ブログこまち~NHK秋田アナ・キャス便り~

2022年2月14日

2022年02月14日 (月)

雪結晶【加藤直樹】

こんにちは。気象予報士の加藤です。

2月もまだまだ寒いですが、
太陽は徐々に空高くを通るように。

青空がみえると日差しの力強さから
春が近づいていることを感じます。

 

さて、
今回はこの冬に撮った写真を自慢させてください。

20220214kato1.png

20220214kato2.png

20220214kato3.png


雪結晶です。

写真はスマホのカメラで拡大して撮りましたが、
降ってきた雪をよく見ると、肉眼でも結晶の形を確認できることがあります。

風が穏やかでハラハラと舞うような降り方のとき、
雪の構造が崩れにくく、きれいな結晶に出会いやすくなります。

観察のコツは、
雪をのせるための黒や青といった濃い色の生地を用意し、
あらかじめ屋外で冷やしておくことです。

そうすることで
結晶がすぐに溶けてしまうのを防ぐことができ、
雪結晶の輪郭もわかりやすくなります。

また、100円ショップでも売られている
スマホ用のマクロレンズを使うのも有効です。


すぐには綺麗な雪結晶には出会えないかもしれませんが、
粘り強く観察を続けることが大切です。

防寒対策をしっかりして、
ぜひ雪結晶観察に挑戦してみてください。