DATE: 2015年03月17日 (火)

3/30から『ロボットパルタ』『ニャッキ!』セレクションを放送!

 
 「プチプチ・アニメ」が定時番組としてスタートしたのは1995年4月。
 この4月で20周年を迎えます。
 いつも応援いただき、ありがとうございます!
 
 そこで、2015年度のプチプチ・アニメは、
 スペシャル企画をいくつか準備しています。
 今回は、その第1弾のお知らせです。
 
 まず、
 3月30日から4月10日までの2週間は、
 “アニメーター・セレクション”をお送りします。
 「プチプチ・アニメ」を代表する2タイトルのアニメーション作家、
 『ロボットパルタ』の保田克史(ぼうだかつし)さんと、
 『ニャッキ!』の伊藤有壱(いとうゆういち)さん
 自らセレクトした作品を、それぞれ月~金の1週間、5本ずつ放送!
 
 今回、保田さんと伊藤さんから、以下のとおり
 選んだ作品へのメッセージをいただきました。
 これを読んでから作品を見ると、ちょっと違った面白さがあるかもしれません。
 
 
 『ロボットパルタ』セレクション(3月30日~4月3日)
 アニメーション作家・保田克史さんからのメッセージ
 
 3月30日(月)「パルタたんじょうのひみつ!」
 「そういえば、現実世界には親になるための免許ってないよな……」と言う事で、
 パルタの世界では親になるためには免許を取ってもらうことにしました。
 この世界でも家族は大事な存在です!
 
 3月31日(火)「ピプコのおえかきだいすき!」
 ガールフレンドのピプコとパルタの関係をさりげなく表現しようと試みました。
 ピプコの事が大好きなパルタは彼女のためなら何でもやってくれそうですね(笑)。
 
 4月1日(水)「パルタの鬼たいじ!」
 パルタがスタートしたとき、とにかく個性のあるキャラクターをどんどん増やして、
 にぎやかな作品にしたいと思っていました。今回は童話の「桃太郎」をベースに
 レギュラーキャラが大活躍します。今後もよりにぎやかな作品を作っていきたいですね!
 
 4月2日(木)「コロタインワンダーランド!」
 パルタは嫌な事があっても、 引きずらないですぐに元気になれるポジティブな性格ですが、
 ペットのコロタは飼い主以上にポジティブでハイテンション!
 今回もパルタが振り回される話です。
 
 4月3日(金)「さいごのヒーロー伝説!」
 日本のテレビの世界には巨大ロボットに乗りこんで大活躍するヒーローが沢山いますよね。
 私も子供のころ様々な巨大ヒーローに夢中になりました。
 今回パルタは巨大ロボットに搭乗してドラゴンに立ち向かいます。
 よく考えたらパルタ自身もロボットですが、この世界はなんでもアリです!(笑)
 
 
 『ニャッキ!』セレクション(4月6日~10日)
 アニメーション作家・伊藤有壱さんからのメッセージ
 
 4月6日(月)「トイレットペーパー、ほか」
 5分という放送時間をさらにショートなエピソードで自由に構成してみたかったので
 トライした所、思ったよりずっと上手くいって驚きでした。
 トイレットペーパーのお話はいろいろ哲学的示唆をはらんでいます。もう一度観て発見してください。
 
 4月7日(火)「ニャッキ大きくなる」
 高層ビルの屋上にも雑草が生える、てことは種が運ばれるから。
 そんな所でも育つ雑草の生命力を感じたはいいが、「育つ」エネルギーを夢の中で勘違いして
 「大きく」なっちゃうニャッキなのでした。
 
 4月8日(水)「マカロニ」
 決闘アクションの決定版でありニャッキの宿敵「ワル」デビュー作!
 名画のパロディなどももりこんでエンターテイメント性が高いおかげか、
 海外でも評判が高いエピソードです。
 
 4月9日(木)「鳥かご」
 食物連鎖からいえばインコとイモムシの友情はありえませんよね。
 でもひとりぼっちの「籠の鳥」はどんな気持ちなのかな?って考えてたら浮かんで来たお話です。
 
 4月10日(金)「ニャッキペン」
 ニャッキ以外なんにもない世界での不条理劇。作品史上もっともシンプルな背景に、
 ニャッキ史上最大の作画アニメを融合させた本作。
 世界4大国際アニメーション映画祭の広島大会で招待上映された自信作です。
 
 
 3月30日からの2週間は、
 『ロボットパルタ』『ニャッキ!』をぜひ、お楽しみください!!

 

投稿時間:15:45 | カテゴリ:プチプチ・アニメ | 固定リンク