2020年06月24日 (水)6月24日 今日のシャモリ


明るい太陽

明るい太陽

6/16 青森市・浅虫地区 SIGEHIROさん

天気が良く、明るかったです。


調和

調和

6/21 七戸町・大坪川渓流 天間啓作さん

今年も、いい景色、いい流れ、いい緑。
楽しいドライブに、癒された1日。


夜明け前の八甲田連山と三日月

夜明け前の八甲田連山と三日月

6/18 弘前市松原西の自宅ベランダ 浩子さん

朝、4時前に目が覚めて空を見たら、とても美しい空の色。
白い三日月と一緒に神秘的でした。
3月に東京から転勤してきたのですが、
山の美しさに元気をもらうことが多いです。


岩木山~雲海

岩木山~雲海

6/23 板柳町・岩木川河川公園 トクちゃんさん

23日、夕方の事です。
薄っすらと、雲海が見えました。
地面には、赤色のツツジの花が咲いていました。


どんぐりの少年時代

どんぐりの少年時代

6/23 三戸町蛇沼 千葉ジローさん

山林のナラの木は、秋にたくさんのどんぐりの実をつけます。
そして、春には芽を吹いて幼木の少年時代を過ごします。
競い合って育ち、森のナラの大木を目指します。


神秘的な川の色

神秘的な川の色

6/21 むつ市恐山 ナズナさん

エメラルドブルーかグリーンかターコイズブルーか。
恐山の三途の川から流れる大畑町正津川の源流です。
恐山のわき道に入ると、この青い川にハッとさせられます。
川底から硫黄が流れているのか寒い日は、
湯気が立っているようにもみえます。
硫黄と光の屈折が、この川の色を生み出すのでしょうか。

恐山駐車場のすぐそばです。のぞいてみませんか。


一日花

一日花

6/19 つがる市・ベンセ湿原 ボンちゃんさん

19日、つがる市ベンセ湿原で撮影しました。
朝咲いて夕方にはしぼんでしまう
ニッコウキスゲの一生を、この一本から感じました。


寒立馬にふられた日

寒立馬にふられた日

6/14 東通村・尻屋崎 ナズナさん

この日はニッコウキスゲと寒立馬。
そんな思いで尻屋崎に行ったのですが、
お目当ての寒立馬は1頭もいなくて、がっかりしました。
でもまだ早いと思っていたスカシユリに出会いました。
海岸のこの位置に咲いているのは、珍しい気がしますが、
暖冬のせいでしょうか、
寒立馬には、会えなかったけれど、
スカシユリに癒された、ふわっと嬉しい写真です。

スカシユリの似合う場所

スカシユリの似合う場所

スカシユリには岩が似合いますね。
去年まではよじ登ったんですが、今年はやめました、、。
下から見上げれば、ああ、高嶺の花ですね。

見つめる先は北海道でしょうか。
崖の先端がなんとなく馬の鼻ずらに見えました。


カラスの行水

カラスの行水

6/17 八戸市鮫町・種差海岸 ウンランさん

種差海岸の磯たまりでカラスが行水。短い入浴を「カラスの行水」のようだと言いますが、実際にカラスの行水は初めて見ます。小さな磯たまりでは満足できなかったのか、大きな磯たまりに移動してました。

仲良く身繕い

仲良く身繕い

小さな岩の上、ウミネコとウが並んで身繕い中。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:14時39分


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲