2019年08月05日 (月)8月5日 今日のシャモリ


「金魚ねぶたのノレン」

「金魚ねぶたのノレン」

8月2日 青森市 廣田神社 はなちゃんのばあやさん

青森市でもきょうからねぶたが始まります。

ここの神社では鳥居に

金魚ねぶたのノレンができていました。

「陸奥湾の夕景」

「陸奥湾の夕景」

7月31日 野辺地 十符ヶ浦海水浴場 さくらさん

夕景を撮りに海辺に行ったら

ウインドサーフィンを見つけてパチリ。

梅雨明けの北国にも短い夏がやってきた。

「大きく開く「スパイダーリリー」」

「大きく開く『スパイダーリリー』」

8月3日 八戸市 窪田輝雄さん

ことしも大きく開いてくれました。

バックのマリーゴールドの黄色と

スパイダーリリーの白色と対比するため、鉢を動かしました。

長く繊細な花びらは独特の持ち味ですね。

「松の葉をかわして咲く鬼百合」

「松の葉をかわして咲く鬼百合」

8月3日 十和田市 相馬敏光さん

松の根元に植えてある2本の鬼百合が、

急な暑さに応えてすくすくと伸びて、

松の枝をかわして咲き始めた。

無数の黒斑点になつかしさを覚え、

雄蕊の葯に触れないようにのぞき込んだ。

「ひまわり、咲き始めました」

「ひまわり、咲き始めました」

8月3日 八戸市 ブレイズいのちさん

満開時は、一面ひまわりが咲くところ。

もうすぐ本番です。

「やっぱり おばけ畑」

「やっぱり おばけ畑」

7月31日 八戸市 ジョニ男ババさん

またまた、こんなのを収穫しちゃいました。

きゅうり、2本くっついちゃっています。

やっぱりわが家の畑は、おいしいおばけがいっぱいいます。

「ことしも咲きました。古代ハス」

「ことしも咲きました。古代ハス」

8月4日 八戸市 対泉院 てっちゃんさん

明け六つの鐘を聞きながら、

日中の暑さを忘れさせる

古代ハスの美しさに見惚れてきました。

「夜空を泳ぐ金魚たち」

「夜空を泳ぐ金魚たち」

8月2日 青森市 廣田神社 水色みかんさん

神社の鳥居にライトアップされた、金魚ねぶたたち。

まるで夜空を泳ぐ金魚の群れのようで、

幻想的で美しい光景でした。

「パイナップルのよう」

「パイナップルのよう」

8月3日 八戸市 浪打 武彦さん

下から上に向かって咲き出し、

てっぺんには葉があり、

まるでパイナップルみたいになることから、

パイナップルリリーと呼ばれています。

丈夫で株も増えます。

「ポマト」

「ポマト」

8月3日 八戸市 慶長良一さん

ポマトはジャガイモとトマトの交配で

出来ると教えて頂いた。

ジャガイモは収穫期で葉は枯れているが、

茎には青いままのポマトが残っていました。

「出穂」

「出穂」

8月4日 三戸町 千葉正明さん

稲の出穂の時期です。

このひとつひとつの花は、

たった2時間くらいしか咲きません。

その間に受粉を終えなければなりません。

花の命は短く、ほんのわずかな時間です。

天候に恵まれればよいと願っています。

この地域はつがるロマン、まっしぐらの品種が多いです。

「かぐや登場」

「かぐや登場」

8月4日 五所川原市 さんぽまんさん

五所川原立佞武多のことしの新作「かぐや」が

姿を現す瞬間を撮影しました。

五所川原の皆さんの心のように雲一つない空の下、

月に帰るかぐや姫の美しくも壮大な姿に感動しました。

「昔、懐かしい「オジギソウ」 」

「昔、懐かしい『オジギソウ』」

8月4日 八戸市 くぼやんさん

子どもの頃、夏の休みに実家に帰ると

咲いていた花である。

懐かしくも不思議な花である。

触ると葉が萎んでいくので

孫たちも来ると触って楽しんでいる。

「ひまわりの花は東向きがほとんどだそうです」

「ひまわりの花は東向きがほとんどだそうです」

8月4日 つがる市 成田悦雄さん

「ひまわり」の花は

太陽の動きを追うように回ると思っていました。

調べてみますと、つぼみが小さいうちは

そうらしいのですが、完全に開いた花は

基本的には東を向いたままがほとんどのようです。

いずれにしても、開畑地域での広大なひまわり畑は珍しく、

道行く人の目を楽しませてくれていますが、

地力増進も目的の1つだとのこと。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:15時54分


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲