2019年02月21日 (木)「津軽民謡・演歌に懸ける!あおもり熱中人」千葉真由佳


先日(2月13日)放送したあおもり熱中人のコーナー、

今回は、去年11月にデビューした

演歌・民謡歌手の本間愛音(ほんま・あかね)さん!

NHK青森放送局にお越しいただき、

スタジオでインタビューさせていただました~♪

今回は、去年11月にデビューした演歌・民謡歌手の本間愛音(ほんま・あかね)さん!

3歳から人前で演歌を歌っていたという本間さん!

歌をはじめたのは民謡教室の先生だった

おじいさんの影響だったそうです。

出身地の北海道から弘前に移住してからは、

津軽民謡の魅力にどっぷりとハマっていったという・・・。

 

私も驚いたのですが、

津軽民謡は人によって少し節を変えてみたり

アレンジを加えたりすることもあるそうです。

そのため、奥が深く難しいとのこと。

でもそこが津軽民謡の魅力なのだろうと思いました。

 

本間さんがスタジオで披露してくれたのは、

民謡の「津軽小原節」と演歌のオリジナル曲「恋の桜舞」 

民謡の「津軽小原節」と演歌のオリジナル曲「恋の桜舞」

 

演歌は弘前の桜をイメージした曲で、

歌詞や振り付けが可愛らしいんです。

それにすてきな歌声!

収録当日も、ピンクの桜が舞ったようなお着物で

歌っていただきました。

 

 

私自身、これを機に津軽民謡や

演歌の良さに触れることができました。

(カラオケで演歌を一曲歌えるようになりたいですね。)

 

青森から全国に!

本間さんのご活躍をお祈りしています!!

青森から全国に!本間さんのご活躍をお祈りしています!!

 

 千葉真由佳

投稿者:千葉真由佳 | 投稿時間:17時43分


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲