ブログこまち~NHK秋田アナ・キャス便り~

2022年2月

2022年02月25日 (金)

3月のお題、決まりました!【お題を考えるスタッフ一同】

いつも秋田放送局「ブログこまち~NHK秋田だより~」をご覧いただき、
ありがとうございます。
お題を考えるスタッフ一同です。

 

先日、「お題を考える委員会」が行われました。

 

長かった冬もあともう少し。もうすぐ春がやって来ますね。
雪がとけたら、あたたかくなったら、何をしようかなと考えていたら
なんだかウキウキワクワクしてきませんか?

 

ということで、3月のお題はこちら!

【続きを読む】

2022年02月24日 (木)

仙北の郷土菓子 ひなっこもち【宮地由季】

2月25日(金)ニュースこまち内「こま特」コーナーで紹介!
「仙北の郷土菓子 ひなっこもち」のレシピ

【材料】
・もち米粉・・・750g
・小麦粉・・・75g(もち米粉の1割)★できたお餅を柔らかく保つため
・水(ぬるま湯)・・・600㏄(硬さによって調整してください)
・あんこ・・・量はお好みで(少し硬めが作りやすい)
・食用の着色料
・笹の葉(あれば)

【作り方】
1 もち生地を作る
 もち米粉、小麦粉をボウルに入れて混ぜ、水を入れてよくこねる。
hinakko1_wm_1280x960.jpg
 (粉っぽさがなくなり、両手で持った時に少しずつ垂れてくるまで。)
 一晩寝かせるとよい。一晩寝かせたら、あんこをくるむ際に再びよくこねる。
 
2 あんこをくるむ 
 あんこはあらかじめひなっこもち1個分ずつに丸めておくとよい。
hinakko2_wm_1280x960.jpg
 皮になるもち生地を丸めてつぶし、5ミリくらいの厚さになるよう薄くのばす。


hinakko3_wm_1280x960.jpg 

薄くのばしたもち生地(皮)に丸めたあんこをのせ、手をひっくり返してくるむ。

 

hinakko4_wm_1280x960.jpg
 再び手をひっくり返して、もち生地(皮)を閉じる。
 手のひらで転がし表面を整え、少しつぶす。

3 飾り用の色つき餅を作る
 もち生地の一部は、飾り用に着色する。
 着色料は水気を含んでいるともち生地が柔らかくなりすぎるため注意!
 また、蒸かすと色が濃くなりやすいので、
 最初は薄めの色で作り、1度蒸かしてみて飾り用の色つき餅の濃さを調整するのがおすすめ。

4 飾りつけ
 飾り用の色つき餅を 薄く広げてクッキー型などで型抜きしたり、
 粘土細工のように好きな形にする。(あまり分厚いと火が通りにくくなる。)

 好きな模様に飾り付け。
hinakko8_wm_1280x960.jpg
 あんこを包んだ餅に貼り付ける際は、その餅表面を水で濡らして貼り付ける。

hinakko6_wm_1280x960.jpg

5 蒸かす
 家庭用の蒸し器で1回9個ほど、隣通しがくっつかないようにおいていく。
 1回12分ほどで様子を見て火が通っていたら、
hinakko9_wm_1280x960.jpg
シンクに持っていき 水をかけて冷やし、やさしく取り出す。
 (シャワータイプだとなおよい。蒸かしたては引っ付きやすく柔らかいため。)

6 笹の上に乗せて完成
hinakko7_wm_1280x960.jpg

hinakko10_wm_1280x960.jpg

ぜひ楽しみながら作ってみてはいかがでしょうか♪

2022年02月24日 (木)

2022年2月22日に番組で紹介した秋田弁川柳

2月のお題 「でろり(秋田弁で『すべて・すっかり』の意」「好きな秋田弁を使った川柳」

 

 kinsyou_2.jpg 
んめすぎて でろりねぐなる サキホコレ  (秋田市 ペンネーム はるたんまま さん)

 

 ginsyou_2.jpg
湯さ入り でろり さらった 海ながめ (秋田市 鈴木 エツ さん)

 

 dousyou_2.jpg 
()ほきゃし バッケに聞いた 春まだ 秋田市 土谷 実 さん 
※「ほきゃし」は「掘り返し」、「バッケ」は「フキノトウ」の意味。

 

歯がみして でろっとなげだ 雪の山 (潟上市 小熊 顕二 さん 
「歯がみして」は「歯を食いしばって」、「なげだ」は「捨てた」の意味。



2022年02月21日 (月)

秋田の伝統野菜【武田実紗】

こんにちは!武田です。

気づけば、秋田での生活を始めてから、
もうすぐ3年になります。

これまで取材で県内各地を訪ね、
地域のことをたくさん勉強させてもらいました。

そんな中でも、特に印象に残っているのは、
秋田のおいしい食べ物たちです!

今週25日(金)は、この時期が旬の
ある秋田の伝統野菜の話題をお伝えします。

厚く積もった雪の下で育つことが
おいしさの秘訣だそうです!

おすすめの食べ方もたくさんご紹介します。
ぜひご覧ください!

IMG_0884.JPG

2022年02月15日 (火)

やっぱ乃木坂だな!【大谷昌弘】

こんにちは、大谷昌弘(おおたに・まさひろ)です。

今月11日、FM「今日は一日“乃木坂46”三昧〜第2章〜」の進行を担当しました。

 zanmaiootani.jpg

 

 これまでブログやTwitterなどでもお伝えしていましたが、

乃木坂46は大学生の頃からのファンで、ライブや握手会にも行っていた憧れの存在でした。

いつかお仕事でご一緒したい…という夢が入局8年目にして実現しました。

 

しかし、いざ乃木坂の皆さんを目の前にすると、

喜びと同じくらい緊張が湧いてきました。

チャンスがあったら「あのドラマ見ています!ラジオ聴いています!」

お伝えしたいと思っていたのですが、緊張のあまり

お話することなど、とうてい無理でして…

そうです。握手会の前、「あの話をしたい!」と思っていたのに、

いざ自分の番が回ってきたらうまく話せなくなる、あの状態です。

そんな私を見かねて、プロデューサーが声をかけて写真を撮ってくれました。

 

manatu.JPG

推しの秋元真夏さんに冒頭名前を間違えていただいたのも良い思い出です!!

 

 

ayane.JPG

鈴木絢音さんは、私が秋田から来たということを知って、声をかけてくださいました!

以前から番組で絢音さんの秋田愛を拝見しておりましたが、

改めて地元を想いながら活動されているんだなと感じました。

 

メンバーへのニュースリードや天気リポートのレクチャーも

うまく教えられるか、内心ドキドキでした…。(噛んだのは、緊張のせいだもん…!)

 

今回、乃木坂の皆さんと間近でお仕事をして、

ファンのみなさんに楽しんでいただきたいと臨む姿勢や、

仲間を思い、今後のグループについてみんなで真剣に考えているのを見て

改めて素敵なグループだな、ますます応援していきたいな、と思いました。

 

また、リスナーのみなさんからの感想も拝見し、

これまで乃木坂の曲に励まされ、ライブを楽しみに頑張ろうと思っていた一人として、

誰かの明日の活力になれる、励みになれる仕事の素晴らしさを感じ、

乃木坂46への感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 

そして、もう一つ。

乃木坂三昧で秋元康さんのお話を伺って、

上司の吉田アナウンサーのブログの通り、

自分の“色”や“好き”を出すことで、誰かが見つけてくれるかもしれない、

誰かは見てくれているのかなと、そんなことも感じました。

「自分なんかどうせダメだと思わずに 頑張ってみよう 誰かがきっと見ててくれる」

ですよね!

NHKには多くのアナウンサーがいる中で、

秋田から番組に携わらせていただけたことが本当に嬉しかったです。

 

また、番組内でコラボした「沈黙の金曜日」さん、失礼いたしました。

(いつも通り、アプリで聴き逃し配信をチェックしたところ、

大変なことになっていたことを知りました)

番組の(アルコ&ピースさんの赤坂のラジオも)リスナーでもあったので、

お話したい衝動に駆られて、余計な情報を提示してしまいました…

いつか「あのときの大谷です」とご挨拶して共演させていただけるように、

これから精進いたします。

 

 

乃木坂三昧を聴き逃した方へ!

前半は今月18日午後6時50分、

後半は19日午前0時までらじるらじるで聴き逃し配信しておりますので、ぜひお楽しみください!

 

 

今月25日の「放課後ラジオよりみちこまち」でも、

乃木坂の曲をご紹介したいと計画中です。あの曲にしようかな…!

 

温かく受け入れてくださった乃木坂46のみなさん、

リスナーのみなさん、ありがとうございました!

やっぱ乃木坂だな!