スペシャル

たかみな総監督のお説教部屋‐向井地美音‐

本日の呼び出しメンバーは向井地美音

(ドアノック)

たかみな「どうぞ」

みーおん(向井地美音。以下、みーおん)「失礼しまーす」

たかみな「あ、あ、アンフェアの人やー!アンフェアの子どもやー!」

みーおん「どうもどうも」

たかみな「どうぞお座りくださいまし!」

向井地の芸歴は…?

たかみな「やっぱりみーおん、まずね、あなた芸歴は?何年ですか?」

みーおん「お休みの期間があったにせよ、14年…」

たかみな「先輩や!先輩やで」

みーおん「イヤイヤイヤ!ほんとに!」

たかみな「ほんとにじゃないよ!じゃ、AKB48の期間は?」

みーおん「AKB48は3年目です」

たかみな「そっかぁ~!」

みーおん「そうなんです、超新人」

1歳から芸能活動をしている向井地

たかみな「おもしろいね。でもさ、この業界にはそれだけ長い期間いて」

みーおん「だから、すごいハードルが高いじゃないですか」

たかみな「やっぱり、あの子役をやっていた…」

みーおん「そうなんですよ~」

有名子役だったので…

たかみな「みーおんがAKB48に入って来て、そして“マジすか学園”が決まった時に、これは名演技が出るぞと」

みーおん「出ない(笑)」

たかみな「なんでよ!」

みーおん「出ない出ない!本当に」

たかみな「出してよ!」

みーおん「なんかもう、別人なんですよ。あの頃の私と今の私は」

たかみな「(爆笑)一緒やわ!」

みーおん「一回生まれ変わった感じ」

たかみな「そのブレイク期間もありながら、やっぱり どんどん大人になったみーおんがいて」

みーおん「そうですね。今は、普通に3年目の向井地美音です」

たかみな「子どもバージョンのみーおん名演技してたよ」

みーおん「いやー戻りたいですね、あの頃に(笑)」

学校に行きたくて休業

たかみな「でもさ、キッカケがあって一回退いたというか。あれは何だったの?」

みーおん「学業のほうに、もともと学校がすごい大好きな子で」

たかみな「なるほど」

みーおん「中学に上がる時に、やっぱり学業の方を頑張りたいなって一回思って」

たかみな「そこが分け目だよね。小学校から中学、中学から高校っていうね」

みーおん「そうそう。みんなそこで一回考えるんですよね」

たかみな「考えますよ」

AKB48の大ファンだった

みーおん「で、私はそこでお休みして、また次のターニングポイントの高校上がる時に『AKB48入りたいな』って思って」

たかみな「それはちょっと前から、あの小耳に挟みましたけど、AKB48のことが好きだったんですよね?」

みーおん「もう大好きでしたね」

たかみな「いつらへん?」

みーおん「やっぱ中学上がって、もう子役をやめた後にAKB48のこと知って」

たかみな「何の曲らへんだろ?」

みーおん「実際ファン的なものになったのは“桜の木になろう”なんですよ。めっちゃ最近じゃないですか?」

たかみな「あー」

みーおん「でもそれでも5年前くらいなんですよね」

たかみな「そっかぁ。“桜の木になろう”の曲を聴いて?」

みーおん「周りが、ポニシュ(ポニーテルとシュシュ)、ヘビロテ(ヘビーローテーション)くらいから、総選挙とかでワイワイしてるのを聞いてて、最初何も知らなかったから『あ~そういうのがあるんだ』って思ってて」

たかみな「へー」

みーおん「で、“桜の木になろう”ぐらいで、いろいろ番組とか見るようになって、そしたら自分が友達より一番好きになってたみたいな」

たかみな「ちなみに誰推しだったんですか?」

みーおん「ちなみに、小嶋さん(小嶋陽菜)推しでした」

たかみな「おーい!にゃんにゃん人気だなー」

みーおん「や、なんか埼玉出身てのもあるし」

たかみな「(みーおんも)埼玉なんだよね?」

みーおん「埼玉なんですよ」

たかみな「埼玉すごくない?ぱるる(島崎遥香)とかまゆゆ(渡辺麻友)もでしょ」

みーおん「や、すごいんですよ。まゆさんとかもみんな」

たかみな「なにその埼玉王国」

みーおん「(笑)」

たかみな「埼玉で曲出せるじゃん」

みーおん
「チーム埼玉ですよ、本当に。なんかしたいですよ」

大島優子にヘビーローテーションのセンターに指名された

たかみな「そういう風に好きだなっていうのを経て、オーディションに応募して。(AKB48に)入って」

みーおん「受かっちゃって」

たかみな「その中で突然さ、大島優子にさ『ヘビロテのセンターやって』ってなった、あの瞬間よ」

みーおん「(笑)」

たかみな「鏡でね、必死に練習してましたけど」

みーおん「あ~見てましたか!」

センターに指名されて…

たかみな「見てたよ!『めっちゃ練習してるやん、この子』と思って。いつ出て『ワン、ツー、スリー、フォー』って言えばいいんですか、みたいなこともあったじゃん」

みーおん「そうなんです」

たかみな「やっぱり子役っていうところで通ずるものもあったし、小柄だしパワフルだし、頑張ってほしかったんだろうね」

みーおん「でも終わった後吐きそうでした。はける(退場する)ときが一番吐きそうだった。『終わったぁ~』と思って」

たかみな「ちょっとね、気持ちが安堵したんだね」

共に15期生の2人

たかみな「そっから選抜だったり、いろいろ呼ばれるようになるわけじゃん」

みーおん「ありがたいです」

たかみな「どう?なーにゃ(大和田南那)とさ、対のイメージもあったりするわけじゃん」

みーおん「そうですね」

たかみな「2人仲いいじゃない」

みーおん「仲良いです」

たかみな「なーにゃはみーおんがセンターの横にいたいって言うし」

みーおん「えへへ。言ってましたね。絶対ウソ」

たかみな「なんでなんで?絶対ウソなの?」

みーおん「いや、だってなーにゃは入った時からすごいセンターオーラが」

たかみな「センター感あるよね」

みーおん「あるじゃないですか。だから絶対似合うなって思ってた」

AKB48を引っ張っていきたい

たかみな「AKB48を引っ張りたいですか?」

みーおん
「うん。ふふふ」

たかみな「嬉しいね。そういう風に言ってくれるのは嬉しい」

みーおん「センターっていう役というか立ち位置も、またいいんですけど、じゃなかったとしても引っ張るうちの一人ではいたいなって。なりたいです」

たかみな「そっかー。チーム4を経てチームKに行って」

みーおん「やっぱチームKって私に無いものばっかりじゃないですか」

たかみな「イメージ違うよね」

チームKに所属して…

みーおん「そう。すごい言われるんですよ、ファンの方にも、メンバーとか先輩にもみんな『チームKって意外だね』ってすごい言われるから」

たかみな「斬新だったよ。センターで踊ってるの見て」

みーおん「そうなんですよ。そうなんですよ」

たかみな「センターなんだよね」

みーおん「(松井)珠理奈さんと(山本)彩さん…」

たかみな「そうだよ、珠理奈とあの、なんていうの?バケモノ達を背負ってね」

センター向井地の両サイドには松井珠理奈と山本彩

たかみな「珠理奈とさや姉はお互いにバチバチになるわけよ。それはお互い嫌いとかじゃなくて、『難波やで』っていうのと『名古屋いきますよ~』みたいなところが2人ともあって、2人が高め合ってる中で、ある意味この2人のバチバチ感をフッてくぐり抜けてみーおんがセンターにいるから、のびのびやったほうがいいなと思って」

みーおん「えー本当ですか?」

たかみな「でもね、すごいよかったよ、見てて」

みーおん「嬉しい!(大島)優子さんがいたチームなわけじゃないですか」

たかみな「そうだね」

みーおん「だから、優子さんみたいになりたいなって思うんですけど、やっぱ尊敬してるからこそ真似じゃいけないなっていうのは」

2期生がいないチームK

たかみな「そうだね。みーおんらしさでいいと思う。だって優子にはやっぱ なれないからね。で、チームKってさ優子も彩も佐江ちゃんもKがいないんだよね」

みーおん「そうなんです。2期生の方が誰もいない」

たかみな「チームAだったら私がずっといて、チームBだったらゆきりん(柏木由紀)がずっといるんだけど、もう空っぽになったんだよ。ってことは、ゼロから作っていいと思う」

みーおん「新しいチームKを」

ゼロから作る新しいチームK

たかみな「うん。それを求められてるんだなって思ったから見ててすごく楽しいよ」

みーおん「本当ですか?今はすごい、チームKをどうしようとか言う前に自分がどうしようみたいな」

たかみな「いいんだよ、いいんだよ!余裕が出るのはもうちょっと先だと思うから。やっぱり今は自分が目立つために、自分が前を見てさえいればそれがセンターとしての貫録やオーラになったりすると思うから」

みーおん「今を生きます」

たかみな「『前しか向かねえ』精神だよ。頑張ってほしいなって思ってます」