シャモリ-青森の写真-

2019年06月26日 (水)6月26日 今日のシャモリ


「ユスラウメ」

「ユスラウメ」

6月25日 八戸市 慶長良一さん撮影

ことしも実ってくれました。

これから食べるのが楽しみです。

「オニユリ」

「オニユリ」

6月25日 八戸市 慶長良一さん撮影

狭い庭で自己主張しております。

「龍興山道を登る…」

「龍興山道を登る…」

6月2日 八戸市 早起きニワトリさん撮影

この日は南郷島守春まつり。

初めて山頂にある神社まで登りました。

心まで洗われるような緑の美しさは、疲れを忘れさせ

とても新鮮な気持ちになりました。

「龍興山神社からの風景」

「龍興山神社からの風景」

6月2日 八戸市 早起きニワトリさん撮影

標高200mくらいだが登ると結構きつい坂道でした。

山頂神社で参拝を済ませ周辺を見ると、

まるで龍のようにまがりくねった

松の木の間から見える風景は格別でした。

「雨上がりの朝に…」

「雨上がりの朝に…」

6月25日 弘前市 長四郎公園 じぃじ・スナフキンさん撮影

ウォーキングをしている近所の公園で、

アジサイの花が色づき始めましたよっ。

梅雨入りしたはずなのに、

雨の少ない日が続いていましたが、

久々の雨で、アジサイたちも元気が出てきたようです。

これから、どんどん花色が濃くなるのが楽しみですねっ。

「毎日違う顔のヤマアジサイ」

「毎日違う顔のヤマアジサイ」

6月25日 五所川原市 ボンちゃんさん撮影

朝、撮影しました。

ヤマアジサイがことしも咲きました。

白色からピンク、赤と

毎日違うかわいい表情を見せてくれます。

「メルヘンの世界」

「メルヘンの世界」

6月25日 八戸公園 はじめさん撮影

真っ赤なバラとシャボン玉が調和して

メルヘン的な雰囲気になりました。

バラが一段と美しく見えました。

「天女の羽衣?」

「天女の羽衣?」

6月23日 青森市 ほじねさん撮影

天上から風に吹かれて舞い降りてきたかのように見えました。

初めは紫と青でしたが、やがて虹色が加わりました。

「あじさいの花」

「あじさいの花」

6月25日 五所川原市 じゅんちゃんさん撮影

あじさいの種類です。

白い葉っぱのようなのが、風にゆれて

チョウチョウが群れて飛んでいるようです。

ちょっと変わっていてかわいいです。

「青い青森の思い出」

「青い青森の思い出」

6月24日 浅虫温泉駅前 渚の金太郎さん撮影

東京に住んでいる者です。

旅行が大好きで、青森はこの10年間で4度目の訪問です。

さわやかな青い車体の青い森鉄道に乗って行った

浅虫温泉で、鮮やかな夏の青空と青い海に出会いました。

冬の青森も好きですが、

今回の訪問で、本当に青森は

夏の青色が似合う県だと実感しました。

「大岳山頂はミヤマキンバイ真っ盛り」

「大岳山頂はミヤマキンバイ真っ盛り」

6月23日 八甲田大岳山頂 米内山 久生さん撮影

午後から八甲田大岳に登ってきました。

太平洋側は小雨でぐずつく天気でしたが、

笠松峠を過ぎると青空が広がっていました。

2週間前に大岳山頂に開花していた

ミヤマキンバイがまだ咲いていました。

背景に青森市街と陸奥湾。

来週はミヤマキンバイも花期を終えていることでしょう。

まさに年に一度のシャッターチャンスに巡り会えた感じです。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:14時23分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2019年06月25日 (火)6月25日 今日のシャモリ


「6月の末に咲く、サボテンの花」

「6月の末に咲く、サボテンの花」

6月23日 八戸市 浪打 武彦さん撮影

ラグビーボールくらいの大きさの、鉢植えサボテンです。

水とか肥料とかほとんど世話が要りません。

いつもこの時期に大きくきれいに咲いて、とても目立ちます。

「赤い宝石」

「赤い宝石」

6月23日 南部町 千葉ジローさん撮影

さくらんぼは収穫の最盛期になっています。

南部地方の主力品種は佐藤錦ですが、

砂糖のように甘いと言うところから、

名前の由来にもなっています。

雨に弱いさくらんぼなので、

ビニール雨よけ栽培が主力になっています。

甘い、甘いさくらんぼが赤い宝石に見えます。

「フッサフサだぜ!」

「フッサフサだぜ!」

6月3日 青森市 沖舘川 鯛多ニックさん撮影

全身に緑の毛をまとったボラを発見!

実は傷口から徐々に藻が付着してこのような状態になったそうです。

何匹もいるんですよ。

「ハクセキレイの餌運び」

「ハクセキレイの餌運び」

6月21日 おいらせ町 オカズちゃんさん撮影

畑の雑草を刈った後にハクセキレイが飛んで来て、

くちばしいっぱいに虫をくわえてどこかに飛んでいきました。

しかし、すぐに戻って来て、くちばしいっぱいになるまで、

芋虫を捕まえて、また飛んでいきました。

近くにヒヨコがお腹をすかしている巣があるのでしょう。

忙しそうに虫を捕まえては何回も運んでいました。

「忍者か?」

「忍者か?」

6月13日 八戸市 ママりんさん撮影

散歩中、空を見上げたら送電線の点検作業をしている方たちでした。

このような方たちのおかげで、私たちが便利な生活を毎日送れるのですね。

地上から感謝の気持ちを送りたいと思います。

「ありがとうございます」

「バナナの花」

「バナナの花」

6月24日 おいらせ町 たけうまこさん撮影

おいらせ町のアグリの里に行ってきました。

温室では、バナナの花、アロエの花が咲いていました。

初めて目の前で見たバナナの花は紫系の大輪で、

アロエの花は黄色い華奢な花でした。

その他、中庭では、成長途中のブドウの房が見られました。

同園内でヤギやウサギの見学もできて、楽しい時間を過ごしました。

「アロエの花」

「アロエの花」

6月24日 おいらせ町 たけうまこさん撮影

アロエの葉は何回も見ていますが、花は初めて見ました。

黄色い花だったんですね。

「ブドウ!」

「ブドウ!」

6月24日 おいらせ町 たけうまこさん撮影

アグリの里の中庭。

成長途中のブドウの房が見られました。

数か月後には、香りの良いおいしそうなブドウの実が実るんでしょうね。

その時にまた、行ってみたいと思っています。

「三沢アメリカンデー」

「三沢アメリカンデー」

6月23日 三沢市 森山 貴文さん撮影

三沢アメリカンデーの一コマです。

用事があって通りを通っただけですが、

オブジェ?の向こうに見える長蛇の列は、

基地の中に入る人の順番待ちかな?

外人さんもいろんな国の言葉が行き交っていました。

三沢ならではの1日でした。

「梅雨寒に咲く」

「梅雨寒に咲く」

6月24日 十和田市 板橋則穂さん撮影

梅雨寒が続く県南ですが、十和田市の鯉艸郷では、

梅雨によく似合う花菖蒲が咲き始めました。

時折小雨の降る中、訪れる人の目を楽しませてくれています。

「海の朝明け」

「海の朝明け」

6月23日 平舘 百坪百姓さん撮影

平館の海に、ひらめ釣りに行って、朝4時ごろ

朝明けの空の色が海に映え、とてもきれいでパチリ1枚。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:16時08分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2019年06月24日 (月)6月24日 今日のシャモリ


「ヘビイチゴ」

「ヘビイチゴ」

6月20日 平内町 みっしょーさん撮影

散歩中に、真っ赤なヘビイチゴが

たくさん実っていました。

食べられないけど、葉っぱの緑とイチゴの赤が

とてもキレイに見えました。

「高原の放牧場」

「高原の放牧場」

6月21日 階上町 階上岳 千葉さ那さん撮影

夏至、高原の新緑はまばゆいばかりです。

八戸に住んで、初めての階上岳登山になりました。

標高510mの放牧場は、少し肌寒い感じで

一面の霧になることもあります。

放牧の牛はのんびりで、夏の到来とは言っても

まだまだ、爽やかな風が吹き渡ります。

「夕暮れ時」

「夕暮れ時」

6月3日 深浦町 大間越海岸 ホリさん撮影

日本海に沈む夕日です。

田植えの苗を運んで、仕上げを急いでいるうちに

日が暮れてきました。

沿岸ですから、これから収穫まで

塩害にも注意が必要です。

「「四つ葉のクローバー」!!幸運があるかな?」

「『四つ葉のクローバー』!!
 幸運があるかな?」

6月22日 種差海岸 葦毛崎 窪田輝雄さん撮影

NHKの番組「チコちゃんに叱られる」の放送で

クローバーの「四つ葉が出来るのは」

芽がたまに傷ついて、出来るから!!となっていたが

この写真は株があるようです…

毎年、同じ場所に見られるから。

縞模様が有るのと、無いのと株が同じかわかりません。

「遊歩道の側に「ニョッキ!!」と生えて!」

「遊歩道の側に
 『ニョッキ!!』と生えて!」

6月22日 八戸市 種差海岸 中須賀 窪田輝雄さん撮影

ハマウツボです。オトコヨモギに寄生して成長する。

葉はない。ことしは群生している所もあり、にぎやかです。

色が紫色で神秘的です。

「オリンピック ばら」

「オリンピック ばら」

6月20日 七戸町 じょっぱりさん撮影

バラ園には50種のバラが、赤・白・黄色と

色とりどりに各種のバラがカラフルに咲いている。

この中に「オリンピックファイヤー」の真っ赤なバラが

来年のオリンピックを祝しているかのようです。

「ダンサードレス?」

「ダンサードレス?」

6月23日 青森市 ほじねさん撮影

知人が分けてくださった朝顔が、開花しました。

おもしろい花が咲くと聞いていました。

まるでダンサーのドレスのようです。

「海岸の岩場の「スカシユリ」開花!!」

「海岸の岩場の『スカシユリ』開花!!」

6月22日 種差海岸 中須賀 くぼやんさん撮影

雨の海岸「遊歩道」の側に

早めの時期に「スカシユリ」がポツンと咲いていました。

潮風がかかって、気温が上がっていないのに

条件が整っているのだろうか?不思議だ?

「収穫は少し早め」

「収穫は少し早め」

6月23日 南部町 千葉正明さん撮影

青森県が全力で育成したサクランボの新品種

「ジュノハート」が収穫間近です。

名前の由来の幸運の女神になってほしいと思います。

ブランド化のためにも栽培の努力を期待します。

ジュノハートを食べるには、まだ少し早めでした。

「スキッとした気分」

「スキッとした気分」

6月23日 南部町 千葉か緒さん撮影

5月10日頃、花が満開のふじのりんごです。

実すぐり作業が終わって、選抜された実だけが残って

スキッとなりました。

これからは袋掛け作業になります。

生育が順調なので、秋には立派な

ふじのりんごになると思います。

「ひげのような花」

「ひげのような花」

6月23日 青森市 津幡順二さん撮影

遠くから見ると、白いひげのように見える花。

このひげのように見える長い花は、栗の雄花です。

秋には、おいしい実を付けてくれるでしょう。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:14時37分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2019年06月21日 (金)6月21日 今日のシャモリ


サボテンの花

「サボテンの花」

6月19日 青森市 あずきさん撮影

いつ咲くかと心まちにしていたサボテンの花が咲きました。

「柿の花」

「柿の花」

6月20日 おいらせ町 オカズちゃんさん撮影

ことしも柿の花が咲きました。

秋には朱色の四角な実になりますが、

花は白っぽい小さな花であまり目立ちません。

花のガクは実のヘタと同じ形をしています。

「ジャガイモの花」

「ジャガイモの花」

6月20日 おいらせ町 オカズちゃんさん撮影

大型連休に植えたジャガイモが花を咲かせました。

花の形はナスやトマトに似ています。

色は品種によって異なりますが、結構きれいな花です。

ちなみに花にはほとんど実がつきませんが

キタアカリにはつくことがあります。

「鮮やかな薄紅」

「鮮やかな薄紅」

6月16日 青森市 SIGEHIROさん撮影

幸せな花ですね!!

「草木の新芽」

「草木の新芽」

6月16日 青森市浪岡地区 SIGEHIROさん撮影

霧の天候なのに新緑がいいですね!!

「薄暗くなる前の空」

「薄暗くなる前の空」

6月17日 青森市 SIGEHIROさん撮影

日が沈んでも明るいです。

「青々とした空」

「青々とした空」

6月17日 青森市 SIGEHIROさん撮影

夕方に撮影しました。明るい空です。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:13時51分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2019年06月20日 (木)6月20日 今日のシャモリ


「イボタの花」

「イボタの花」

6月15日 八戸市 慶長良一さん

散歩中、1か所が明るく感じるので見たら

イボタの木いっぱいに真っ白い花が咲いていた。

「コウリンタンポポの群生」

「コウリンタンポポの群生」

6月19日 八戸市 慶長良一さん

散歩中、コウリンタンポポの群生を発見、パチリ。

「ハマヒルガオ」

「ハマヒルガオ」

6月19日 種差海岸 慶長良一さん

種差海岸ウォーク中に

白いハマヒルガオが咲いていると教えて頂き

行って見ると紅色も咲いており、紅白でパチリ。

「畑のガードニャン?」

「畑のガードニャン?」

6月18日 五戸町 川村にゃ子さん

最近遊びに来る若い茶トラの猫。

畑のガードニャンをしているように見えますが

視線の先にはわが家の女子猫たち。

あまり長居をしてボス猫に見つかるなよ〜(汗)

「クワガタムシ」

「クワガタムシ」

6月13日 おいらせ町 オカズちゃんさん

畑仕事の休憩時間に植木を眺めていると

黒い物が動いていたので、よく見るとクワガタムシでした。

 

「空がおうち」

「空がおうち」

6月17日 弘前市 カルトーシカさん

空に住んでいる動物を見つけました。

写真の真ん中辺り、黒い雲の上を見てください。

ネコ科動物の顔がまっすぐこちらを見つめています。

私はオオヤマネコに一番似ていると思いました。

「新緑の十和田湖」

「新緑の十和田湖」

6月12日 十和田湖 百坪百姓さん

十和田湖の美しさは今も日本一です。

平日ということもあって、観光客はまばらであったが

渓流を歩きながら、新緑の木々、滝、コケ、

奥入瀬の流れ等を楽しんでいる若い人が多かったこと

県人の1人としてうれしかったです。

「八甲田山雪中行軍生存者の像」

「八甲田山雪中行軍生存者の像」

6月12日 八甲田山系 百坪百姓さん

明治35年1月、

陸軍の青森歩兵第5連隊が八甲田山系で行軍訓練中、

道に迷い起きた事件で、その生存者の1人、

後藤伍長の像を数年ぶりに見ることができ

映画化された高倉健さんの

壮絶な勇姿を思い浮かべながら帰途についた。

 「十和田湖 乙女の像」

「十和田湖 乙女の像」

6月12日 十和田湖 百坪百姓さん

十和田湖畔の御前ヶ浜に建つ、高村光太郎先生の最後の作品を

久しぶりに眺め、女の強さ、たくましさ、躍動感を

改めて感じとってきました。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:13時59分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2019年06月19日 (水)6月19日 今日のシャモリ


「隠れないで!」

「隠れないで!」

6月9日 むつ市 ナズナさん撮影

探鳥会で、恐山の宇曽利湖遊歩道に行ってきました。

珍しい植物もたくさんいますが

なんといっても

この湖に暮らす鳥たちに出会えるのが嬉しいです。

この日は、カンムリカイツブリの親子の姿を

見られたのが一番の幸せ。

カメラ故障で、コンデジの40倍で何とか写せました。

ピントを合わせているうちに、ああ!隠れます…

でも背中の赤ちゃん3羽います。

見えたでしょう!!

「クリオネがいっぱい」

「クリオネがいっぱい」

6月18日 八戸市 はじめさん撮影

庭のユキノシタが

白い羽を羽ばたかせるように咲いています。

まるでクリオネが、水中をフワフワと

遊泳しているように見えました。

「青田でかくれんぼ」

「青田でかくれんぼ」

6月15日 東通村 ナズナさん撮影

ここの田んぼには、今の時期、サギやカルガモ

トビが来ているので、のぞくのが楽しみです。

サギはあまり逃げませんが

カルガモは逃げるのが速いです。

今日は遠くから、そっと写してみました。

カルガモが青田の中に見え隠れ。

泳いでいるような、隠れているような。

「み~つけた~」そんな気分でしょうか。

黄色の口ばしが、かわいいです。

「令和元年のストロベリームーン」

「令和元年のストロベリームーン」

6月17日 八戸市 浪打 武彦さん撮影

6月の満月は、月の出に赤みがかって見えることから

アメリカの先住民がこう名付けたそうです。

夕食後、運良く雲が切れてとても神秘的で美しい満月でした。

「空に漂う幽霊船」

「空に漂う幽霊船」

6月17日 弘前市 カルトーシカさん撮影

午後から晴れてきましたが

少し風が強くなりました。

上空は、雲と風の駆け引きが続きます。

夕方、怪しい雲に紛れてやって来たのは不気味な幽霊船。

南の空を漂流しているように見えました。

「ないしょの恋!」

「ないしょの恋!」

6月18日 板柳町 鬼武芳治さん撮影

ようやく降った雨でりんご園の水やりもひと段落。

さあ!実すぐり頑張らなくっちゃ。

あれ!りんごさんチュしてる!

「きょうの雲」

「きょうの雲」

6月18日 三沢市 MTさん撮影

最近、毎日雲の色が変わっているので

それが楽しく、毎日、雲を撮影するようになりました。

今日は青のような、ピンクのようなすてきな雲でした。

明日はどんな色になるのでしょうか。

「オープンフリーガーデンのバラが咲き乱れています!」

「オープンフリーガーデンのバラが
 咲き乱れています!」

6月15日 青森市 柿崎孝治さん撮影

毎年楽しませてくれる、地元の個人宅のフリーガーデン。

現在、小さいものから大輪のものまで

所狭しと咲き乱れています。

80種類以上のバラがあるそうです。

お庭に自由に入ることができます。

たくさんのバラが楽しめます。

この写真はとても大きく咲いているバラです。

「ガラピコぷ~」

「ガラピコぷ~」

6月14日 田舎館村 じょっぱりさん撮影

田んぼアート、田植えから10日程度だが

もう姿の概要が見られるようになった。

ガラピコの形がくっきり。

今後の成長・出来に期待したい。

待っています。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:14時20分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2019年06月18日 (火)6月18日 今日のシャモリ


「水辺で輝いているトンボ」

「水辺で輝いているトンボ」

6月13日 階上町 浪打 武彦さん

階上町の寺下観音堂の清流付近で、時たま見かける、

ホソミオツネントンボです。

コバルト色の美しさに見とれてしまいます。

「お空でお洗濯」

「お空でお洗濯」

6月15日 五所川原市 佐藤るり子さん

朝起きて、カーテンをあけたら、

空がでっかい、洗濯板になっていました(笑)

こんな大きい空で、洗濯できたら

気持ちいいだろうなーって、思いました♪

ついでに、心もお洗濯♪

すてきな1日の始まりです♪

「天空の野平高原」

「天空の野平高原」

6月14日 佐井村野平 魅せられて下北さん

朝のドライブ中に見た景色。

ただただ見とれシャッターを押し見とれました。

「ミヤマキンバイとチングルマの競演」

「ミヤマキンバイとチングルマの競演」

6月9日 八甲田大岳山頂 米内山 久生さん

八甲田大岳に登ってきました。

いつも5月末になると山頂にミヤマキンバイが咲きます。

ことしはちょうどチングルマも咲いていて、

いかにも主役はこっちと競っているように見えました。

所々にピンクのイワカガミも咲いていて、

八甲田の花は今がちょうど見頃です。

「木漏れ日さす花道」

「木漏れ日さす花道」

6月14日 八戸市 早起きニワトリさん

先日の朝、種差海岸淀の松原を歩いてみました。

松林が続く道に木漏れ日が、

やわらかくニッコウキスゲの花を照らし、

にっこりと迎えてくれているようで、

とても気分のいい朝でした。

「子育て中のカワセミ」

「子育て中のカワセミ」

6月17日 藤崎町 ふじりんごさん

「空飛ぶ宝石」と言われるカワセミが、子育て真っ最中です。

ヒナへの餌の魚を捉えては巣穴へと運んでいます。

まもなく巣立ちを迎えます。頑張れカワセミ!

「子育て中のカワセミ」

「夕焼け」

6月17日 三沢市 mmmさん

ふと空を見るとどこも赤くて美しく、

思わず写真を撮ってしまいました。

「この木なんの木?」

「この木なんの木?」

6月17日 八戸市 カワサキ乗りさん

散歩中に見かけた白い花がキレイで、

少し見とれてしまいました。

見上げるほどの大きい木にいっぱいに咲いていました。

「水無月の水車小屋」

「水無月の水車小屋」

6月17日 田子町 千葉正明さん

四角岳源流の山すそに広がる水田地帯。

田植えも終わって、農家もひと安心の時期です。

茅葺きの水車小屋がポツンと建っています。

静かな田園風景にホッとする気持ちになります。

明治時代に作られたと聞きました。

いつか、ここで作られるソバ料理を食べてみたいと思います。

「一瞬の光」

「一瞬の光」

6月10日 奥入瀬渓流 天間啓作さん

山ツツジ、まだ残っていた。よかった。

一瞬の合間にパチリ。渓流は旅行者でにぎわっていた。

いつも楽しませてくれる。

「勇気をもらう」

「勇気をもらう」

6月10日 奥入瀬渓流 天間啓作さん

見事です。渓流に大樹。

こぶに感激、立派です。

こけに囲まれ、渓流を見下ろす。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:14時17分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2019年06月17日 (月)6月17日 今日のシャモリ


 「梅雨入り前の青空」

「梅雨入り前の青空」

6月14日 八戸市 大舘憲夫さん撮影

真っ青な青空が広がりました。
もうすぐ梅雨入りですね。
気象予報士の阿見さん、
青森県の梅雨明け宣言日はいつになるのでしょうね?
コンピューター予報より阿見さん予報を信じています。

 

「休息のひととき」

「休息のひととき」

6月11日 八戸市 スガさん撮影

蕪嶋神社の入り口付近は、
相変わらずクワクワクワーとにぎやかな鳴き声がありましたが、
蕪島の下の海岸は、のどかな雰囲気で、
静かに休息している様子でした。

 

 「爽やかな田代平湿原のワタスゲ群生」

「爽やかな田代平湿原のワタスゲ群生」

6月14日 田代平湿原 かんとまめさん撮影

14日の津軽地方の平地は真夏日に近い29度の夏日予報。
田代平湿原のワタスゲが見頃と聞き、
避暑も兼ねて田代平湿原を訪れました。
訪れている人も多く、考えることは同じかなと思いながら
白いワタスゲの群生が青空の下、
爽やかに吹く風に揺れている様子に涼しさを感じてきました。

 

 「青葉若葉」

「青葉若葉」

6月13日 三戸町 千葉ノラさん撮影

青葉の季節、初夏の風が爽やかです。
実家の裏山のホオノキ(朴の木)の葉も芳香がよく、
目に青葉が特にしみます。

 

 「レンゲツツジ咲く高原」

「レンゲツツジ咲く高原」

6月14日 青森市 スノーマンさん撮影

レンゲツツジが満開の田代高原に弁当持参でドライブ。
田代平湿原、田代高原、グダリ沼も
鮮やかなツツジが咲き乱れていた。
好天の青空と残雪がさらにツツジを引き立てて華やかだった。

 

 「水鏡の津軽」

「水鏡の津軽」

6月14日 鶴田町 じょっぱりさん撮影

水田の稲も生育し緑が濃くなってきた。
この光景も終わりかと思いながら散策。
恰好の場所に出会う、岩木山の対称画に
列車が真ん中を横切り静かな情景にも動感を感じさせる。
美しい津軽の感動の景色です。

 

 「ひるがお」

「ひるがお」

6月15日 青森市 合浦公園 ゆいちゃんのパパさん撮影

家族で散歩している時に見かけました。

 

「うちの犬は「王様」、特等席に!!」 

「うちの犬は『王様』、特等席に!!」

6月16日 八戸市 窪田輝雄さん撮影

足を投げ出してぐっすり眠っています。
いつもの場所は決めているようで、よそに行きません。
犬は俺より先輩(年寄り)だから
しょうがないかなといつも思っています。

 

 「梅雨(つゆ)の花」

「梅雨(つゆ)の花」

6月16日 八戸市 柳町 信廣さん撮影

梅雨に入ったと思われる冷たい雨の1日でした。
ふと庭先を見ると、ルピナス(昇り藤)の
葉の中心部が銀色に輝いていました。
目をこらすと、球形の水滴が光を屈折し、
まるで雄しべ・雌しべのように見えました。
まさに、梅雨が咲かせた1輪の花のようです。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:14時12分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2019年06月14日 (金)6月14日 今日のシャモリ


「まさに黄色」

「まさに黄色」

6月11日 青森市 津幡順二さん撮影

土手や、あちらこちらで咲いているこの黄色い花。

オオキンケイギクと言うそうです。

アップで撮ってみました。

 

 「教会のバラが満開!」

「教会のバラが満開!」

6月13日 弘前昇天教会 ちゃもりさん撮影

日曜日は父の日。

提唱者のジョン・ブルース・ドット婦人が

亡き父親の墓前にバラの花を供え、感謝したのがはじまりという。

健在の父へは赤いバラを、日本では黄色いバラが主流だとか。

咲き誇る白いバラの数、この教会から天国へと旅立った

多くの父親に感謝の祈りを捧げました。

 

「6月の青い空」

「6月の青い空」

6月12日 八戸公園 板橋則穂さん撮影

久しぶりの好天。

八戸公園のバラ園は、色とりどりのバラが、

今が盛りと咲き誇り、美しさを競い合っているようです。

咲き誇るバラには青い空がよく似合います。

 

「さわやか高原」

「さわやか高原」

6月10日 青森市 田代高原 じょっぱりさん撮影

高原の「レンゲツツジ」が満開です。

さわやかな天候に風薫るオレンジの色合い。

残雪の八甲田山を、屏風のようにバックにしたがえた光景は

スカッとするような気分になります。

 

「バラの季節」

「バラの季節」

6月13日 七戸町 川村にゃ子さん撮影

そろそろバラの季節だなぁ…と思い、

東八甲田ローズカントリーに出かけました。

天気も良く、バラの花が空に映えてとてもきれいでした。

バラのソフトクリームもおいしかったですよ(^ ^)

 

「夏宣言」

「夏宣言」

6月13日 蓬田村 ロングヘルプさん撮影

「ギョッ、ギョッ」と大声のオオヨシキリが鳴いていました。

いよいよ夏近しですね。

 

「6月の雪?」

「6月の雪?」

6月13日 板柳町 鬼武芳治さん撮影

いいえ、雪でも霜でもありません。

膨らんだ芽の適果や草刈りに大忙しですが、

白い花をつけたクローバーが畑一面に咲き、

まるで雪が降りたように真っ白です。

 

「タケの花」

「タケの花」

6月1日 八甲田の牧場 山のテトさん撮影

たけのこ採りも終盤ですが、

ふと上を見たらタケの花が広く咲いていました。

60年に一度咲くと言われ、咲いた後は枯れるとか?

来年はたけのこの採れるかな・・・。

 

 「ヨシ原に浮かぶ白いマル」

「ヨシ原に浮かぶ白いマル」

6月14日 つがる市車力地区 竹内健悟さん撮影

岩木川下流部のヨシ原で、早朝に撮影しました。

このマルの正体は、ヨシにかけられたクモの巣です。

この風景は朝日が斜めに差しているほんの十数分だけ見られます。

けさはクモの巣に付いた朝露が、逆光で輝いてよく見えました。

周辺はオオセッカとコヨシキリのさえずりにあふれていました。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:14時08分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2019年06月13日 (木)6月13日 今日のシャモリ


 「『オオヤマレンゲ』の花が咲いていたよっ」

「『オオヤマレンゲ』の花が咲いていたよっ」

6月12日 弘前市 じぃじ・スナフキンさん撮影

弘前城植物園に行ってきました…。

実は、6月1日に、大峰山(弥山と八経ヶ岳)に登ってきましたが、

現地でこの花を見ることができませんでしたので、実物を見たくてやって来ました…。

名前のとおり、白いハスの花を連想させられますねっ。

実際に、登山中に出会ったら、きっと、感動させられたと思います…。

ちなみに、花言葉は「永遠の愛」だそうです。

 

 「ヘビイチゴ」

「ヘビイチゴ」

6月12日 八戸市 慶長良一さん撮影

子どものころはよく見たが、食べられないと聞き食べたことはない。
久しぶりに見てきれいだから写真を撮ってから、図鑑で調べたら、
名前は、蛇のいそうな所に生えるから、毒はないと書いてありました。

 

 「ことしもたくさん咲きました!」

「ことしもたくさん咲きました!」

4月29日 八戸市 派手派手オババさん撮影

黄色の君子蘭がことしもたくさん花を咲かせてくれました!

 

 「初夏のグダリ沼」

「初夏のグダリ沼」

6月12日 青森市 北のヤマドリさん撮影

田代高原一帯のレンゲツツジが見ごろではと思い、1年ぶりに行ってきました。
想定通り満開状態。
特に、グダリ沼では、水の流れにオレンジの色彩が加わり、心が癒される光景でした。

 

 「仲良し スカシユリ」

「仲良し スカシユリ」

6月13日 八戸市 慶長良一さん撮影

ユリはひと茎に花1つと思っていた。
けさ庭を見たら2つ花を付け仲良く咲いていたのでパチリ。

 

 「光の道」

「光の道」

6月12日 十和田湖 小川郁夫さん撮影

お天気が良かったので、十和田湖の瞰湖台展望所まで行ってみました。
ちょうど日が沈んでいくところで、湖面に光の道ができていました。
展望所の岸まで届くかと思いましたが、その前に日は山の向こうに沈んでいきました。

 

 「がまんの枯木」

「がまんの枯木」

6月10日 十和田湖 天間啓作さん撮影

東北町は曇っていたが、子ノ口に着いた正午ごろ、一寸の晴れ間にパチリ。
きれいだった。

 

 「楽しみです!」

「楽しみです!」

6月12日 青森市 SIGEHIROさん撮影

ことしもいい花が咲くようにと祈っています。

 

 豪華な夕日

「豪華な夕日」

6月11日 青森市 SIGEHIROさん撮影

いやー明るくて本格的です。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:13時50分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


ページの一番上へ▲