2019年02月25日 (月)2月25日 今日のシャモリ


「春が来た」

「春が来た」

2月22日 弘前市相馬地区 ふじりんごさん撮影

先日、お蕎麦屋さんの雪の庭に十数本の

「まずさく」という「万作」の花が咲いていました。

黄色い細長いひも状の花弁がきれいに咲きそろい、

春の訪れを実感しました。

 

「第2陣飛来、『遠路はるばる御苦労様』」

「第2陣飛来、『遠路はるばる御苦労様』」

2月23日 八戸 蕪島 窪田輝雄さん撮影

うみねこの飛来が2月初旬より「第2陣」となります。

長旅ご苦労様でした。

以前、とまっていなかった「定番のフェンス」の場所に

1列に並んでいました。

 

「「うみねこ」の乱舞!!」

「『うみねこ』の乱舞!!」

2月23日 八戸 蕪島 窪田輝雄さん撮影

餌を採りに海へ・・・

まだ早朝と午前、午後の3、4回島にはいません。

一斉に飛立ちが見られます。

だんだん、島にいるのが長くなって産卵を迎えます。

 

「ようこそ!!『ウミネコさん』第2陣」

「ようこそ!!『ウミネコさん』第2陣」

2月23日 八戸市鮫町 蕪島 窪田輝雄さん撮影

火災で再建設中の「蕪嶋神社」をバックにして

エサ取りに一斉に「飛立つ様」を撮ることができました。

1日の中で数回見られます。

帰るところは三々五々ですが、飛立つ様は圧巻です。

 

「陽気に誘われて」

「陽気に誘われて」

2月23日 深浦町 大間越 福寿草公園 ホリさん撮影

連日好天が続いたので、まだ早いとは知りながらも、

様子を見に行ったら、この親子(?)だけ顔を出していました。

海岸の近くなので、暖流の影響もあるのでしょう。

土の匂いも感じられる初々しさです。

 

「太宰が光り輝く終着駅」

「太宰が光り輝く終着駅」

2月23日 津軽鉄道津軽中里駅 週末カメラマンさん撮影

津軽鉄道の津軽中里駅で行われた文豪 太宰治生誕110周年イベント

「光がつなぐ太宰と津軽in中泊」の企画です。

駅構内に太宰や津鉄の車両をかたどったイルミネーションが輝き、

静かな終着駅が華やいだ雰囲気に

ちょうど入線した列車の光とも共演し、すてきな夜景を見られました。

 

「春近し」

「春近し」

2月23日 青森市 津幡順二さん撮影

桜の枝の向こうに大きな雪ダルマ!季節は春へ向かっています。

 

「春に向かって…」

「春に向かって…」

2月23日 おいらせ町 下田公園間木堤 早起きニワトリさん撮影

朝から風もなく穏やかでした。

朝日を浴びて青空高く飛び立った白鳥の群れは、

とても優雅で力強く、春に向かっていくようでした。

 

「八甲田山に向かって万歳する白鳥」

「八甲田山に向かって万歳する白鳥」

2月24日 青森市 たまごタケさん撮影

快晴の日曜日、朝日が昇る時間に、

八甲田山が神々しく見えたのか

白鳥が山に向かってバンザ~イしていました?

 

「春の兆し」

「春の兆し」

2月24日 弘前市富士見町 ずんださん撮影

冬の終わりに咲くシナマンサクです。

日本のマンサクよりも黄色が濃くて、

枯葉が枝に残っているのが特長です。

春も少しずつ近づいているようで嬉しくなりました。

 

「青森市にも春が!!」

「青森市にも春が!!」

2月24日 新青森県総合運動公園 はなちゃんのばあやさん撮影

いつものウォーキングコースで最初に咲く花がこのマンサクです。

ことしはちょっと早めに花をつけていました。

青森市にも確実に春が来ています。

 

「もうすぐ3月 春を呼ぶ花」

「もうすぐ3月 春を呼ぶ花」

2月24日 自宅 浪打 武彦さん撮影

育てて6年になる洋ラン、デンドロビュームです。

かわいく、めおとで咲いてくれました。

もうすぐ雛祭り、春近しですね。

 

「蔦沼にブラックホール!?」

「蔦沼にブラックホール!?」

2月23日 十和田市 ジーナさん撮影

蔦沼は、シーズン中のにぎやかさとは別世界、

全面結氷して白く静寂に包まれています。

その湖面の一角に丸い穴が開いている、

まるでブラックホールみたい!?

ちょうどこの下が蔦沼の水源で水が湧き出しているんですね。

蔦の森を気持ちよくスノートレッキングしてきました。

 

「あ!お岩木やま。雪」

「あ!お岩木やま。雪」

2月24日 自宅 鬼武芳治さん撮影

雪もとける陽気になりましたね。

冬に吹かれた窓ガラスを2階の屋根に出て掃除しました。

青森に来て8年、祖父の建てた家は西側に窓がありません。

わが家から岩木山は見えないと思っていましたが、

なんと!屋根に出れば見えました。

これから毎朝窓から乗り出して、岩木山を拝むことにします。

 

「思い出の十鉄(とうてつ)三沢駅」

「思い出の十鉄(とうてつ)三沢駅」

2月24日 十和田観光電鉄三沢駅 週末カメラマンさん撮影

鉄道廃止後も行き交う人々を見守ってきた

駅舎がもうすぐ取り壊しになります。

十和田市に住んでいた頃、

電車に乗る前に利用していた駅そば屋で懐かしさに浸り、

最後の記念に撮影しました。

 

「1か月も早い渡り」

「1か月も早い渡り」

2月24日 つがる市 中野 智さん撮影

いつもより1か月も早い『白鳥と雁』の渡りです。

こんなに早い時期に狄ヶ館溜池で見ることは、ありませんでした。

寒波の後の暖気が続き、溜池の氷もとけて水面が現れ、

そこに『白鳥と雁』が休息していました。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:13時34分


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲