スペシャル

たかみな(前)総監督のお説教部屋‐松村香織‐

本日の呼び出しメンバーはSKE48松村香織

たかみな「やっぱり最後と言えば、って方が来てくれるんでしょうね!楽しみです」

かおたん(松村香織。以下、かおたん)「たかみなさーん!どうもー!最後にふさわしい私ですよ~!」

たかみな「ちょっとごめん!多分間違えてるから、帰ってもらっていいかな?」

かおたん「待ってください(笑)間違えてないですよ。名古屋から来たんですから、今日!」

たかみな「部屋間違えてる!多分、SKE48のマネージャーが間違えてる!」

かおたん「間違えてない!間違えてないですよ!」

たかみな「ウソでしょ!ちょっと待って…」

かおたん「本当にうれしい!本当にうれしいんですけど」

たかみな「待って待って!松村と話すのは嫌いじゃないよ。ただね、これ。最終回かもしれない。この回」

かおたん「すご~い!!!」

松村香織は高橋より年上?

たかみな「フザけんなよ(笑)誰だよブッキングしたのー!だって、あの、松村さんは私より年上ですよね?」

かおたん「上ですね(笑)」

たかみな「お、おいくつ…?」

かおたん「えっと~、(6のジェスチャー)」

たかみな「言えよ!!」

かおたん「あはははは!」

たかみな「何で今さら隠すんだよ!」

かおたん「ですね」

48グループの異端児

たかみな「そっかー。すごいよね」

かおたん「そうなんですよ」

たかみな「異端児だよね。異端児過ぎるよね」

かおたん「いやいやいや、でも。梅田(彩佳)さんが(卒業)発表されたじゃないですか」

たかみな「卒業発表しちゃいましたからね」

かおたん「てなると、あの、こじはるさん(小嶋陽菜)の次が私なんですよね(笑)」

たかみな「小嶋さんに謝れよー!!(笑)」

かおたん「あははは!」

20歳でSKE48に合格

たかみな「かおたんはさ、何年SKE48にいるの?」

かおたん「私は20歳の時に入ったので。ま、入ったのが遅いっちゃ遅いかもしれないです。みんなに比べると。スタートが」

たかみな「よくハタチで受かったよね、オーディション」

かおたん「そうなんですよ!AKB48は年齢の基準で、応募できなかったんですよ」

たかみな「え?待てよ。もしそれが可能ならばAKB48のオーディションを受けてたってことですか?」

かおたん「一応、送ったんですけど…」

たかみな「送ったんかい!!!」

かおたん「あははは!」

3期生としてSKE48入り

たかみな「何期で?」

かおたん「いや、だって適当に送りまくってて。SDN48の1期生も送りましたもん」

たかみな「あはははは!でもSKE48には受かったんですね」

かおたん「そうなんです。2期生の方に送って、最終(オーディション)で落ちて、それでもう1回、3期生で送ったら受かっちゃって」

たかみな「でもそこから長い長い研究生時代っていうのが始まるんですね」

かおたん「そうですね」

過去の経歴が話題に

たかみな「でもさ、ホント異色だよね。この前ラジオでも暴露してましたけど、ちょっと、キャバクラでも働いてたしね」

かおたん「ハイ。そうですね(笑)働いてました。いろいろ働いてましたよ」

たかみな「普通だったらさ、アイドルやってます、その、キャバクラの話もちょっと週刊誌に出たわけじゃない?普通さ、大ダメージじゃん。『え…そんな…』みたいな。世間はちょっとなりやすいじゃん」

かおたん「はいはい。まぁそうですね。全然ダメージなかったです。本当に」

たかみな「松村のファンの人はさ、何者なの?」

かおたん「え?(笑)」

大爆笑できる?写真集

たかみな「ハハハハ!すごいよね。私、松村のファンに拍手を送りたいよ!」

かおたん「本当ですか?」

たかみな「あの写真集見たかと!松村ファンよ!あれでも応援してる松村ファンよ!と」

かおたん「はははは!」

たかみな「あの色っぽい写真集で、面白いと思える、大爆笑できる写真なんて なかなかないんですよ!小嶋さんの写真集で笑いましたか、みなさん!」

かおたん「ま、笑わないでしょうね(笑)ムラッとしますもんね」

たかみな「そう。ムラッとするのに、松村の場合はムカッとする(笑)」

かおたん「あはははは!」

2013年4月 SKE48終身名誉研究生に就任

たかみな「でも本当に長い研究生時代を経て、“終身名誉研究生”ってなるわけじゃん」

かおたん「なりましたね」

たかみな「うれしかった?」

かおたん「あれは、うれしかったですね、私。話をいただいたときは」

たかみな「そっかそっか」

かおたん「最初の方はやっぱり、本気で昇格も目指してたし、発表があるたびに泣くし、悔しいなって思ってたんですけど、本当にもう、後半にかかると、なんて言うんだろう?絶対、私じゃなくてこの子が昇格するだろうなとか、昇格すべきだなとか。わかるじゃないですか。空気で」

長かった研究生時代

たかみな「まあ、ね?大人だし、察するよね」

かおたん「そうです、そうです。もう、職業いろいろやったし(笑)」

たかみな「(笑)」

かおたん「客観的にいろいろ わかっちゃうから」

たかみな「大人の事情もね」

かおたん「そうです。だから、(昇格が)来ないなって思った時に、『ネタに変えられないかな』って内心思ってて」

2015年3月にSKE48チームKⅡへの昇格

たかみな「そうだね、せっかくなら、おいしいポジションになったほうがね」

かおたん「こんだけ昇格できないなら。プラスに変えようと思って、(終身名誉研究生の)お話も受けたんですけど」

たかみな「イッキに知名度っていうかね、『なんだこの子は!?』っていう存在には、確実になったよね」

かおたん「ありがとうございます」

たかみな「このままいくんだろうなって、きっと本人も思ってたんだろうけど…正規メンバーに」

かおたん「そうですね」

たかみな「これだけ泳がされてね」

かおたん「ハイ(笑)」

たかみな「だったらもっと早く上げろよ~ってきっと思うわけじゃん」

かおたん「はいはい」

たかみな「『逆にいいわ!』みたいなことにはならなかったの?」

ファンが喜んでくれた

かおたん「やっぱ意見それぞれですけど、終身名誉研究生になっても、いつかは正規メンバーになってほしいっていう方が多かったので、すごい喜んでくれましたね」

たかみな「そうだね。これだけ待ってねー」

かおたん「はい」

たかみな「『よかった!かおたん』っていうね。」

かおたん「うん」

去年の選抜総選挙で13位にランクイン

たかみな「総選挙があって、かおたんランクインということで…」

かおたん「ありましたねー」

たかみな「すごいよね」

かおたん「本当に、信じられなかったです」

たかみな「本当にスゴイことだと思うよ!」

かおたん「ありがとうございます」

SKE48では3番手に

たかみな「だってさ、(松井)珠理奈の次の、次か」

かおたん「珠理奈さん、(宮澤)佐江ちゃん、の次です。(うなずき)」

たかみな「え!?」

かおたん「はははは!」

たかみな「じゃあ…3番…トップスリーだ」

かおたん「3番手。その時は。そうですね」

たかみな「それ、欲はでるでしょ?今年の総選挙とかさ。トップ10も見えてくるわけじゃん」

かおたん「いやいやいや(笑)そんなことないですけど」

トップ10も見えてきた…?

たかみな「だって、普通に考えたら私抜けるやん。そのままだと1個順位上がるよ」

かおたん「佐江ちゃんも抜けますもんね」

たかみな「11位やん。ホラ!!ホラ!!」

かおたん「ハハハハ!ちゃうちゃうちゃう!そんな繰り上げで行けるような、そんな…」

たかみな「そうだけど、ナチュラルにそこが抜けてポッと上がったらさ」

かおたん「ポッとあがればそりゃそうですけど(笑)」

たかみな「どうなんですか?」

かおたん「難しいなと。ただ、出馬しないとしたら、ある意味逃げっちゃ逃げだし、そういう考えもあるじゃないですか」

たかみな「そうだね、わかるよ」

かおたん「だって自分の順位を知りたくないってことだし、もし下がるとしたら、下がる現実から逃げてることになるだろうなって」

たかみな「なにをしてもね、言われるからね」

かおたん「そうです、そうなんですよ。だから本当に難しい」

卒業は考える…?

たかみな「卒業はどうなんですか?考えてらっしゃるんですか?」

かおたん「いや、そりゃね。考えてないって言ったらうそですけど。佐江ちゃんも卒業して、これから…自分のタイミングというか、どこを着地点にしたらいいんだろうっていうのは、すごい思います」

たかみな「そうだね、私も松村を外に出すのは恐いよ。逆に」

かおたん「ハハハ!なんで」

たかみな「どっちが正解なのかなって思うよ」

SKE48だからこそ…

かおたん「どうなんですかね?でもSKE48っていう肩書があるからこそ、昔、歌舞伎町とかでお仕事してたのもギャップを感じるし。いざ、アイドルっていう縛りがなくて外に出たらもっとスゴイ子たちっていっぱいいるじゃないですか」

たかみな「そうだね」

かおたん「私の知ってる人だと、家無いアイドルとかいるんですよ」

たかみな「ハッハッハッハ!それはアイドルなんですか!?」

かおたん「アイドル。でも家が無いんです。そういう子たちに太刀打ちしていかなきゃいけないってなると、卒業してやっていく自信はまだないなって思います」

30歳まで続けるのは…

たかみな「そっか。逆にね、私からしたらよく、番組とか出ると『30歳までいたほうがおもしろい』とか、秋元さんも『それが出来るのは小嶋だな』とかさ。指原か、とか言ってるけど、一番リアルなのは かおたんなんじゃないかなって思ってる」

かおたん「30歳ですか?」

たかみな「うん」

かおたん「ありがとうございます!」

たかみな「これ最後にトンデモナイ話してる(笑)」

かおたん「ほんとですかー?」

たかみな「ホントよ。まぁ、ありがとう!」