スペシャル

たかみな総監督のお説教部屋‐山田菜々美‐

本日の呼び出しメンバーは山田菜々美

たかみな「♪47の~素敵なあの街へ~ウッ!イテテ。ちょっと打ったわ、足」

(ドアノック)

たかみな「おっ!」

山田「失礼します、おね、お願いします」

たかみな「来たな!はっはっはー!」

山田「お願いします」

たかみな「いやいや、緊張感 ハンパないけど!どうぞ座ってください。山田菜々美ちゃんでございます」

山田「お願いいたします」

山田菜々美のキャッチフレーズ

たかみな「じゃあちょっと、景気づけにキャッチフレーズやっとこう」

山田「はいっ!!それでは、三々菜々美拍子!せーの、ピ・ピ・ピ…ピピピピ菜・々・美!兵庫県から来ました、山田菜々美、高校2年生の16歳です。よろしくお願いします」

たかみな
「(拍手)よろしくお願いします!はっはっは!イイと思うよ。緊張感、大丈夫?歯に何か詰まってる?ずっと口隠してるけど大丈夫か?」

山田「はい(笑)大丈夫です」

たかみな「兵庫代表なんだよね」

山田「はい、兵庫県代表で」

たかみな「チーム8入って何年ですか?」

山田「もう2年半ぐらい経ちます」

たかみな「そっか、2年半なんだ…」

山田「間違えました!1年半です」

たかみな「なんだよ、1年どこから持ってきたんだよー!間違えるなよー(笑)」

山田「スイマセン!」

山田が総監督に聞きたいこと

たかみな「今回、『説教部屋』に来てもらう時に宿題を出されてたそうで。なんか私に聞きたいことっていうので。ごめんね、何か出てきた?」

山田「チーム8のことを、聞きたかったっていうか」

たかみな「おお、何?」

山田「チーム8をどういう風に思われてらっしゃるかなっというのを…」

総監督はチーム8をどう見ている?

たかみな「なるほどね。チーム8は、チームA、K、B、4とは違うじゃない。まずコンセプトがさ、『会いに行くアイドル』。で、47都道府県に1人ずつ代表がいて、みんなで活動しているから、菜々美もそうだけどさ、全体的にウチら会う機会少ないじゃん」

山田「はい、なかなか会わないです」

たかみな「そうなんだよ。だから大きいライブとかでチーム8が曲をやりに来るみたいな、多分それくらいの頻度しか会ってなくて、ちょっと もったいないなとは思ってるよね。今 先輩がいるうちにチーム8の子たちと絡んどいたほうがイイんじゃないかなっていうのは、薄々感じてますね」

山田「あぁ、ありがたいです」

チーム8とは会う機会が少ない

たかみな「やっぱ先輩と関わる機会ないじゃん」

山田「なかなかないです、本当に」

たかみな「それってチーム8からしたら どうなのかなと思って」

山田「大きな舞台での時に挨拶をするぐらいなんで、チーム8のことをどう思っているというか、すべてが わかんないんで。基本のこともチーム8はわかんないから」

チーム8がぶつかった壁…?

たかみな「でも一番私が『あ、チーム8壁に直面したな』って思ったことが1個あって、どこかのライブでさ、ちょっとした選抜メンバー発表されたりとかしたじゃん」

山田「はい、10人の選抜メンバーが」

(VTR)
「今まで頑張って来てすごいよかったなって思います」

「すごい嬉しいんですけど、選ばれなかった子たちの分も私たちが頑張っていきます」

「たくさん応援していただけたら嬉しいなって思います」

総監督は心配していた…

たかみな「やっぱり、あそこが私は心配だったんだ。47人で“いっせーのせ”で始まって、あそこで突然こう、ポンって呼ばれたっていうのはさ…」

山田「急だったんで、みんな困惑してたっていうのもあったんですけど」

たかみな「大丈夫だったのかなと思って」

山田「あの時は、指原さんがそのあと楽屋に」

たかみな「行ったんだよね」

山田「はい、来て下さって、お話を聞いたっていうのを聞いたんですけど、その時私行ってなかったんですよ」

山田はあの場所にいなかった

たかみな「あれ?何でいなかったんだっけ?」

山田「学業で、行けなかったんで」

たかみな「そっかそっか。でも名前発表されてたよね?」

山田「はい。メンバーからの連絡で気づいたんで、その空気感がわかんなくて、あとでメンバーから聞いたんです」

今チーム8のメンバーたちは…?

たかみな「なるほどね。でもそこから選抜というか、十何人で活動あるじゃん。そこの温度差って生まれないの?」

山田「みんなやっぱり、一人一人が頑張ろうっていうのは思っているので、だから多分 大丈夫」

たかみな「どうにか保ってる感じだね」

山田「はい」

チームAと兼任することになった山田

たかみな「でも今回突然 兼任発表されたじゃん。どう?」

山田「それも連絡で」

たかみな「あんた連絡多いねー!」

山田「(笑)学業がちょっと、忙しくて」

たかみな「そうね、やっぱね。今高…?」

山田「高2になりました」

たかみな「高2か~。学校は地元?」

山田「兵庫県に」

たかみな「そりゃキビシイわ!そっかそっか連絡もらって」

山田「はい、連絡もらって、わかんなくなっちゃって、その時初めて自分を調べて」

たかみな「自分を調べたの!?」

山田「ビックリしちゃって(笑)」

たかみな「(笑)」

山田「兼任て書いてあったんで、その時に本当なんだって気づいて」

先輩だらけの中に飛び込む

たかみな「先輩の中に突然飛び込まなきゃいけないじゃん。ちょっと怖い?」

山田「はい、最初はちょっと緊張感があったんですけど、やっぱレッスンとかでご一緒させてもらった時には、空気感が全然違うので」

たかみな「違う?」

山田「はい」

チーム8とチームA 空気が違う

たかみな「チーム8の空気感はどんな感じ?」

山田「やっぱ、先輩っていうのがいないんですよ。見本の方がいないんで、自分たちで頑張ろうっていう感じなんですけど、先輩がいるとお手本があって全然違いました」

たかみな「でも私個人から見るとすごくいい環境だなーとも思うのよ。それは、メンバーからしたら先輩がいないから『もったいないな』とは思うわけ。いい先輩がいて、悪い先輩は別にいないんだけど(笑)いろんなエキスというか、憧れの人が入ればその人みたいになりたいって燃えるだろうし。そういうのが無いのがアレなんだけど。でもゼロから作れるっていうところはあるし、チーム8の楽曲があったりとかするじゃん。楽曲をチームでもらえるっていうのは、すごく恵まれているし、別の活動をしてるから別のファンを付けれるはず」

初期のファンが応援するチーム8

たかみな「あと面白いのが自分たちの本当一番最初のファンの人がチーム8に行ってるのよ」

山田「あ!でもスタッフさんとかに聞いたことはあります。初期の頃のファンの方がチーム8の公演を見に来て下さったり」

たかみな「そう。チーム8すごい楽しいって握手会で報告もらったりとかするの。そういうワクワク感ていうのは、やっぱり先輩がいないからだし、ゼロからみんなが、危なっかしさもあるからなんだろうなっていうのが、いいなって思って見てる」

山田「安心しました。すごくホッとしました」

たかみな「ホント?全然あの、認めてないわけじゃないし、チームとして認めてるし、でも目標があると嬉しいよね?」

山田「はい」

山田菜々美の目標は…?

たかみな「個人的にはさ、デビューしたいとかあるの?」

山田「目標っていうのがなくて、今ちょっと…」

たかみな「菜々美自身の目標?」

山田「(私)自身なんですけど」

たかみな「夢とかないの?こうなりたい、女優、とかさ」

「アイドルになること」が目標だった

山田「元々アイドルが憧れだったんで、なれちゃったっていうのが、目標がなくなったじゃないですけど…」

たかみな「なるほどね、じゃ“追求”に入るよね。柏木由紀とかもさ、そうじゃん。あと指原もそうだし。あの2人はアイドルが好きで、自分がアイドルになった。でもそれってスゴイ強みなんだよ。アイドルが好きってことはアイドルをすごい見てきてるから、ファンの人がこういうの求めてるっていうのがわかったり。だからあの2人はすごく上手だし。でも、アイドルアイドルらしい感じじゃないよね?」

山田「はい…」

たかみな「はははー(笑)」

山田「もとはアイドルらしくいこうと思ってたんですけど、なかなかやっぱ、隠すのがもう…」

たかみな「隠すとか言うな(笑)!」

山田「もう握手会とかですごい、出ちゃうんで」

たかみな「え?なんかちょっと、男勝りとかそういうこと?」

山田「男っぽいっていうのは、よく言われます」

たかみな「なるほどね。サバサバしてる。逆にアイドルらしいチーム8のメンバーって誰?」

山田「佐藤七海ちゃん」

たかみな「七海ねー。そうだねー。かわいらしいよね。」

山田「坂口渚沙ちゃんとかが、もう“アイドル”っていう感じで…」

たかみな
「そうだ、なぎね!そっかぁ。でも同じところで勝負してこられたからね。さっしー(指原莉乃)とかも別に超アイドルってわけじゃないじゃん。歌うたってる時は本当にあいつはアイドルだけど、他はバラエティやったりとかもできるし。(菜々美が)指原を好きってことは、そこも視野に入れてね、やっていきたいよね」

山田「はい、あこがれてます」

最初に好きになったのは前田敦子

たかみな「でもアイドルが好きなの?」

山田「アイドルが好きです。自分と真逆の人にすごいあこがれる、と思って。前田敦子さんが一番最初に好きになったアイドルの方で。でも“あこがれ”になったら、指原莉乃さん」

たかみな「なるほどー。でも敦子って会ってないよね?」

山田「総選挙の時に…」

たかみな「来たか!そうだ、私のとき来たんだ!あの時初めてか!?」

山田「はい。あの時に、すれ違っただけなんですけど、すごく泣きそうになっちゃって…」

たかみな「はははー(笑)!そうだよねー」

たかみな「でも好きなものだったりとか、自分の方向性だったり、もちろん『アイドルなりたい!』って入ってきたけど、多分このグループにいたらさ、色々できるじゃん。バラエティ呼ばれたりとか。特に兼任するから、AKBの仕事ももっとやっていくことになるし。その中でね、『あ、これかもしれない』っていうのが見つけられたらいいよね」

山田「はい」

たかみな「我々一緒のチームですから。横山チームAですから。よろしくお願いいたします」

山田「よろしくお願いします」

たかみな「頑張ってね!ひとまず学校、頑張って卒業するんだよ?」

山田「はい、頑張ります!卒業します!」

たかみな「ね、頑張ってください」

山田「ありがとうございます!」

(2人で握手)

たかみな「汗だくやないか(笑)!」

山田「すいません、本当にすいません…」