龍の歯医者

原作・脚本舞城王太郎

ご挨拶

このアニメ『龍の歯医者』長編版は、ただいま準備中の小説シリーズ『龍の歯医者』で描かれる大きな物語の、ほぼ冒頭、主人公野ノ子の長くて短い歯医者人生が始まって半年目くらいのところで起こるお話です。
なのにいささか飛躍を含んだ大きな事件が勃発していて、この調子で続くとすれば野ノ子は大変な仕事を選んだものだなと書いた本人が思いますが、まあ実際もっといろんなことが起こっていくはずで、その予感にわくわくしながらこれから形にしていきます。
そしてその中で、今回鶴巻監督率いるスタッフの皆さんと素晴らしい声優さんたちの創り上げたこのアニメ映像の豊穣さに、小説がどのように寄り添い、争い、切磋琢磨し続けられるのか?……という新しい命題に答えを出していこうと考えてます。
頑張ります……という小説家的意気込みはどうでもいいとして、このアニメの龍の奇妙な造形と巨大さ、登場人物たちの瞳の色や震える声にこもる心情、虫歯菌たちの可愛さ、恐ろしさなど、あらゆるディテールは、小説では読者の想像におまかせしてしまう部分ですし音楽も主題歌もつかないのですが、今回は創造のスペシャリストたちが原作者ですら思い描けないほどの技を披露してくれています。まさしく創造力の見本市。お互い存分に味わい尽くしましょう!

もどる