2019年03月07日 (木)3月7日 今日のシャモリ


「陸奥湾に沈む夕日」

「陸奥湾に沈む夕日」

3月5日 平内町土屋 北のヤマドリさん撮影

夕方、国道4号を平内町方面から浅虫方面に進行中、

ホタテ広場の手前あたりで、陸奥湾(鴎島)の上に沈む夕日を発見。

急遽車を空き地に止めて撮影しました。

 

「進路は北だ!」

「進路は北だ!」

3月6日 蓬田村 ロングヘルプさん撮影

不意に陽がかげった気がして振り返ったら、

頭上をオナガガモの大群が覆いつくしていました。

道中の安全を祈ります。

 

「なーんだ!」

「なーんだ!」

3月6日 弘前公園 ピッピマン北城さん撮影

堀の氷がとけて鯉が現れました。

いつも餌をくれる人は鯉たちも分かっています。

久しぶりに人間を見て、とりあえず口を開けてエサをねだってみますが、

くれないと分かれば、プイっと横を向いて去っていきます。

「手ぶらだと 分かればお茶も 出てこない」これは私の句です。

 

「夕日を受けて黄金色に輝く雪面」

「夕日を受けて黄金色に輝く雪面」

3月3日 八甲田大岳 米内山 久生さん撮影

快晴の日曜日に八甲田大岳に登ってきました。

下山中に、夕日を受けて、まるで伝統的な焼き物のように

黄金色に輝いている雪面に会いました。

日中とけかけた雪面が、夕方の気温の低下で表面が凍り、

夕日を受けて輝いていました。

風の流れでできた曲線が雪とは思えないほどとてもきれいでした。

 

「黄金に輝く雪面」 

「黄金に輝く雪面」

3月3日 八甲田大岳 米内山 久生さん撮影

主役は樹氷ではなく、夕日を浴びて黄金色に輝く雪面です。

見事な曲線と陶器のような輝きには驚きました。

自然がつくる造形美はとても不思議です。

 

「八甲田の白ベコ」

「八甲田の白ベコ」

3月3日 八甲田山 百坪百姓さん撮影

晴天に誘われ、友人と初めて樹氷の山へ行きました。

見渡す限りの銀世界、これぞ日本一の樹氷に、

地元の人間として誇らしげに眺めていると、

目の前に、神の使いのような真っ白な樹氷の白ベコが目に映り、

あまりの美しさ、すばらしさにわぁ~っと驚くばかりでした。

 

「冬のゴンドラ」

「冬のゴンドラ」

3月3日 八甲田山 百坪百姓さん撮影

樹氷を見たくてゴンドラに乗ったら、

観光客、スキー・スノーボードを滑る人、

外国人、江戸弁、津軽弁等々・・・多くの方が

自分の地元八甲田山 酸ヶ湯温泉に

来てくださっていることに、無言で感謝。

油断から事故や遭難に遭わないよう心から願う一幕でした。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:14時04分


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲