2019年02月14日 (木)2月14日 今日のシャモリ


 「しばらく雪が消えない『葦毛崎』」

「しばらく雪が消えない『葦毛崎』」

2月13日 八戸市 種差海岸 葦毛崎 窪田輝雄さん撮影

葦毛崎展望台の冬景色、ことしは雪が消えません。

気温が低く、毎晩少々の降雪があり、

例年は消えますがことしは消えません。

展望台は戦中時代「レーダー」が設置されていたという。

戦後は塀が造られ「展望台」として使用している。

 

「天からの恵み」

「天からの恵み」

2月13日 鶴田町 佐藤るり子さん撮影

まだまだ寒い日が続く中、雪をまといながらも、

秋の実りのために、りんごの木たちが、

一斉に、天からの恵みを受けているように思えました♪

 

「威嚇」

「威嚇」

2月3日 むつ市 ナズナさん撮影

オジロワシの幼鳥です。

餌をめぐってカラスに威嚇するのですが、、、?

あまり効き目がないようです。

ここは川内川の中州を平らに削っている工事現場。

日曜が休みのようで、この日ばかりは、

いろいろな鳥の姿を見ることができます。

 

「気分はジャイアン」

「気分はジャイアン」

2月3日 むつ市 ナズナさん撮影

川内川で頑張っているオジロワシの幼鳥です

この羽を広げた状態でしばらく威嚇。

ドラえもんのジャイアンに似て、かわいかったです。

カラスに通じればいいのにね~~。

 

「がんばるオジロワシ」

「がんばるオジロワシ」

2月3日 むつ市 ナズナさん撮影

いくら脅かしても、逃げないカラス。

でもガンバル、オジロワシ。

これは何?この紋所が目に入らぬか?でしょうか。

カメラには、すごくカッコ良く見えるんですけど、

ガンバレ、ガンバレとオジロワシの幼鳥でした。

川内川は工事中で、日曜だけはお休み。

お天気に恵まれれば鳥たちのいろいろな姿が見られますが、

鳥が帰る季節も近いです。

 

「静寂の小岳樹氷群」 

「静寂の小岳樹氷群」

2月11日 北八甲田仙人岱 米内山 久生さん撮影

三連休の最終日、ことし初の八甲田大岳登頂に挑戦しました。

登山の途中に振り返ると小岳の樹氷が静寂の中にきれいに見えました。

足跡も全くなく,まるで絵画を見ているようでした。

 

「氷の国の熱帯魚」

「氷の国の熱帯魚」

2月14日 自宅庭 ベルちゃんさん撮影

寒い雪国のツララの間を、南国の魚が泳ぐ。

すてきだと思いませんか⁉️

 

 「外は冬けれども家(うち)は春」「外は冬けれども家(うち)は春」「外は冬けれども家(うち)は春」

「外は冬けれども家(うち)は春」

2月7日 自宅 齊藤 清一さん撮影

昨年よりひと月遅れで咲きました。

3年前に東京にいる娘から、

ばあちゃんにと送られてきた枝垂れ梅です。

ようやくことしも咲いてくれました。

90歳になるばあちゃんも喜んでいます。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:14時55分


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲