2018年05月02日 (水)5月2日 今日のシャモリ


夕闇の中で じょっぱりさん

「夕闇の中で 」

2018年4月30日 青森市青森港 じょっぱりさん

日没後、かすかに夕焼けの赤みがかった空に一筋の赤い線、青森港に入港した最大の客船で13万超トンの巨大客船「MSCスプレンディダ」号、夕闇の中汽笛を鳴らし出航していった。


ヒバ林の妖精ヒメホテイラン 花一匁さん

「ヒバ林の妖精ヒメホテイラン 」

2018年4月30日 五所川原市金木町 花一匁さん

ヒメホテイラン(姫布袋蘭)はヒバ林の樹林下に自生する山野草です。唇弁が布袋様のお腹に似るのが和名の由来だとか。淡い紅紫色で高さ10cmほどの可愛いラン科の花に、毎年4月下旬に出遭えるのを楽しみに今年も入山しました。感動のワンカットです。


一期一会の旅岬  ナズナさん

「一期一会の旅岬」

2018年4月29日 東通村尻屋崎 ナズナさん

今尻屋崎には北海道やシベリヤに向かう鳥たちが、たくさん来ています、、大型の鳥ではノスリ、ハイタカ、オオタカなど中型はイスカやヒヨドリ、小型はノビタキやミソサザイ、など、野鳥の会の方の目には40種類の鳥をこの日見たそうです、私は中型の鳥が海面すれすれに飛んでいくのが見えました、写真はノビタキの雄と、寒立馬、別れを惜しんでいるのでしょうか、とてもいい雰囲気でしょ!


めんこい春 ナズナさん

「めんこい春 」

2018年4月29日 東通村尻屋崎 ナズナさん

今尻屋崎には、気を付けて歩かないと踏んずけてしまいそうな、小さな花がいろいろ咲いています、よく見ると、とても可愛いです。写真は、手前がフデリンドウ、次がアズマギク、黄色がキジムシロ。花博士と仲間から呼ばれている人に教わりました、メンコい花がたくさんの尻屋崎、いつ来ても楽しいです。


馬の目線の春 ナズナさん

「馬の目線の春」

2018年4月29日 東通村尻屋崎 ナズナさん

尻屋崎の草原は馬の糞もたくさんですけど、よく見ると、とても可愛い花がたくさん咲いているんです。馬が草を食んでいる、目線を追うとほら、可愛い花が、あっちにもこっちにも、、馬は、草だけ食べているみたいです、可愛い花には弱いのかもね!写真はフデリンドウ、アズマギク、キジムシロです。


たらの芽と青空  齊藤玲子さん

「たらの芽と青空」

2018年4月28日 八戸市 自宅の庭 齊藤玲子さん

春になると毎年出てくるたらの芽。青空に向かってまっすぐ伸びていました。採るときは棘に気をつけながら、摘み取り今年もさっそくてんぷらにしていただきました。あとは軽くゆがいて水にさらし、酢味噌あえでもいただきました。美味しかったですよー。


八重桜の開花  柿崎孝治さん

「八重桜の開花」

2018年5月1日 三内丸山遺跡駐車場付近 柿崎孝治さん

5月に入り県内の桜も葉桜となりました。三内丸山遺跡付近の八重桜も開花したようです。ピンク色の花びらがきれいです。


八重桜 観賞 旅人さん

「八重桜 観賞」

2018年5月1日 八戸市 こどもの国 旅人さん

八戸市こどもの国でソメイヨシノが散り、八重桜が満開できれいでした。


おさるさんのお出迎え  ナンシー・リマ・菊池さん

「おさるさんのお出迎え 」

2018年4月29日 五戸町新郷間木の平 二の倉ダム付近 ナンシー・リマ・菊池さん

五戸町新郷間木の平、水芭蕉群生地への途中、二の倉ダム付近で、お猿さんと出会い?このあたりで猿を見かけること、この辺にいることが不思議な感じでした。逃げるわけでもなく木の陰からお互いに顔合わせ?かわいいかったです。


夜が明けたと思うべな  ほじねさん

「夜が明けたと思うべな」

2018年5月2日 青森市赤坂 戸山団地 緑地花壇 ほじねさん

冬の間は、除雪の巨大山脈に埋もれて、ずうっと真っ暗な夜を暮らしていたチューリップ達も、雪が消えて芽を出し花を咲かせました。長かったねぇ~。


スギナのお布団で!! はなちゃんとのんちゃんのじいやさん

「スギナのお布団で!!」

2018年5月2日 新青森県総合運動公園外周の道路端 はなちゃんとのんちゃんのじいやさん

公園外周の道路わきにスギナが群生していて、その中に一本のつくしんぼが包まれるように顔を出していました。季節は夏に向かって進行中です。


再会 ピースさん

「再会」

2018年5月1日 青森市平和公園 ピースさん

今年もまた逢えたネって‼ 問いかけました。爽やかな風にしのばせ、素敵な笑顔を返してくれました。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:16時11分


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲