スペシャル

横山総監督のはんなり相談室‐岡田奈々‐

本日の相談メンバーは岡田奈々

横山「コレもらったんですよ。でもなんかね、こっちにシュってやると、コッチにしたら回転が変わるんですよね(笑)」

岡田「失礼します」

横山「あ、なぁちゃん」

岡田「おはようございます」

横山「おはよう、よろしく!なんか流行ってるらしいねん、これ」

岡田「なんかちょっと、回転するものが…。失礼しまーす」

総選挙を終えて…

横山「じゃあ今日はちょっと、自己紹介をまず」

岡田「はい。AKB48チーム4、そしてSTU48キャプテンを兼任してます。岡田奈々です。よろしくお願いします!」

横山「(パチパチ)なぁちゃんですよ。選挙も終わって…」

岡田「落ち着きましたね、とりあえず」

横山「ね、ランクアップして」

岡田「ありがとうございます」

横山「私は なぁちゃんのスピーチは、なんかすごいなって思って」

岡田「えー!?ホントですか?」

横山「うん。しかも、なぁちゃんにしかやっぱ言えへんよなって思って」

<総選挙VTR>

岡田「自分は真面目にやっても、いつか必ず48グループのてっぺんを取れると信じています。まっすぐに頑張っている人が報われるようにグループを変えていきたいです」

勇気を出して言った あのスピーチ

岡田「悩んだんですよ。すごい上から目線になっちゃうんじゃないかなとか、思ったりもしたけど勇気を出して言ってみたっていう感じですね」

横山「色んなやり方があって色んなメンバーがいるのが正しい…」

岡田「そう!」

横山「それがAKBグループやし、面白いけど。でもそれが、なんでもありすぎちゃアカンよなって、私も思ってたけどなかなかビシッと言えなかったりした自分がいたから。でも今のこの状況でなぁちゃんがいてくれてるのが本当にありがたい!」

岡田「えー!?大げさですよ!いつも(笑)」

“基本的”なことを必ずやっている

横山「なんか、AKBってレッスンとか多いんですよ。コンサート前とか、新公演の前とかレッスンがあるときに、新しい曲を振り入れするって時もあるし、既存の曲でメンバーが変わっていくからレッスンをするっていう時もあるんですけど、そのどっちの時もなぁちゃんは完璧に歌詞と歌と覚えてきていて、ちゃんと基本的なことをコツコツやってて。で、実を結んでるなって感じがする」

岡田「足引っ張っちゃったら本当に嫌だなと思って。やっぱ先輩方とかは覚えが早いから別に事前に見ていかなくてもできちゃうんですよね。でも私は事前にやって行かないともう足を引っ張り引っ張りダコで。もう本当に大変」

横山「あはは!でもそれがすごい偉いなと思う。私も、A公演、チームAの新公演の時と たかみなさんのプロデュース公演がかぶってて、振り入れの時期が。もうあの時は本当に終わったと…」

振り入れのVTRを見て…

岡田「お蔵入り(公演)。一緒でしたよね」

横山「そう、お蔵入り!あはは!」

岡田「お蔵入り仲間」

横山「そう本当に、なぁちゃんはもう曲も歌詞も振りも全部覚えてリハに挑んでんのに、私とか あんにん(入山杏奈)、その当時Aのレッスンと一緒やって、頭パンパンやから本当にレッスンのVTR見ても自分踊れてなさ過ぎて意味ない、みたいな(笑)」

岡田「お蔵入り(公演)って、お蔵入りの曲だから全然やったことない曲ばっかりで超ツラかったですよね!」

嫌われてもいいから…

横山「そう!本当にツラかった!でもあのVTRとか見て、自分は全くできてないVTRね、撮ったけど家帰って見て、なぁちゃんが本当に一生懸命やってるからやっぱ頑張らないとって思えたから。なぁちゃん本当にいろんな人にそういう気持ちをもたらしてくれてると思う」

岡田「いや、もうなんか嫌われてもいいやって思って歌ったり踊ってます」

横山「あはは!いやいや」

岡田「やっぱ疲れてるのに横で大声で歌ってたら、多分すごいムカつくじゃないですか?でも、もういいやと思って歌っちゃう(笑)」

宮脇咲良が岡田を見て…

横山「うんうん。なんかその真っ直ぐなのが、(宮脇)咲良も、この間ミネルバかな?のVTRを見てるときに『岡田奈々ちゃんが一生懸命ですごいカッコいいし、頑張らないとって思う』ってやっぱ言ってたもん」

岡田「ええ!わぁ…さくちゃん。最近仲良くなりました」

横山「あ、一緒に公演出て?」

岡田「そうなんです」

横山「やっぱ公演イイよな。一緒に出ると…」

岡田「公演大好きです。選抜もやりつつ、STU48もやりつつ、AKB48の劇場に立ち続けるっていうのが夢なので」

横山「うん!だから兼任ていうのはいいね」

岡田「すごく自分にとってはやりがいがある」

横山「移籍するとやっぱね」

岡田「そうなんです。劇場立てなくなっちゃうので」

STU48のキャプテンに就任して

横山「うんうん。STU48のキャプテンに、ならないか?っていう感じで?やってみない?っていう感じで言われたの?」

岡田「キャプテンに関しては、オールナイトニッポンのほうで『キャプテンです』って言われて、や~無理です!っていう風に…兼任はもう前向きに決まってたんですけど。キャプテンに関してはすごくやり取りしました」

横山「そうね。兼任をするっていうのは、やってみない?って声をかけてもらった感じ?」

岡田「なんかもう、スッゴイ悩んでた時期があって。自分がこのグループに全然貢献できないし。正直いなくても変わりはいっぱいいるなっていう風に感じてるときがあって。そういう時に『STU48っていう新しいグループを持ってみない?兼任してみない?』って言われて、すごいときめいた自分がいて。新しいことに挑戦して、そこで自分がグループに貢献できたらいいなっていうのをすごく思って」

STU48のキャプテンとして

横山「でもまぁ、キャプテンっていうのはビックリしたわけやん。で、いざ今やってみて。私は総選挙のスピーチをなぁちゃんがSTU48のこと言った時に、STU48のメンバーがすごく涙を流してる姿を見て、まだ始まってそんなに経ってないけど、やっぱりなぁちゃんはキャプテンらしく引っ張ってるんやろなっていうのがその瞬間でもう分かった。どうですか?楽しいとか、大変とか。なんかある?」

岡田「楽しいですね、もう。やっぱみんながすごく、何をするにも新しい反応だし。ピュアで一生懸命で。自分もやっぱそういう気持ちを忘れたくないなってずっと思ってたから余計に刺激を受けるし。でもキャプテンやってみて、横山さんの大変さがすごくわかったような」

横山「あら」

岡田「まだ全然ですけど。ちょっと共感と言うか」

横山「うん」

岡田「できたような気がして。多分やることが人の倍以上じゃないですか」

横山総監督の大変さがわかった

横山「あははは。実はね。分かられにくいけど」

岡田「パフォーマンスを磨けばいいだけじゃないし。すべてイベントの内容を把握して仕切って…」

横山「台本を覚えたりとか」

岡田「そうなんですよ。すーごい、やることが5倍ぐらいぐらいあって」

横山「そうそうそう(笑)」

岡田「だから横山さんの体が心配になりました」

横山「優しい!なぁちゃんは自分大事にしてよ!体だけ大事にしてね、なぁちゃんは」

岡田「そうですね。体が資本なので」

横山「そうそう。無理しすぎず」

横山「プライベートは、(村山)彩希とかと過ごすの?」

岡田「あーははは!」

横山「彩希と仲良いよね?」

親友 村山彩希

岡田「はい。仲良しですね」

横山「何すんの?プライベートで」

岡田「えぇ~。映画観て、カフェに行ってみたいな(笑)」

横山「おしゃれ(笑)おしゃれな休日」

岡田「全然普通のことしかしないんですけど。やっぱ“シアターの女神”じゃないですか」

横山「彩希ね」

岡田「私も劇場大好きなので、そうやって普段劇場守ってくれてる存在なので すごい話も合うし、話も聞いてくれるので、仲良くさせてもらってます」

横山「いいね」

もうすぐ20歳

横山「今はなんか大人っぽくなって、そう。いいと思う」

岡田「もうハタチになるんですよね」

横山「そうやんな。どうする?20歳になったら」

岡田「え、どうしたらいいですか?」

横山「ハハハ!乾杯しよ、乾杯!」

一緒にお酒を飲みたい

岡田「したいです!横山さんがそういう、酔っぱらった姿とか見たことがないので」

横山「そうね(笑)アハハ!」

岡田「ちょっとこう、いつもの真面目じゃない姿も見てみたいなって思いはあります」

横山「じゃあ一緒に行こう!(笑)」

岡田「でもお互いなんか…真面目じゃなくなったら、収拾つかなくなりそうな感じありません?」

横山「そうやんな!ちょっと、私いつもお酒飲むときはしいちゃん(大家志津香)がいんねん。ちゃんと見張ってくれるから。だからこの(2人の)間に、しいちゃんを入れて」

岡田「誰か入れた方がいいですね」

横山「そう誰か入れて、大丈夫なようにしよう(笑)」

岡田「それがいいと思います!」