2019年04月12日 (金)4月12日 今日のシャモリ


「春うらら」

「春うらら」

4月10日 青森市 新中央埠頭 津幡順二さん撮影

爽やかな雲が漂う、穏やかな1日でした。

今度こそ本当に、春が来たようです。

 

「のびのびと大きく美しく」

「のびのびと大きく美しく」

4月10日 青森市 ほじねさん撮影

生け垣の新芽の成長が、

ねぶたの跳人や沖縄のカチャーシー、

徳島の阿波おどりの演舞に見えました。

 

青ねぶた?

「青ねぶた?」

4月10日 青森市 ほじねさん撮影

手入れした庭木が、

白ねぶたならぬ緑色の和紙を貼った

ねぶた作品に見えました。

 

「かわいいエナガ」

「かわいいエナガ」

4月10日 深浦町 十二湖・長池 ホリさん撮影

丸い体で、ふっくらとしたやわらかそうな毛並みに

長い尾を持つ小さな鳥。

エナガ(柄長)です。

十二湖の池の端でおにぎりを食べて休んでいたら、

2羽で近くに来て、遊んでくれました。

恋の季節なんですね。

 

「海風に吹かれて『キクザキイチゲ』が満開」

「海風に吹かれて『キクザキイチゲ』が満開」

4月11日 種差海岸 釜の口 窪田輝雄さん撮影

種差海岸も花が多くなっています。

フクジュソウ、タンポポ、フグリやフキノトウに続き

「イチゲ」が咲き出しました。

辺りの茶色の中に白や紫のイチゲが咲くと、

海岸も華やかになります。

 

「ようやく来た静かな春の朝」

「ようやく来た静かな春の朝」

4月11日 板柳町 鬼武芳治さん撮影

三寒四温といいますが、

悩ましい日々が続きました。

子どもたちの入学式や新学期も始まり

津軽にも暖かい春が来ましたね。

 

「『キクザキイチゲ』の白色や紫色が鮮やか!!」

「『キクザキイチゲ』の白色や紫色が鮮やか!!」

4月11日 種差海岸 釜の口 窪田輝雄さん撮影

普通「キクザキイチゲ」は白色なので付近を見ると、

ピンクや紫色の花びらのものがある。

葉は同じなので土が違うか?品種が違うのか?

いずれにせよ、鮮やかな花を眺めるのは楽しくなる。

 

「ちっちゃい春めっけ~」

「ちっちゃい春めっけ~」

4月10日 青森市 ほじねさん撮影

この花壇は、日当たりが良いのでしょう。

花丈が10センチほどのチューリップが健気に咲いていました。

かわいかったです。

 

「春らしく」

「春らしく」

4月12日 つがる市 中野 智さん撮影

ようやく春らしい装いを見せてきた

流麗な津軽富士の姿です。

狄ヶ館溜池にも農業用水が満々と湛え始めました。

収穫の秋を目指して、農家の皆さんは、

夜明け前から作業に精を出しています。

新年号「令和」が希望に満ちた年代であることを

願ってやみません。

 

「泳ぎ始めたこいのぼり」

「泳ぎ始めたこいのぼり」

4月12日 青森市 柿崎孝治さん撮影

青森ベイブリッジ手前、

本町のしあわせプラザでこいのぼりが泳ぎ始めています。

風がほとんどありませんが、頑張って泳ごうとしています。

5月に向けて頑張れ!

 

「土手の水仙、誰が植えたの?」

「土手の水仙、誰が植えたの?」

4月12日 藤崎町 じぃじ・スナフキンさん撮影

朝起きたら、窓から見える岩木山が、

くっきり、はっきりで、

とてもきれいだったので、

写真を撮りにでかけました。

藤崎町の白鳥飛来地の土手では、

水仙の花が咲き始めていましたよ。

暖かい日ざしの中、

まったりとしたい気分になりました。

しかし、あちらこちらに水仙の株がありますが、

誰が植えたんでしょうね?

 

「青空に向かってにょきにょき!!」

「青空に向かってにょきにょき!!」

4月12日 新青森県総合運動公園
はなちゃんのばあやさん撮影

ウォーキング中、

土手にツクシが青空に向かって整列していました。

 

「八甲田山の残雪」

「八甲田山の残雪」

4月10日 青森市 SIGEHIROさん撮影

もう春なのにまだ白く残る雪。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:13時58分


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲