ブログこまち~NHK秋田だより~

2020年07月29日 (水)

ぐんぐん。【髙野 栞】

昨夜、ひたすら坂を上る夢を見ました。

夢から覚めた朝。蒸し暑さもあってか、
火照った頬と、少し汗ばんだシーツ。
その内容はハッキリと覚えていませんが
上へぐんぐん向かうのが楽しかったのは
しっかりと覚えていた、たかのです。

思い返せば、小学校も中学校も高校も
大学も大学院も、校舎がすべて 山の上。
坂道とは、もうずいぶんと長い関係です。

中でも一番キツかったのは、
大学院のときかもしれません。

京都と神戸の間を電車に揺られて通いました。
登校の本番は、最寄り駅についてからです。
連続して襲い掛かる、容赦のない角度の坂道。
上り切ったと思えば キャンパス内も階段だらけ。
季節を問わず、とにかく汗だくの日々でした。
おかげさまで足の筋肉がぐんぐん成長しました。


そういえば、わたしが大好きな某水泳のアニメで
鳥取県岩美町がモデルとなっている作品があります。
その主人公の家が、細く長い坂の上にあるのです。

2年前の夏、念願の聖地巡礼で 現地へ飛びました。
この目でその場所を確認したときの、あの 興 奮 !
感動で言葉が出ないとは、こういうことなんだと
実感したのもあの日です。本当に、静かに震えました。
いつかまた絶対、あの坂に会いに行きたいものです。

ところで、今回をきっかけに
岩美旅行の写真を見返してみたら、
美しい景色とともに
最高のぬい撮りができていたので
興奮度がぐんぐん高まった たかのが、
きょうのブログ担当でした。