ブログこまち~NHK秋田だより~

2020年11月04日 (水)

「私の隠された能力」【2020年11月分月のお題】その2

2020年11月のお題は、

「私の隠された能力」

です!

さて、2回目の答えは…

 

【吉田一貴】

吉田 一貴「ペインキラーを原キーで歌える」
このコメントを
よくアナウンサーの自己紹介ページなどで書いてきました。
特技と言えることなんてこれくらいしかありません。
しかし齢40を迎え、今でも本当にジューダスプリーストを

歌えるのか自信がありません。
カラオケもいけず、自宅では家族の迷惑ということで
確かめるすべもなく苦しんでいます。

まあ歌えなくなっていたとしても
誰も困らないのですが。

 



 

【秋野由美子】 
秋野 由美子能力 とは とても申せませんが
のんびり歩き始めたら4時間以上たっていた…
などということは他の人は あまりなさらない(したがらない)、
変わったことかと。

 




 

【倉沢宏希】
倉沢 宏希「中華鍋をふること」です。
大学生のころ、中華レストランでキッチンを担当していました。
鍋の上を具材が華麗に舞う様子が思い浮かぶと思いますが。
鍋は上下に振るのではなく、前後に振るのがポイントです。

試してみてください!いつか披露したいものですね。




 

【江口実玖】
江口 実玖アナウンスのプロフィールに
野球ができて、チェンジアップを投げることができると書いていますが、
実は私、鉄棒も得意なんです。

小学生の時、テレビに映る体操の選手に憧れ、
友達5、6人と鉄棒クラブというものを自分たちで作りました。
お昼休みや放課後、時間があればみんなで鉄棒の場所へダッシュ!
学校のグラウンドには低い鉄棒と高い鉄棒があって、技によって使い分けていました。

逆上がりや地球回りから、グライダーと呼ばれる技まで練習しました。
だれが先に新しい技を成功させることができるかを競っていました。
手の平に豆がいくつもでき、あの頃は、絆創膏だらけになっていましたね。
先生によく心配されていたことをおぼえています。
今でも鉄棒を見かけると小学生の時を思い出して挑戦してみたくなります。


みなさんいかがでしたでしょうか?

お題の回答「その3」はあす11月5日(木)正午に公開予定です。

お楽しみに。