ブログこまち~NHK秋田だより~

2020年11月05日 (木)

「私の隠された能力」【2020年11月分月のお題】その3

2020年11月のお題は、

「私の隠された能力」

です!

さて、3回目の答えは…

 

【宮崎慶太】
宮崎 慶太隠された能力で魔法が使える、とかに憧れはありますが、、、

もう少し若かった頃は、大食だったり、握力が70kgくらいあったり、
多少、能力と言えるかもしれないことがありましたが、今や加齢とともに能力は減退気味。。。
あげるとするなら、「山で生き物を見つける速さ」でしょうか。
昆虫のみならず、動物や植物などを5感+6感も働かせて見つけるスピードには自信があります!

あまり使い道はないのですが、、、
ちなみに、蚊に刺されてもほぼかゆくならない能力はあります。

 

 

 

【高野栞】
髙野 栞実は、「世界2位」の称号を持っています。

忘れもしない、学生時代の夏休み、
あれは、京都から秋田の実家に帰省する日でした。
空港に向かう前、大阪のとある商店街が開催していた
「ヤカーリング」の世界大会に、勢いで出場したのです。

つまりはこの競技、やかんを使って行うカーリングです。
ルールは、カーリングに構想を得たもの。
底にキャスターをつけたやかんを転がして的を狙い、中央に近ければ近いほど
高得点がもらえ、その合計点数を競います。
このとき、同点で試合を終えるとじゃんけんで勝敗を決めるのですが
わたしはひたすら、じゃんけんで、しかもパーで、決勝まで勝ち上がりました。

決勝の相手は、大阪で英語教師をしているカナダ人。
う~ん、まさに 世界大会という感じがしますよね。その人は対戦相手のわたしを見て、
ジーンズのポケットに入っていた、カナダの炭酸ジュースを一気飲み。
こちらも負けじと、自動販売機で日本茶を購入。見せつけるように がぶ飲みしました。
そして始まった決勝戦。熱い戦いを繰り広げ、やっぱり同点。これはもう、パーしかない!

なんと、相手が出したのは チ ョ キ 。
惜しくも世界チャンピオンになれなかったあのくやしさ…… いまでも覚えています。
ということであの日、「世界2位」になりました。

ちなみに、準優勝の商品は あきたこまち10キロ。
まさか、地元のお米を抱えて、地元に帰るとは。
でも、一緒に凱旋ができて、うれしかったです!!

 

 

 

 

【加藤直樹】
加藤 直樹まったく披露する場はありませんが
口笛が得意です。

ヒヨコの鳴き声の真似もできますよ!(笑)

 

 





【亀田瑛莉子】
亀田 瑛莉子子どものころから、人よりも記憶力がいいような気がします。
1年以内であれば何月何日に何が起こったか、だいたい覚えています。
「いつ、どこで、誰が、何を、なぜ、どのように」物事が起こったか、
いわゆる「5W1H」をむしろ忘れられないんです。

自分のことだけでなく、他人に起こったことも含めて、
正確な日付まで覚えていることもあるので、よく「怖い」と言われます。笑

でも、勉強の暗記などとは違う脳の使い方なのか、勉学でこの能力は生かされませんでした。トホホ

 

 

 

【渡辺早紀】
渡辺 早紀嗅覚です!!
家から数十メートル離れた所でも、「夜ごはんは〇〇でしょ」と当てられます。

学生時代、テーマパークでアルバイトをしていたときは、
香りの記憶を頼りにポップコーンの各フレーバーの販売位置を覚えていたくらいです。

アロマテラピー検定にも無事合格した嗅覚です。
この嗅覚を信じ、次はコーヒーや紅茶、日本酒やワインを “目利きのメ” ならぬ “鼻利き” しようと思います。


ひき続き、2020年12月以降のお題のご投稿をお待ちしています。
お題を決める会議は、実は、毎月中ごろにおこなわれています。
「12月に答えてほしいなー」というお題の案を、
11月上旬のうちに送っていただくと、
採用の可能性が高くなりますよ!

メールフォームからのご投稿をお願いします!