ブログこまち~NHK秋田だより~

2020年12月

2020年12月28日 (月)

Spirits Of Fire【吉田一貴】

今年もあとわずかですね。

2020年は誰もが思ってもみない1年となりました。


去年の今頃も、年を締めくくるブログを
私書いておりますが、

今見ると
やれSLAYERだMOTLEY CRUEだと
実に安穏としたことを言っていたものです。

 

あのとき願ったような

「素敵な1年」
にはなれなかったかもしれません。

今もなお、不安の中、不便の中暮らす日々。
いい加減、疲れた・・・
とお感じの方も多いと存じます。

とんでもない1年だったと
振り返ることもあるでしょう。


それでもなお、私自身は
ことしは
「素敵なもの」
頂けた1年だと感じています。


「放課後ラジオよりみちこまち」
出演してくれた若者たち
再開を待っていてくれたお客さんたち
いつもお便りをくれる方たち。
みなさんの姿を見ることで
救われていたと感じます。

 

「昆虫大好き!BugsPark」
ステージショーをまっすぐ見つめる子どもたち
目をきらきらさせて虫を見つめる子どもたち
それを嬉しそうに見つめる子どもだった虫好きアナ。
コロナ禍のイベント、
本当に良いものを見せてもらったなあと感じます。


そりゃ色々大変なことも多かったですよ。
それでも、1年の最後には
うれしかったことを思い出したい、
楽しいことを考えたいじゃないですか。ねえ。

 

大晦日には紅白でBABYMETALが見られるんですよ。
楽しいじゃないですか。歌うのは「イジメ、ダメ、ゼッタイ」
最高ですよ。まあ「Road of Resistance」希望でしたが。
あとことしも Official髭男dism 出るんですよね。
彼ら、Children of Bodom好きで集まったバンドですからね。
話題の「鬼滅の刃」の曲だって割と、というかかなりメタルチックですからね。
メタルと炎なんて切り離せないですからね。

つまりは今年はメタルだらけの紅白なんですよ。

メタル!!!心を燃やせ!!!

 

すみません、取り乱しました。ごめんなさい。
戯れ言ですのでイジメないで下さい。ダメ、ゼッタイ。

 

 

日々のニュースは
明るいものばかりではありません。
来年も、何がどうなるかは分かりません。

でもだからこそ
みなさんに確かな情報と
時には笑顔になれる瞬間を届けていく。
そのために秋田アナウンスは日々精進して参ります。

2021年もそれだけはお約束して
1年の締めくくりとしたいと思います。

 

それでは

良いお年を!

 

なお、年明けにかけては大雪も予想されています。

交通傷害、除雪中の事故、水道管の凍結など

十分にお気をつけ下さい。

 

2020年12月25日 (金)

レッツ手芸、編み物♪【宮地由季】

miyachi1225.1.jpg

メリークリスマス!

先週の話になってしまうのですが、
12月18日(金)のニュースこまち「こま特」を担当しました。
内容は、コロナ禍で楽しむ人が増えた「手芸」について。

全国から作品が集まった手芸市を取材し、
この冬のおうち時間の提案として私が編み物に挑戦しました。

編み物の魅力の一つとして、
無心になって取り組めて癒されることを体感しました。

作ったのがこちら、「かぎ針編みのコースター」。
miyachi1225.2.jpg

スタジオでは江口キャスターと一緒にお伝えしたのですが、
江口さん「教えてください」と興味津々!

今週、休憩時間に本当に一緒にやってみました。
miyachi1225.3.jpg

完成させるには時間が足りませんでしたが、
少しずつ形になっていくのが嬉しそうでした。
miyachi1225.4.jpg

 

私自身、小学生ぶりの手芸、はじめてのかぎ針編みでした。
あっという間に時間が過ぎるしかわいいし、
おうち時間が豊かになりそうです。

2020年12月22日 (火)

1月のお題、決まりました!【お題を考えるスタッフ一同】

いつも秋田放送局「ブログこまち~NHK秋田だより~」をご覧いただき、
ありがとうございます。
お題を考えるスタッフ一同です。

(みなさまからのお題の投稿がこの企画の生命線です。ぜひお気軽にご投稿ください!)

 bosyu_02.jpg

先日、「お題を考える委員会」が行われました。


いよいよ新しい一年の幕開けです!

ということで、1月のお題は新年恒例(ということにしたいと思っています)のこちら!

【続きを読む】

2020年12月18日 (金)

はじめまして、秋田の冬【江口実玖】

こんにちは。

初めて過ごす秋田の冬の寒さに日々戸惑っている江口です。

 

 秋田市内でも雪が積もり始め、

慣れない凍った雪の上を歩くと何度もつるつる。うまく歩けません。

歩幅を小さく、慎重に慎重に歩いています。

 

そして驚いたのが、吹雪の中を歩く時の大変さ。

顔が痛いのと、雪が目に入り開きません…。どうしたらよいのか…

と苦戦しています。

秋田の方に「秋田の冬はまだ始まったばかりよ!」と言われ、

もっと寒くなるのか…と不安になりながらも、

早く慣れなくてはと少し焦っています。

 

そんな中でも

協力して雪かきをする地元の方々や

寒かったでしょ~と温かい飲み物を渡しあう姿など

私だけかもしれませんが、

寒い地域ならではの「温かさ」に日々小さな幸せを感じているのです。

 

 

先日小さな雪だるまを作ってみたので写真を載せました。

 1218eguchi.jpg

 

皆様、

雪下ろしを行う際や除雪作業中などの事故には十分注意してお過ごしください。

 

2020年12月16日 (水)

2020年12月15日に番組で紹介した秋田弁川柳

12月のお題 「うるだぐ(秋田弁で『慌てる』の意)」「好きな秋田弁を使った川柳」

 

 kinsyou_2.jpg  
恋人を うるだぐ親に さっと告げ  (秋田市 安保和子 さん)

 

 ginsyou_2.jpg
ピンポンの  おどに うるでゃで マスク着け (潟上市 小熊顕二 さん)
※「うるでゃで」は「慌てて」の意味。

 

 dousyou_2.jpg 
黒い影 過ぎり うるだぐ 茸取り (鹿角市 伊藤国翁 さん)
うるだぐな この先二人 ゆるり旅」  (秋田市 伊藤澄子 さん)