アナキャス

2018年09月12日 (水)≪私の夏休み≫成田りえ


青森の暑い夏が終わり、すっかり秋ですね。

 

初秋いかがお過ごしでしょうか?

 

8月の中旬、私は2週間お休みを頂いていました。

 

そのときの出来事をお伝えしようと思うのですが、

 

また「マラソン大会の話です。

 

今回のレースの場所は、ここ!

 

海が見えるところです。

 

わかりますか?!

 

青森は海が見える場所が多いので難しいですね・・

 

どこかというと・・・「外ヶ浜町三厩(みんまや)」です。 

 

どこかというと・・・「外ヶ浜町三厩(みんまや)」です。

 

階段国道339号線あたりから、三厩体育館までの12キロを走りました!

 

1番左が私です。

 

1番左が私です。

 

景色を楽しみながら走りました!

 

この日の気温は、30度!

 

走るには暑い気温でしたが、天気に恵まれて、

 

さわやかな風が心地よかったです。

 

ゴール直前は、義経が迎えてくれて一緒にゴールしました。 

 

ゴール直前は、義経が迎えてくれて一緒にゴールしました。

 

暑いなかありがとう!義経さん!

 

私の夏休みというと、ほぼ毎日走っていたのですが、

 

それだけではありませんよ!!

 

ちょっとそこまでお出かけもしました。

 

これを見て分かりましたね?! 

 

これを見て分かりましたね?!

 

そうです!田舎館村の田んぼアートです。

 

毎年楽しみにしていて、今年も見られて大満足です。

 

役場がお城なのも珍しいですし、

 

その役場から見る田んぼアートも見ごたえがあって、2度楽しめます!

 

10月上旬まで見られますので、是非!

 

10月上旬まで見られますので、是非!

 

季節ごとに色が変化していくのを見るのも楽しいですよ~

 

夏が終わるのは早いし切ないな~と思いつつも、

 

秋も美味しい食べ物や素敵な景色に出会えるのが楽しみです!

 

 成田りえ

投稿者:成田りえ | 投稿時間:11時46分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2018年08月22日 (水)8月26日(日)に放送「うまいッ!~野辺地町の葉つきこかぶ」永松隆太朗


※写真は、司会の天野ひろゆきさんと、塚原愛アナウンサー、食材ハンターのIMALUさんです。

みなさん!かぶと言いますと、どんなイメージがありますか?

辛くて固い、食べるときはお漬物やみそ汁、炒め物…などですよね。

青森県野辺地町の特産「葉つきこかぶ」は、何と生のままで食べられるんです!!

外側の皮をむけば、そこにはみずみずしい実が!

一口かめば、とても柔らかく、口の中でかぶの甘味と水分がジュワーッとあふれてきます。

ひとつ食べれば、のどもおなかも潤うこと間違いなしです。

まさにフルーツのような野菜です。

さらには葉っぱの部分もそのまま食べられるから、捨てるところがいっさいなし!

今までのかぶのイメージが変わります!!

そんな、葉付きこかぶを紹介する番組「うまいッ!」が、

8月26日(日)の午前8時25分から総合テレビで放送します。

ぜひ、ご覧ください!

 永松隆太朗

投稿者:永松隆太朗 | 投稿時間:11時13分 | 固定リンク
コメント(1) | トラックバック(0)


  

2018年08月09日 (木)涼を求めてラフティングへ! 荒川紗希


こんにちは、荒川紗希です!

 

青森の短い夏を満喫しようと

先日、キャスター5人でラフティングをしに西目屋村へ行きました。

30度を超える暑い日で、川遊びにぴったりな日!

 

全員、初ラフティングです。

景色を楽しみながらアブとたたかい、岩や崖に激しくぶつかりながら、川を下ります。

 

先日、キャスター5人でラフティングをしに西目屋村へ行きました。

 

 

それだけではありません。

7~8mほどの崖から、飛び込むこともできるんです!

もちろん全員挑戦!

 

千葉さん

 千葉さん

 

村田さん

村田さん

 

成田さん

成田さん

 

荒川

荒川

 

そして・・・髙橋さん!

そして・・・髙橋さん!

飛び方がかっこいい!!!

水泳を6年間習っていたからかな?と言っていました。

 

 

川からボートへは、自分たちで助け合って戻ります。

川からボートへは、自分たちで助け合って戻ります。

引っ張り上げるには、勢いと力が必要。翌日は、腕が筋肉痛に!

 

 

他にも、泳いだり、みんなで手をつなぎながら川に浮いたりと存分に楽しみました。

素敵な休日でした!

他にも、泳いだり、みんなで手をつなぎながら川に浮いたりと存分に楽しみました。

 

 荒川紗希

投稿者:荒川紗希 | 投稿時間:18時08分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2018年07月30日 (月)3年間ありがとうございました【都倉悠太】


アナウンサーの都倉悠太です。

この夏の異動で、

住み慣れた青森を離れて、鹿児島に転勤することになりました。

 

青森での出会いや、人との繋がりを振り返ると寂しくなります。

 

取材を通して様々な出会いがありましたが、

皆さんと触れ合ったことが一番の思い出です。

親切にして下さり、ありがとうございました。

 

一日中雪が降り続いていた、ある冬の日。

今別町での中継取材の後、ご自宅に呼ばれ

煮物やカレーなど、晩ご飯をご一緒させてもらったこと。

 

「旅ラジ」というラジオの公開生放送の番組を、

遠い場所から毎日のように見に来てくれたお客さん。

 

野球場のバックネット裏で実況練習をした後、

「お疲れさま」と声を掛けてくれる、おじさんおばさん。

 

球場で高校野球に携わる先生方、審判の方と交わした挨拶、会話。

 

毎回美味しいホタテを食べさせてくれる、横浜町のドライブインのおじさん。

 

公私ともにお世話になった鯵ヶ沢町の鷹匠の方。

 

などなど・・・

 

青森の人の心の暖かさに助けられ、

大切なことを勉強させてもらいました。

 

 

鬱陶しいと感じていた虫の音が聞こえ始めるのを

心の底から待ち遠しく感じたことも、

青森に来るまではなかったことです。

 

 

季節が移り変わる中で、

青森県内 津々浦々走り回っていると、

いつの間にか、青森の好きな所を人に話すようにもなっていました。

 

行くたびに違う景色が楽しめる奥入瀬渓流はリフレッシュするには最高で、

一体何度足を運んだことでしょう。

 

 

青森の地は離れますが、

これからは一人の青森ファンとして

新たな話題を楽しみにしています。

 

きっと青森の話題を目にするたびに、

心温かくなるのだろうと思います。

 

 

青森で出来た人との繋がりをこれから先も大事に、鹿児島で頑張ります。

いつか元気な姿をお見せできますように。

その時はまた、叱咤激励を頂ければ幸いです。

 

 

3年間、どうもありがとうございました。

そしてこれからも引き続き、宜しくお願い致します。

 

 都倉悠太

投稿者:都倉悠太 | 投稿時間:15時03分 | 固定リンク
コメント(5) | トラックバック(0)


  

2018年07月09日 (月)「ほ、ほ、ほたる来い!~横浜町~」千葉 真由佳


こんにちは!キャスターの千葉真由佳です。

みなさん、今の時期しか見られない、美しいもの・・・

といえば何を思いつくでしょうか?

 

 

今回は、先月28日のあっぷるワイドの中継で紹介した

「ホタル」について書きたいと思います!

 

県内各地、ホタルの名所はいくつかありますが、私がおじゃましたのは横浜町!

吹越地区の方々が20年程前に立ち上げた「よこはまホタル村」です。 

吹越地区の方々が20年程前に立ち上げた「よこはまホタル村」です。

中継した時間は明るくて、まだホタルの姿は見られませんでしたが

今年1番最初にホタルが確認された日は6月26日だったということで

この日も草むらや木の陰のどこかに隠れていたはずです。

よこはまホタル村でたくさん飛ぶと、こんな感じだそうです。

よこはまホタル村でたくさん飛ぶと、こんな感じだそうです。

数が多いのが分かりますね!

ここは、元々自然が溢れていた場所ではありますが、ホタル村のメンバーがホタルが

生きやすい場所にしようと、隠れ場になる田んぼを作りました。

そしてホタルは日中、葉の裏に隠れるのを好むため、これまでに200本の木を

植えてきました。

そして、ホタルが生活しやすい環境を整えるだけではありません。

ここではホタルが卵を産むところから幼虫になるまで、室内で飼育も行っているんです。

ここではホタルが卵を産むところから幼虫になるまで、室内で飼育も行っているんです。

「ホタルの室内飼育場」と書かれています♪

 

入ってみると、今年の一番ボタル(ゲンジボタル)が出迎えてくれました!

ちっちゃくてかわいい~!

(小指の第一関節分くらいの大きさでした)

入ってみると、今年の一番ボタル(ゲンジボタル)が出迎えてくれました!

暗くするとこのように光ります! 

暗くするとこのように光ります!

優しい光にとっても癒されますね~。

 

 

ちなみにホタルがたくさん見られる気象の条件、みなさん知っていますか?

①風が弱い日

②湿度と気温が高い日

③月明かりのないくもりの日

この3つの条件が揃うと元気に飛び交う姿が見られやすくなるとのことでした!

 

ホタル観察の参考にしてみてください。

 

※ホタルはわずかな明かりも苦手で、月の出る夜もあまり好まないようです。

そのため観察する時は、カメラのフラッシュは控えめに

優しく見守ってあげてくださいね♪

 

 

そして!ホタルまつりのおしらせです。

 

よこはまホタル村では、今週土曜日(7月14日)にホタル祭りが行われます!

よこはまホタル村では、今週土曜日(7月14日)にホタル祭りが行われます!

ホタルの観察会の他、ホタル村内にある湧き水を使ったコーヒー、流しソーメンなど

初夏のお楽しみいっぱいです。

14日(土)午後6時から、横浜町吹越のよこはまホタル村で行われます。

▲14日(土)午後6時から、横浜町吹越のよこはまホタル村で行われます。

ぜひ足を運んでみてください♪

 

 千葉 真由佳

投稿者:千葉真由佳 | 投稿時間:15時18分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2018年07月04日 (水)~7月の市場情報~ 宮川香織


~鮮魚情報~

◆◇水揚げ状況◇◆

海苔に、ごはんと“ウニ”を三角にのせる

<日本海側>

◇ヒラメ・マダイ・ブリ

 

<下北から八戸の太平洋側>

◇下北・・・イカ・サバ

◇八戸方面・・・イカ・ブリ

 

<陸奥湾内>

◇イワシ・マダイ・ワラサ

サバ・スルメイカ・ホタテ

 

◆◇今月のおすすめ◇◆

今月はおすすめは“ウニ”!!

今月はおすすめは“ウニ”!!

三厩の“ウニ”が始まりました♪

 

自分へのご褒美に

のり巻きでガッツリ大人食いしちゃいましょう。

 

①   海苔に、ごはんと“ウニ”を三角にのせる

海苔に、ごはんと“ウニ”を三角にのせる

②   手前から包むようにすると

手前から包むようにすると

③   きれいな手巻きが作れます。

きれいな手巻きが作れます。

ちょこんとしょうゆをかけて

がぶっと!!

幸せな気持ちでいっぱいになりますよ~♪

【続きを読む】

投稿者:宮川香織 | 投稿時間:16時22分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2018年06月27日 (水)「サロマ湖ウルトラマラソン」森下


みなさん、こんにちは!

いつもアナウンサーブログをお読みくださり、ありがとうございます。

 

きょうは私の趣味の話で恐縮です。

今はデスクワークが多く、身体が鈍ってしまうこともしばしば。

最近は、五十肩がつらい・・・。

という訳ではないのですが、私はランニングを趣味にしています。

 

走り始めは、ウン十年前の新人時代に飲みすぎ食べ過ぎで太ったこと。

それから何となく走り始めて、本格的にレースに出場しだしたのはおよそ20年前。

これまでフルマラソンは76回完走しました。

フルマラソンとともに出場しているのがウルトラマラソンです。

その名前の通り”ウルトラ”な距離を走ります。

一般的にはフルマラソン(42.195km)以上の距離をウルトラマラソンといいますが、私が出場しているのは100kmマラソンです。

いきなり“100km”と聞くと途方もない距離に思えますが、”10km×10本“と思えば、ほら、何となく行けそうな感じがしませんか?

 

その100kmウルトラマラソンの元祖ともいえるのが、北海道で行われる「サロマ湖ウルトラマラソン」です。

今年で33回目、今年は6月24日(水)に開催されました。

前日に、女満別空港に到着。北海道らしからぬ蒸し暑い日でした。

北海道・女満別空港にて

北海道・女満別空港にて

 

大会当日は、打って変わって涼しい朝となり絶好のマラソン日和でした。

参加者は全国から3000人以上、青森からの参加者は男子で13人とか。

私は9回目の完走を目指して出場です。

 

スタート地点にて

スタート地点にて

 

制限時間は13時間、朝5時にスタートして日没近い午後6時までのロングランです。

スタート後、午前中は日差しがあって暑くなりましたが、午後は一転、嵐のような天気。

暴風と土砂降りで一気に気温が下がり、真冬のような寒さに。

一日で真夏から真冬までという目まぐるしい天気で、低体温症でリタイアする人が続出。

私も心が折れそうになりましたが、何とか完走。

11時間ちょうどの記録でした。

 

毎回、何かが起きるウルトラマラソン!30度を超える天気の時もあり、今年は嵐になりました。完走後は感慨もひとしおです。

 

フィニッシュ後(首には完走メダルが)

フィニッシュ後(首には完走メダルが)

 

サロマ湖ウルトラマラソンは、10回完走すると「サロマンブルーメンバー」としてその人だけの「マイナンバーカード」がもらえます(次回以降、毎回、そのナンバーで走れます)。

私もあと1回で、その権利を得られるのですが、足の血豆の痛みが引かない中、「来年はどうしようかな・・・」と心が揺れ動いているところです。

でも、多分出ます。きっと。

その時は、このブログでまたご報告します。

 

ちなみに青森放送局の女性キャスターには、マラソン好きが一人(Nキャスター)いますので、そのうち、ウルトラマラソンにも出場するでしょう(笑)。

身体を動かすのには、いい季節です。みなさんも青森の自然を満喫しながらランニングを楽しんでみてはいかがでしょうか?

 森下和哉

投稿者:森下和哉 | 投稿時間:10時43分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2018年06月22日 (金)「W杯、開幕!!」池間昌人


みなさんお元気ですか?!

いや~、サッカー日本代表、初戦を勝利で飾りました!

強豪・コロンビア相手に2対1。

アジア勢として初めて、南米のチームに勝つという歴史的勝利です。

そのピッチ上に、野辺地出身の柴崎選手の活躍もありました。

2戦目も期待ですね!

 

今年度から「あっぷるワイド」をともに伝えている成田さん。

実はかなりのサッカー好き。

W杯ロシア大会も、深夜に始まる試合を含めてチェックしてるそうで。

毎日、「池間さん〇〇の活躍見ました!?」と楽しそうに話してます。

お目目、キラキラです。

毎日、「池間さん〇〇の活躍見ました!?」と楽しそうに話してます。

写真は日本代表の初戦の日、着ていた衣装。

スカートは、サムライブルーです。

成田さん、気合がすごい!

 

ちなみに手にしている棒は阿見予報士のモノ!

前回気づきました?

日本代表の試合がある日は、棒の先がサッカーボールになっているんです。

阿見さん、手作りです。

実は阿見さんは、スポーツの大きな大会が好きなんだそうです。

 

日本代表2戦目は25日(月)の午前0時キックオフ!

寝不足の週明け不可避です。

皆さん、体調にも気を付けながら応援なさって下さい!

 

 池間昌人

投稿者:池間昌人 | 投稿時間:14時12分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2018年06月18日 (月)≪弘前城を駆け抜ける!≫成田


青森も少しずつ夏を感じるようになってきました。

これから暑い日が続いてきます。

体調を崩さないように気をつけて下さいね。

今月10日、弘前市で「弘前城リレーマラソン」が行われました。

今月10日、弘前市で「弘前城リレーマラソン」が行われました。

弘前公園内をフルまたはハーフの距離を、たすきを繋いで走る!!というイベントです。

コース1周の距離は2キロ。

私は青森市内のランニングチームで、参加してきました。

私は青森市内のランニングチームで、参加してきました。

普段は1人でレースに参加して走っていますが、

チームでたすきを繋いで完走するのも、いいですね!

達成感を味わう仲間がいるのは素敵なことです。

道の途中には、こんな言葉も・・・!

道の途中には、こんな言葉も・・・!

『うだで坂あるばって、あめでまればまねやぁ』

これは、『嫌な坂があるけど、ぐったりしてしまうとダメ』という意味です。

残り500m地点。あと少しだよ。という意味の看板。

他にも、こんな言葉も。

残り500m地点。あと少しだよ。という意味の看板。

残りの距離を教えてくれるのは、とても嬉しいのですが、

最後の500mがとてもキツイんです!!

津軽弁の看板は、ちょっと力が抜けますね(笑)

最高の風景の中を走ることができました。

途中は、弘前城と岩木山が見える地点もあって

最高の風景の中を走ることができました。

 

次は7月1日の『AOMORIマラソン』。

ハーフに参加してきますよ~

走るのが大好きな森下アナウンサーに負けないように頑張ります!(笑)

 

成田りえ

投稿者:成田りえ | 投稿時間:15時07分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2018年06月11日 (月)≪青森での発見≫ 村田優歌


もうすぐ青森に来て初めての夏がやってきます。

生活には少しずつ慣れてきましたが、まだ色々なことが新鮮で

新しい発見にわくわくする毎日です!

 

青森に来て最初にびっくりしたことは、スーパーに黄色のりんごが置いていることでした。

地元では赤しか見たことがなく…しかも青森のりんごはとっても甘いんですね。

金星というりんごが最近のお気に入りです。

 

そして先日、つがる市で発見したのが!

 

きょ、巨大な土偶!!!!

 

きょ、巨大な土偶!!!!

 

ものすごい存在感です。

遠くから見ても、迫力満点!

 

私は知らなかったのですが、有名なんですね。

木造駅の土偶。昔は目が光ったと聞いてますます驚きです。

 

この夏はたくさんの青森の魅力に出会うべく、いろいろなところに出掛けたいと思っています!

 

 村田優歌

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:17時17分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


ページの一番上へ▲