも上手にできていますね、と

感動して帰りました。

「美しく見える花」

「美しく見える花」

6月30日 青森市 SIGEHIROさん

とても色っぽくみえます。

「とてもきれいに見える花」

「とてもきれいに見える花」

6月30日 青森市 SIGEHIROさん

黄と白できれいです。

「雲形」

「雲形」

6月30日 青森市 SIGEHIROさん

雲がたなびいた形で明るいと思います。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:14時20分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2019年07月02日 (火)7月2日 今日のシャモリ


「見つけた 五つ葉」

「見つけた 五つ葉」

6月29日 八戸 慶長良一さん

しおんの森を清掃中に見つけました。

四つ葉は見つけたことはありますが、

五つ葉は初めてなのでうれしかった。

「笹の花咲く」

「笹の花咲く」

6月30日 深浦町 木村覚志さん

十二湖散策中に笹の花が咲いているのを発見しました。

笹の花は珍しいと聞いたので投稿しました。

「夏は来ぬ」

「夏は来ぬ」

6月30日 三戸町 千葉正明さん

7月は夏の暑さの盛りに向かいます。

畑の隅のスグリ(酸塊)の実も熟すころになります。

子どものころ、まだ硬いスグリの実の酸っぱさを我慢して

食べたことを思い出します。

身震いをしながら口にすると、

暑さも吹っ飛ぶような味の記憶がよみがえります。

「廃屋」

「廃屋」

6月30日 つがる市 中野 智さん

つがる市内を見渡すと、空き家が大変目立っています。

その中で、茅葺屋根の廃屋が目に留まりました。

かつては、家族のだんらんが

営まれていただろうと推測されます。

いつ頃からだろうか、人が住まわない家となり、

朽ちていく姿に、寂しさを覚えます。

「あっ! 四つ葉のクローバー」

「あっ! 四つ葉のクローバー」

7月1日 五所川原市 じゅんちゃんさん

買い物帰り、家の近くの道端で見つけました。

よくみたら五つ葉もありました。

きょうはなんか良いことあるかな?

幸せな気持ちになりました。

「大きく育つように! 空気枕をしてやりました」

「大きく育つように! 空気枕をしてやりました」

7月1日 八戸市 窪田輝雄さん

カボチャが実りました。

梱包用に作られたクッションを敷きました。

穏やかに育ってくれると良いが…。

「畑の見張り番」

「畑の見張り番」

7月1日 八戸市 窪田輝雄さん

芙蓉の花が咲いてくれました。

真夏に咲くのは例年だが、

ことしは早期に咲き出しました。

一番背が高いから畑の「見張り番」に見えました。

「初見せです」

「初見せです」

7月1日 むつ市 ナズナさん

チッチチッチ窓の外がせわしいので見たら、

え~~見せに来たのでしょうか。

柿の木にスズメの親子3羽が並んでいました。

色の薄いのは、明らかにひな2羽だとわかりました。

風呂のボイラー小屋の片隅で、生まれたようです。

6月生まれです。

警戒心の強いスズメなのに、さり気なく木に止まっている。

親スズメの気持ちが何となく伝わって、かわいかったです。

「みんな笑顔で、こんにちわ!」

「みんな笑顔で、こんにちわ!」

6月29日 八戸市 早起きニワトリさん

どんよりと梅雨空が続く三八城公園で見かけました。

花壇の小さなヒマワリの花が笑顔いっぱいに、

こんにちわ!と声をかけてくれているようで心もスッキリ、

明るい気持ちになりました。

「私たちが守ります」

「私たちが守ります」

7月2日 青森市 津幡順二さん

消火栓を取り囲むように、花が咲いています。

何だか恥ずかしそうに、消火栓が赤くなっています。

「はまなす」

「はまなす」

6月30日 野辺地町 天間啓作さん撮影

はまなすの花と果実、見事です。

もう一回行ってみたい。雨模様の天候が似合います。

花はバラに似た紅色。きれいです。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:14時24分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2019年07月01日 (月)7月1日 今日のシャモリ


「ドラゴン襲来?」

「ドラゴン襲来?」

6月17日 弘前市 カルトーシカさん

日没前の東の空。

大きな翼を広げてドラゴンが飛んでいます。

本当にドラゴンっているんだ!

と思ってしまうような雲でした。

 「畑が明るくなるように咲く「ひまわり」」

「畑が明るくなるように咲く『ひまわり』」

6月28日 八戸市 窪田輝雄さん

種撒きと苗植えがひと段落した後、

久しぶりに畑に行ってみると、

雨の中だが「ひまわり」が咲いていました。

周りが明るくなるように咲いていました。

「天空の山 岩木山」

「天空の山 岩木山」

6月28日 五所川原市 佐藤るり子さん

このまま、天空の岩木山に向かって、

走っていけたらいいのにな…

なんてこと思っちゃいました♪

なんか、幻想的でした♪

「雨あがりのアジサイ」

「雨あがりのアジサイ」

6月29日 五所川原市 ボンちゃんさん

朝、撮影しました。

10年前、娘から母の日のプレゼントで

貰った鉢植えを地植えしたら、ことしも満開です。

2階からの眺めもいいですね。

「巨大なシャコタン」

「巨大なシャコタン」

4月13日 八戸公園 トダカズハルさん

大魔人のような巨大なシャコタン。

これが動き出したらちょっと怖いかも!?

「懐かしの桑の実」

「懐かしの桑の実」

6月29日 三戸町 千葉さ那さん

子どものころ、皆で桑の木に登って

食べた思い出があります。

桑の実を見ると田舎の郷愁を感じます。

今は、養蚕業は衰退してしまいました。

しかし、カイコ(蚕)を利用した

医療、新産業への研究が急速に進んでいます。

将来、カイコが持つ大きな可能性で、

養蚕が復活することを夢みています。

「スズメのひなが2羽育っています」

「スズメのひなが2羽育っています」

6月24日 八戸市 浪打 武彦さん

スズメは春に2度産卵します。

今回、2度目は5個卵を産んで2羽が誕生しました。

まもなく巣立ちの日が来ます。

「巣立ちした幼鳥のスズメ」

「巣立ちした幼鳥のスズメ」

6月27日 八戸市 浪打 武彦さん

巣立ちして2日目です。

親から離れ、何度も巣箱に戻ってきます。

親鳥と違い、カメラを向けても逃げません。

目がパッチリしてかわいいですね。

「ナナカマドの花」

「ナナカマドの花」

6月27日 青森市 津幡順二さん

秋になると、赤い実をつけるナナカマドの花です。

実は赤ですが、花は雪のように真っ白。

今が見頃のようです。

「雲の中の木」

「雲の中の木」

6月29日 七戸町 逸見勉さん

八甲田の山越えで青森に行く。

途中、七戸の牧場から八甲田に雲がかかっていた。

ポツンと1本の木がすごく印象的だ。

「緑地が楽園?」

「緑地が楽園?」

6月30日 青森市 ほじねさん

『まあ、きれいネ』と風にそよぐ群生を

楽しむ人がいて、その一方で

『また刈らねばまぇねナ』と

環境美化を思う人がいます。

それでもこの草は、きょうも、

あとからあとから、

花を咲かせ続けています。

「雨に濡れたハナショウブ」

「雨に濡れたハナショウブ」

6月30日 十和田市手づくり村鯉艸郷 浩二さん

午前中はなんとか天気がもったけど、

午後から雨になりました。

雨に濡れた菖蒲もなかなかでした。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:15時20分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2019年06月28日 (金)6月28日 今日のシャモリ


「レインボージェラートはいかが?」

「レインボージェラートはいかが?」

6月27日 青森市 ロングヘルプさん撮影

梅雨ですね。ポツリポツリと降りだした途端、

庭のアジサイが華やぎ始めましたよ。

「雨でもへっちゃら」

「雨でもへっちゃら」

6月27日 南部町 千葉ノラさん撮影

青森県のぶどうの栽培面積は

約330ヘクタールくらいです。

南部地方ではキャンベルアーリーの品種が

多く栽培されています。

ここのぶどう園でも、

雨よけのビニールがかけられました。

病気などを減らして品質の向上に役立つと思います。

雨よけ栽培で、甘いぶどうの生産を

計ってほしいと願っています。

「クルミの少年時代」

「クルミの少年時代」

6月27日 三戸町 千葉ななさん撮影

クルミ(胡桃)の実になったばかりの幼いクルミです。

クルミは非常に栄養価が高く

「植物性の卵」とも言われています。

縄文時代からの食料としての歴史もあります。

まだまだ、産毛が残る感じの実です。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:16時01分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2019年06月27日 (木)6月27日 今日のシャモリ


「川霧と輝く朝日」

「川霧と輝く朝日」

6月26日 むつ市 新田名部川 ちーさん

午前4時20分。お日さまが昇りきったころ、

一面に広がった川霧に光が降り注ぎ、金色に輝きました。

一瞬ですが、とても美しい光景でした。

「もう紅葉!!ツタウルシ」

「もう紅葉!!ツタウルシ」

6月24日 種差海岸 窪田輝雄さん

岩場にはりついたウルシが、赤く紅葉していました。

ヤマセの冷たい風に、岩もウルシ本体も

秋を感ぜられたかもしれません。

ことしは「ヤマセ」が長くなり、農作物も心配です。

「キラリ輝く滝」

「キラリ輝く滝」

6月25日 奥入瀬渓流 小川郁夫さん

数日続いていた雨が上がったので、

奥入瀬へ行ってみました。

銚子大滝の近くにあるのが、

十和田湖が噴火したときに流れた溶岩が冷えてできた

階段状の「板状節理」の上を流れ落ちる「九段の滝」です。

「板状節理」のブロックが脱落して

このように階段状になったと思われます。

黒々とした岩盤の上を、日ざしを受けて輝いた滝が

涼やかに流れていました。

「只今、お食事中~っ!」

「只今、お食事中~っ!」

6月26日 八甲田 田茂萢岳付近 じぃじ・スナフキンさん

八甲田ロープウェーを利用して、

田茂萢岳~毛無岱~酸ヶ湯温泉へと、

トレッキングをしてきました。

途中、「ムシカリ(オオカメノキ)」の花で、

小さな昆虫の「お食事中」に遭遇しました・・・。

何度か近付いてシャッターを切りましたが、

全く動じませんでした・・・。

よほどおいしいんでしょうねっ。

「ムラサキが目にしみる」

「ムラサキが目にしみる」

6月26日 道の駅しちのへ 逸見勉さん

今までヤマセ気味で寒い日が続いていました。

今日は天気が良く、暑いくらいでした。

道の駅へ寄ったら、歩道のラベンダーの花が

香りを漂わせて、今が盛りと咲いていました。

「川なのに見事な鏡面」

「川なのに見事な鏡面」

6月27日 十和田市 御幸橋 寺澤博幸さん

周りの草木だけでなく、奥に見える八甲田山や

空に浮かぶ曇などが水面に映って、まるで鏡のよう!

湖や沼などで、たまに見かける静かな水面に

周辺の風景が反射する“鏡張り現象”が

なんと奥入瀬川で!

「咲き誇る」

「咲き誇る」

6月25日 七戸町 天間啓作さん

バラまつり、無料開放いつもありがとう。

「1輪咲いてもバラ」

「1輪咲いてもバラ」

6月25日 七戸町 天間啓作さん

きれいです。1輪1本。重なりにぎわう。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:14時38分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2019年06月26日 (水)6月26日 今日のシャモリ


「ユスラウメ」

「ユスラウメ」

6月25日 八戸市 慶長良一さん撮影

ことしも実ってくれました。

これから食べるのが楽しみです。

「オニユリ」

「オニユリ」

6月25日 八戸市 慶長良一さん撮影

狭い庭で自己主張しております。

「龍興山道を登る…」

「龍興山道を登る…」

6月2日 八戸市 早起きニワトリさん撮影

この日は南郷島守春まつり。

初めて山頂にある神社まで登りました。

心まで洗われるような緑の美しさは、疲れを忘れさせ

とても新鮮な気持ちになりました。

「龍興山神社からの風景」

「龍興山神社からの風景」

6月2日 八戸市 早起きニワトリさん撮影

標高200mくらいだが登ると結構きつい坂道でした。

山頂神社で参拝を済ませ周辺を見ると、

まるで龍のようにまがりくねった

松の木の間から見える風景は格別でした。

「雨上がりの朝に…」

「雨上がりの朝に…」

6月25日 弘前市 長四郎公園 じぃじ・スナフキンさん撮影

ウォーキングをしている近所の公園で、

アジサイの花が色づき始めましたよっ。

梅雨入りしたはずなのに、

雨の少ない日が続いていましたが、

久々の雨で、アジサイたちも元気が出てきたようです。

これから、どんどん花色が濃くなるのが楽しみですねっ。

「毎日違う顔のヤマアジサイ」

「毎日違う顔のヤマアジサイ」

6月25日 五所川原市 ボンちゃんさん撮影

朝、撮影しました。

ヤマアジサイがことしも咲きました。

白色からピンク、赤と

毎日違うかわいい表情を見せてくれます。

「メルヘンの世界」

「メルヘンの世界」

6月25日 八戸公園 はじめさん撮影

真っ赤なバラとシャボン玉が調和して

メルヘン的な雰囲気になりました。

バラが一段と美しく見えました。

「天女の羽衣?」

「天女の羽衣?」

6月23日 青森市 ほじねさん撮影

天上から風に吹かれて舞い降りてきたかのように見えました。

初めは紫と青でしたが、やがて虹色が加わりました。

「あじさいの花」

「あじさいの花」

6月25日 五所川原市 じゅんちゃんさん撮影

あじさいの種類です。

白い葉っぱのようなのが、風にゆれて

チョウチョウが群れて飛んでいるようです。

ちょっと変わっていてかわいいです。

「青い青森の思い出」

「青い青森の思い出」

6月24日 浅虫温泉駅前 渚の金太郎さん撮影

東京に住んでいる者です。

旅行が大好きで、青森はこの10年間で4度目の訪問です。

さわやかな青い車体の青い森鉄道に乗って行った

浅虫温泉で、鮮やかな夏の青空と青い海に出会いました。

冬の青森も好きですが、

今回の訪問で、本当に青森は

夏の青色が似合う県だと実感しました。

「大岳山頂はミヤマキンバイ真っ盛り」

「大岳山頂はミヤマキンバイ真っ盛り」

6月23日 八甲田大岳山頂 米内山 久生さん撮影

午後から八甲田大岳に登ってきました。

太平洋側は小雨でぐずつく天気でしたが、

笠松峠を過ぎると青空が広がっていました。

2週間前に大岳山頂に開花していた

ミヤマキンバイがまだ咲いていました。

背景に青森市街と陸奥湾。

来週はミヤマキンバイも花期を終えていることでしょう。

まさに年に一度のシャッターチャンスに巡り会えた感じです。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:14時23分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2019年06月25日 (火)6月25日 今日のシャモリ


「6月の末に咲く、サボテンの花」

「6月の末に咲く、サボテンの花」

6月23日 八戸市 浪打 武彦さん撮影

ラグビーボールくらいの大きさの、鉢植えサボテンです。

水とか肥料とかほとんど世話が要りません。

いつもこの時期に大きくきれいに咲いて、とても目立ちます。

「赤い宝石」

「赤い宝石」

6月23日 南部町 千葉ジローさん撮影

さくらんぼは収穫の最盛期になっています。

南部地方の主力品種は佐藤錦ですが、

砂糖のように甘いと言うところから、

名前の由来にもなっています。

雨に弱いさくらんぼなので、

ビニール雨よけ栽培が主力になっています。

甘い、甘いさくらんぼが赤い宝石に見えます。

「フッサフサだぜ!」

「フッサフサだぜ!」

6月3日 青森市 沖舘川 鯛多ニックさん撮影

全身に緑の毛をまとったボラを発見!

実は傷口から徐々に藻が付着してこのような状態になったそうです。

何匹もいるんですよ。

「ハクセキレイの餌運び」

「ハクセキレイの餌運び」

6月21日 おいらせ町 オカズちゃんさん撮影

畑の雑草を刈った後にハクセキレイが飛んで来て、

くちばしいっぱいに虫をくわえてどこかに飛んでいきました。

しかし、すぐに戻って来て、くちばしいっぱいになるまで、

芋虫を捕まえて、また飛んでいきました。

近くにヒヨコがお腹をすかしている巣があるのでしょう。

忙しそうに虫を捕まえては何回も運んでいました。

「忍者か?」

「忍者か?」

6月13日 八戸市 ママりんさん撮影

散歩中、空を見上げたら送電線の点検作業をしている方たちでした。

このような方たちのおかげで、私たちが便利な生活を毎日送れるのですね。

地上から感謝の気持ちを送りたいと思います。

「ありがとうございます」

「バナナの花」

「バナナの花」

6月24日 おいらせ町 たけうまこさん撮影

おいらせ町のアグリの里に行ってきました。

温室では、バナナの花、アロエの花が咲いていました。

初めて目の前で見たバナナの花は紫系の大輪で、

アロエの花は黄色い華奢な花でした。

その他、中庭では、成長途中のブドウの房が見られました。

同園内でヤギやウサギの見学もできて、楽しい時間を過ごしました。

「アロエの花」

「アロエの花」

6月24日 おいらせ町 たけうまこさん撮影

アロエの葉は何回も見ていますが、花は初めて見ました。

黄色い花だったんですね。

「ブドウ!」

「ブドウ!」

6月24日 おいらせ町 たけうまこさん撮影

アグリの里の中庭。

成長途中のブドウの房が見られました。

数か月後には、香りの良いおいしそうなブドウの実が実るんでしょうね。

その時にまた、行ってみたいと思っています。

「三沢アメリカンデー」

「三沢アメリカンデー」

6月23日 三沢市 森山 貴文さん撮影

三沢アメリカンデーの一コマです。

用事があって通りを通っただけですが、

オブジェ?の向こうに見える長蛇の列は、

基地の中に入る人の順番待ちかな?

外人さんもいろんな国の言葉が行き交っていました。

三沢ならではの1日でした。

「梅雨寒に咲く」

「梅雨寒に咲く」

6月24日 十和田市 板橋則穂さん撮影

梅雨寒が続く県南ですが、十和田市の鯉艸郷では、

梅雨によく似合う花菖蒲が咲き始めました。

時折小雨の降る中、訪れる人の目を楽しませてくれています。

「海の朝明け」

「海の朝明け」

6月23日 平舘 百坪百姓さん撮影

平館の海に、ひらめ釣りに行って、朝4時ごろ

朝明けの空の色が海に映え、とてもきれいでパチリ1枚。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:16時08分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2019年06月24日 (月)6月24日 今日のシャモリ


「ヘビイチゴ」

「ヘビイチゴ」

6月20日 平内町 みっしょーさん撮影

散歩中に、真っ赤なヘビイチゴが

たくさん実っていました。

食べられないけど、葉っぱの緑とイチゴの赤が

とてもキレイに見えました。

「高原の放牧場」

「高原の放牧場」

6月21日 階上町 階上岳 千葉さ那さん撮影

夏至、高原の新緑はまばゆいばかりです。

八戸に住んで、初めての階上岳登山になりました。

標高510mの放牧場は、少し肌寒い感じで

一面の霧になることもあります。

放牧の牛はのんびりで、夏の到来とは言っても

まだまだ、爽やかな風が吹き渡ります。

「夕暮れ時」

「夕暮れ時」

6月3日 深浦町 大間越海岸 ホリさん撮影

日本海に沈む夕日です。

田植えの苗を運んで、仕上げを急いでいるうちに

日が暮れてきました。

沿岸ですから、これから収穫まで

塩害にも注意が必要です。

「「四つ葉のクローバー」!!幸運があるかな?」

「『四つ葉のクローバー』!!
 幸運があるかな?」

6月22日 種差海岸 葦毛崎 窪田輝雄さん撮影

NHKの番組「チコちゃんに叱られる」の放送で

クローバーの「四つ葉が出来るのは」

芽がたまに傷ついて、出来るから!!となっていたが

この写真は株があるようです…

毎年、同じ場所に見られるから。

縞模様が有るのと、無いのと株が同じかわかりません。

「遊歩道の側に「ニョッキ!!」と生えて!」

「遊歩道の側に
 『ニョッキ!!』と生えて!」

6月22日 八戸市 種差海岸 中須賀 窪田輝雄さん撮影

ハマウツボです。オトコヨモギに寄生して成長する。

葉はない。ことしは群生している所もあり、にぎやかです。

色が紫色で神秘的です。

「オリンピック ばら」

「オリンピック ばら」

6月20日 七戸町 じょっぱりさん撮影

バラ園には50種のバラが、赤・白・黄色と

色とりどりに各種のバラがカラフルに咲いている。

この中に「オリンピックファイヤー」の真っ赤なバラが

来年のオリンピックを祝しているかのようです。

「ダンサードレス?」

「ダンサードレス?」

6月23日 青森市 ほじねさん撮影

知人が分けてくださった朝顔が、開花しました。

おもしろい花が咲くと聞いていました。

まるでダンサーのドレスのようです。

「海岸の岩場の「スカシユリ」開花!!」

「海岸の岩場の『スカシユリ』開花!!」

6月22日 種差海岸 中須賀 くぼやんさん撮影

雨の海岸「遊歩道」の側に

早めの時期に「スカシユリ」がポツンと咲いていました。

潮風がかかって、気温が上がっていないのに

条件が整っているのだろうか?不思議だ?

「収穫は少し早め」

「収穫は少し早め」

6月23日 南部町 千葉正明さん撮影

青森県が全力で育成したサクランボの新品種

「ジュノハート」が収穫間近です。

名前の由来の幸運の女神になってほしいと思います。

ブランド化のためにも栽培の努力を期待します。

ジュノハートを食べるには、まだ少し早めでした。

「スキッとした気分」

「スキッとした気分」

6月23日 南部町 千葉か緒さん撮影

5月10日頃、花が満開のふじのりんごです。

実すぐり作業が終わって、選抜された実だけが残って

スキッとなりました。

これからは袋掛け作業になります。

生育が順調なので、秋には立派な

ふじのりんごになると思います。

「ひげのような花」

「ひげのような花」

6月23日 青森市 津幡順二さん撮影

遠くから見ると、白いひげのように見える花。

このひげのように見える長い花は、栗の雄花です。

秋には、おいしい実を付けてくれるでしょう。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:14時37分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


ページの一番上へ▲