2019年03月29日 (金)3月29日  今日のシャモリ


「ぎょ!新種の生物?それとも宇宙人?」

「ぎょ!新種の生物?それとも宇宙人?」

3月28日 黒石市 鬼武芳治さん撮影

黒石スポカルのトレーニングに行き、

途中の畑にとっても気になる光景があり、

思わず止まってしまいました。

よく見たら農家さんが何かに使う

ビニールのヒモが結んでありました。

 

「北限のヤブツバキ」

「北限のヤブツバキ」

3月28日 平内町 スガさん撮影

大正11年10月12日に国から天然記念物として指定された

約20ヘクタールに群生する大小約1万本のヤブツバキは、

北緯41度のここ椿山をもって北限となっている。

開花期は4月下旬から5月上旬とされているが、

暖冬のせいかことしはすでに満開となっている。

 

「おててつないで」

「おててつないで」

3月21日 青森市 桜川 太郎さん撮影

「手をつないで白鳥がこっちに飛んで来る!」。

急いでシャッターを切りました。

住宅地の川で冬を越す白鳥たち。

まだ青森にいたんですね。

早く暖かい春になってほしいと思う半面、

この寒さが続いて白鳥が

シベリアへ帰らないでほしい…という気持ちも。

フクザツです。

 

「春の共演」

「春の共演」

3月26日 青森市 青森のじじさん撮影

ここ数日雪が降り、それがとけるの繰り返しが続いています。

わが家の日当たりのよい庭の片隅では

福寿草とクロッカスがきれいに咲いています。

春の訪れは本当に気持ちのいいものですね。

 

「旅立ちの準備」

「旅立ちの準備」

3月28日 平内町 スガさん撮影

白鳥の飛来地として有名な平内の浅所海岸に、

きょうは4羽しかいなかった。

残り少なくなった白鳥が、

少し寂しそうに北帰行の準備をしていた。

 

「椿山の水芭蕉」

「椿山の水芭蕉」

3月28日 平内町 スガさん撮影

暖冬のせいか夏泊半島にはすでに春が到来しました。

水芭蕉が咲き始めました。

まもなくヤブツバキが満開になるでしょう。

 

「川は鏡」

「川は鏡」

「川は鏡」

3月29日 新田名部川 ちーさん撮影

地面にはうっすら雪が残る3月29日。

朝日は雲に隠れながらも輝き、そして川は鏡となり、

美しい光を2倍楽しませてくれました。

美しい朝の光から少し視線をずらすと、

今度は青い空と木々がきれいに映っていました。

 

「七色の帯が見える 虹」

「七色の帯が見える 虹」

「七色の帯が見える 虹」

「七色の帯が見える 虹」

3月25日 青森市 SIGEHIROさん撮影

小雨が降って、明るいなぁと思ったら虹が見えたので撮影しました。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:14時28分


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲