スペシャル

たかみな総監督のお説教部屋‐松井珠理奈‐

本日の呼び出しメンバーは松井珠理奈

たかみな「やー、やっと来たなって感じですね。満を持してと言うか。『ここかな』というタイミングでございます。どうぞ!」

じゅりな(松井珠理奈。以下、じゅりな)「こんばんは~!」

たかみな「やっほー!来たね珠理奈」

じゅりな「初めましてですね」

たかみな「いやいや!どこがはじめましてだよ!やめなさいよ!」

じゅりな「(笑)説教部屋、初めまして」

たかみな
「そうね、説教部屋はね、初めましてだよね」

じゅりな
「はい。よろしくお願いします」

たかみな「どっかで呼ばなきゃとは思ったんだけど、ま、ここかなっていうタイミングだよね」

じゅりな「ホントですか?ここでした?(笑)」

たかみな「うん。ここだなって思った。いやココだろー!」

じゅりな「あははは!」

たかみな
「ここでした?じゃないよ!」

AKB48との兼任解除を発表

じゅりな「結構ファンの方にも『いつ出るの?早く出て』って、楽しみにしてもらえてたのでうれしいです」

たかみな
「AKB48との兼任を解除してSKE48専任っていうことになりました」

じゅりな
「はい」

たかみな「あの後ちゃんとね、そのことについて話してないよね?」

じゅりな「確かに。話してないですね」

発表して何か変わった…?

たかみな「どう?発表して1ヶ月ちょっとですけども」

じゅりな「うーん、なんだろうな。あんまり変わったことって…まだそんなになくて」

たかみな「まだそんなに実感しないか」

じゅりな
「でもなんかファンの人から『きれいになったね』って言われるんですよ(笑)」

たかみな「キレイになった?」

じゅりな「なんか多分スッキリしたんですかね?」

たかみな「んーまぁね!気持ちのスッキリっていうのはあるよね。あ!私もやっぱ卒業発表してから~可愛くなったねって言われるの。ハハッ」

じゅりな「もともとかわいいですよ!(笑)」

たかみな「笑ってるやないか!もともとって言って笑ってるやないか!」

じゅりな「ははは!」

たかみな「でもやっぱり、自分の知らない所で、例えば何かに決断に悩んでいたりとか、そういうのってさ女の子って本当に顔に出るからね」

じゅりな「そうですねー」

3年6か月兼任してきた珠理奈

たかみな「珠理奈に至っては決断する前にまず、(松井)玲奈のね、卒業っていうSKE48としても大きなことがあって」

じゅりな「うん」

たかみな「その中で『SEK48に自分は何ができるんだろう?』ってことだったり、発表するまでちょっとモヤモヤしてたこともあったと思うんだけど」

じゅりな「ずっと兼任をしていて、学ぶこととか得るものもすごく多くて。AKB48の良さだったり、逆にSKE48はこういうところがいいんだなって改めて気づけたりとかもあっったので、それを続けるってことにも意味があるんじゃないかなってすごく思っていたんですよ。でも、やっぱりAKB48で活動していても、自分の活動の源力っていうのがSKE48だなって。SKE48があるから、SKE48のためにがんばらなきゃって思えてたので。だったらまずはSKE48をもっとよくしなきゃいけないなって、玲奈ちゃんの卒業があってより強く思ったので、戻りたいなと」

玲奈が卒業するときは…

たかみな「そっか。なんかファンの人に言われたりとかした、『珠理奈、どうするの?』じゃないけどさ、玲奈ちゃん卒業しちゃうねっていうこともきっと多かったと思うし。そのときってスゴイそのことに対してピリピリというかさ、『玲奈ちゃんが卒業しちゃう』って、ちょっと思わず泣きそうになっちゃう瞬間もさ、こらえなきゃいけなかったりするけど。『大丈夫?玲奈ちゃんいなくなっちゃうけど』って言われた時にさ『あ゛ー!そうなんだけどそれは思い出させないで(泣)』みたいなさ」

じゅりな「(笑)だからその時は一日中泣きながら握手してましたもん」

たかみな「そっか」

泣きながら握手…

じゅりな「だからそれがすごく申し訳ないなって思って。」

たかみな「感情がね、どうしていいかわかんなくなっちゃう次期あったよね」

じゅりな「うん。やっぱり笑顔を届けなきゃっていう気持ちがあるのに、自分がそんなんでいいのかなって思った時もやっぱりありました」

たかみな「SKE48の今の現状って、どう思う?」

じゅりな「えー?」

メンバーたちの卒業 変わっていくSKE48

たかみな「なんか、ああいう風にたくさんメンバーが卒業してって入れ替わっていく中で、変わっていくSKE48っていうものをどういう風に見てたのかなって」

じゅりな「周りからは、なんだろ、『SKE48もうダメじゃないか』って言われたりとかしたことはあったんですけど、でも私的にはそうやって思ったことって一度もなくて、常に成長してると思うし、卒業メンバーがいてもそれをマイナスに考えるんじゃなくて皆がそこを、補うって言い方も変かもしれないですけど、前向きにみんなで一つになって引っ張っていこうねっていう気持ちが強いメンバーが多いので。うん、今回の玲奈ちゃんの卒業があってもみんな前向きに今成長してるところかなぁ」

たかみな「そっか。成長してる最中か。何が一番つらかった?」

珠理奈が1番つらかたのは…?

じゅりな「今までですか?」

たかみな「SKE48として」

じゅりな「うーん、なんだろ。兼任が発表されて、やっぱりAKB48の中でパフォーマンスするってすごく楽しいじゃないですか。で、48グループのコンサートの時に、自分がチームKの中にいる姿とか、SKE48のメンバーも見るじゃないですか」

たかみな「うーんそうだね」

じゅりな「そういうのを見て、『あ、珠理奈さんてSKE48よりAKB48の方が好きなのかな』って思ってる子がすごい多いなって思った時期があって」

たかみな「いただろうなー。感じたんだ、それは」

じゅりな「はい。その時がちょっとつらいなって思いました」

たかみな「それは言わなかったの?」

じゅりな「言わなかったですね」

たかみな「そっか」

じゅりな「うん、やっぱ同期のメンバーとかには話したりはするんですけど、あんまり言うよりは、SKE48にいるときの態度でみんなに伝わったらいいなって思ってたので」

口ベタな珠理奈

たかみな「案外、口ベタよね?」

じゅりな「そうなんです、言えないんですよね。なんか『SKE48のことが好きで』とかみんなには言えない(笑)」

たかみな「はっはー!」

じゅりな「恥ずかしいじゃないですか(笑)」

たかみな
「そっかー。それがなんか面白いね、珠理奈はね。そのなんか、“大人と子どもの狭間”はさ、ずっとAKB48にいるから、すごく心配」

じゅりな「心配ですか?まぁでも青春は本当に48グループなので」

たかみな「そうなのよ~」

じゅりな
「でも、今思うのは、やっぱたかみなさんが卒業すると、誰の背中を見ていけばいいんだろうなって思うんですよ」

たかみな「この前、ご飯食べたときも言ってたよなー」

これからは誰の背中を見ていく…?

じゅりな「はははっ。だからあとは(宮澤)佐江ちゃんとかの背中を見たいなと思って。やっぱSKE48に来てくれたので。近くで一緒に公演に多く出たいなって気持ちとかもあったりして」

たかみな「例えばさ、いつかその“背中”もなくなっていくときもあるじゃない。ご飯食べたときも、珠理奈はさ、『優子さんて“背中”があって、前田さんていう“背中”があって、麻里ちゃん(篠田麻里子)だったり友ちんさん(板野智美)とかって、色んな“背中”があって、でたかみなさんも行っちゃうし』って言ってくれてすごく嬉しかったんだけど、でも私も卒業を控えていて佐江ちゃんだっていつか卒業するじゃない。その見る“背中”がなくなった時、珠理奈はどうするのかなって」

見る背中がなくなったとき

じゅりな「初めてのことなので、それが。ずーっと負い続けてきて、色んな素敵なお手本があったわけじゃないですか」

たかみな「そうねー色んなカタチの先輩がいたからね」

じゅりな「だから自分は本当に幸せだなって思います。みんなを見て来れたので、近くで。だからやっぱ、自分がそうやって後輩から言われる立場にならなきゃいけないなとは思ってるんですけど」

たかみな「でもよかった、『見る背中がなくなったら卒業します』とかじゃなくて」

じゅりな「いやいや、それは(笑)」

卒業は考える…?

たかみな「考える?卒業って」

じゅりな「うーん、考えますよ?」

たかみな「そっかー」

じゅりな「でも、そんな近々あるわけじゃないですけど」

たかみな「もちろんね」

じゅりな「たかみなさんが10周年で卒業されるじゃないですか。だからSKE48が10周年まではいたいなって思いました。それを見て」

SKE48の10周年を見届けたい

たかみな「今SKE48は?」

じゅりな「7(周年)です。だからあと3年は、いたいなってすごい思いました」

たかみな「そっかー」

じゅりな「ちゃんと見届けたいなって」

たかみな「そうだね」

じゅりな「21です」

たかみな「…(笑)」

じゅりな「えへへへへ!」

たかみな「3年経っても21歳って」

じゅりな「たかみなさんが21歳っていつぐらいですか?」

たかみな「(前田)敦子が卒業した次の年」

じゅりな「あー」

たくさんのメンバーを見送る…

たかみな「だから麻里子様と友ちんが卒業した年が21歳だった。でもいればいるほど、わかるもんよ」

じゅりな「そうですね。一番見送るんだろうなと思って」

たかみな「そうだね!」

じゅりな「はい」

たかみな「珠理奈、相当見送るね。あたし相当見送って来たなって思ったけど、相当見送るわ!きついね」

じゅりな「はい。がんばりますね。なんか、説教部屋なのに全然説教されないんですね(笑)」

たかみな「あ、気付いちゃった?」

じゅりな「あはははは!」

たかみな「あたしはね、結構序盤から『説教部屋ではねーな!』ってことは感じてたんだよね(笑)」