スペシャル

たかみな総監督のお説教部屋‐指原莉乃‐

本日の呼び出しメンバーは指原莉乃

たかみな「もう今日は、ここ(オープニング)での一言とかいらないです。指原!」

指原
「え!?(ドア)開かない!」

たかみな「結構引いて! 頑張って引いて!」

指原「あ…。(ドア開いて)建てつけ悪(笑)!」

たかみな「みんな言うんだけどね。みんな建てつけ悪いって言うんだけどね」

指原「なんで? 何にも言ってくれないの? 何か言うの? ホントは」

たかみな「いっつもホントはなんか、最近こうだな、とか言うんだけど、ちょっとその時間もったいないんで」

いつも真剣な話をしている2人

指原「どうします?」

たかみな「いや、でも、私たち割と真剣な話をしますよ」

指原「え、なんで? そうなんですか?」

たかみな「してないっけ? 普段するじゃん!」

指原「あ、普段? してるしてる! しまくってます!」

指原はスタッフ力が伸びている

たかみな「指原の、スタッフ力が著しく伸びてるというか(笑)」

指原
「いや…それね…めっちゃ悲しいですよ! たかみなさんは分かってくれると思うけど」

たかみな「ははは(笑)! しょうがないよ! そういうポジションだし、」

指原「たかみなさんだけですよ、分かってくれるの。スタッフ力がいかに切ないか」

たかみな「分かるよ? でもそこに、楽しさを見出してる自分がいるのも、ある」

指原「まぁね、そうですね、確かに」

たかみな「で、それが向いちゃってるのもある」

指原「……そうですね…」

たかみな「ははは(笑)!」

指原「でも私この間、たかみなさんにすごい感謝したいことがあって、」

たかみな「この間…?」

指原「MC!」

たかみな「あ、違う、私まず逆に指原に感謝したよ(笑)?」

指原「あれ本当、お互いでしたよね(笑)!」

たかみな「超おもろかったよな、あれな(笑)!」

指原「いや本当に! あんな打ち合わせなしで(笑)」

リクエストアワー本番中のハプニング

指原「この間実は、さいたま(スーパーアリーナ)でリクアワの時に、私が“恋するフォーチュンクッキー”3位で、2位が、“鈴懸の木の道で…”だったから、(松井)珠理奈の早替えがある、と。で、その間繋ぐって言って、『まぁ2分くらいだろう』ってウチらが…(笑)」

たかみな「って勝手な想像してたんですよねぇ」

指原「そう(笑) それで、『まず、お礼言って、(大島)優子ちゃんとか卒業メンバーが来たことをさらっと触れたら、もうOKですよね?』みたいな。『じゃ、出よっか』って言って(2人で)出たら、クソ長かったですよね(笑)!」

たかみな「クソなげーんだもん! 全然OK出ないんだもん!」

あうんの呼吸でピンチを乗り切る

指原「あれ本当に、たかみなさんじゃなかったらヤバかったと思う」

たかみな「いや私、本当に指原がいて良かったと思った。あうんの呼吸やったな」

指原「普通に裏でハイタッチしましたね、終わったとき」

たかみな「『(ハイタッチして)良くやった! さすがや、お互いさすがや』みたいな。ちょっと褒めたたえ合っちゃって(笑)」

指原「そうそうそう(笑) あれヤバかったですねぇ」

たかみな「いや、でも、これが課題なんだよ、AKBの」

指原「そう! そうね!」

それを任せる人材をつくることが課題

指原「たかみなさんと指原がいなくて、時間が分かんない中で、あの場を誰が繋いで回せるかって言ったら、やっぱりみーちゃん(峯岸みなみ)とかしかいなくて。その(リクアワの)時はみーちゃんもいなくて」

たかみな「あの空間といい、時間を埋めるのって、実はすごく、多分色んな場数を踏んでたりとかしないと無理だから、すぐには出来ないのも分かってるんだけど、もっとしゃべれる子が出てこないと…」

指原「面白い子はいっぱいいますけどね。中村麻里子も島田(晴香)も面白いし」

たかみな「そうそうそう。難しいよねぇ、そのバランスって」

指原「難しい…」

MCは厳しく指導している指原

たかみな「どうなの? HKTは今は?」

指原「めっっちゃ厳しく言ってますね、MCに関しては。田中(菜津美)はうまいけど、言っていいことと悪いことのラインがまだ分かんないから、」

たかみな「それ一番こわいね」

指原「まず最初にチェックします、全部MCは」

たかみな「うわ、えら! 偉いね!」

恋するフォーチュンクッキーの1発屋

指原「1回チェックして聞いて、『これは言わないでね』っていうのをやって、『こうしたら面白いと思う』って。例えば秋吉(優花)ちゃんは、まだ指原に遠慮してくれる、先輩として気遣ってくれるから、うまく毒舌が言えないから、私は秋吉ちゃんに自ら、『私のこと、“恋するフォーチュンクッキーの1発屋”って呼んで』って」

たかみな「あはは(笑)! なんやそれ(笑)」

指原
「そういうの言ったら、『あ、ここまでは言っていいんだ、指原さんのことはこう言っていいのか』って別の自分で考えられるから、『ここまでなら全然言っていいから』って教えたりとか」

たかみな「それは偉いよ」

再びチームAのキャプテンになった高橋みなみ

たかみな「私もそこだなぁ。課題だなぁ。またほら、チームキャプテンなるからさ」

指原「ね! 出戻り!」

たかみな「(笑) ふざけんな、出戻りとか言うんじゃねーよー(笑)」

指原「出戻りじゃないか(笑) 言い方悪いか(笑) 総監督兼、これからキャプテンなわけですから。(チーム)Aですよね?」

たかみな「そー」

指原「しゃべれそうな子、います?」

たかみな「川栄(李奈)もいるし、あんにん(入山杏奈)も意外にしゃべれるのよ。で、中村麻里子もいるし」

指原「あー! すごい! 強力な…」

たかみな「うん、そう。割とね、バランス的にね、みんなしゃべれる」

指原
「うん、そっかぁ」

再び“チーム”と向き合う

たかみな「ただやっぱり、もう1回このタイミングで向き合い直さなきゃいけないことに、ちょっとドキドキしてる」

指原「あー。後輩を育てるっていう?」

たかみな「ずっと、キャプテンじゃない時もそれはやってたけど、1チームと向き合うってまた違うんだよ」

指原
「そっか。改めてまた1つのチームを育てなきゃいけないんですもんね?」

たかみな「そう。それはね、ちょっとね、ドキドキしてますよ」

HKT48劇場支配人 指原莉乃

指原「ドキドキしますよねぇ。私もキャプテンにはなれないもん、絶対」

たかみな「そっか、指原キャプテンじゃないんだよね」

指原「キャプテンやったことないし、出来ない絶対」

たかみな「あの、今どんな(ポジション)…」

指原「劇場支配人…(笑)」

たかみな「あ、こんにちは。支配人さんなんですよね。そうでしたね」

指原「支配人と総監督って何(笑)? マジで」

総選挙が“楽しみ”

たかみな「総選挙ってさぁ、どう捉える? 今」

指原「え、楽しみ!」

たかみな「すげーな、そこのポジティブさな。ちょっとシビアやん、やっぱり」

指原
「まぁね。シビアだし、周りの人から見たら不思議な企画じゃないですか。でも私はすごく楽しみ。去年から楽しみ。優子ちゃんと去年、第1部のコンサートが終わって、第2部総選挙が始まりますっていうときに、優子ちゃんに『緊張する?』って言われて、『いや実は、あんまり大きな声で言えないんですけど、すっげー楽しみなんですよね』って言ったら、『あたしも』って。『この状況楽しんでるの、多分2人だけだよ』って」

たかみな「すごいねー。武者震いだね」

指原は1位獲りたい・・・?

たかみな「1位を獲る?」

指原
「獲りたいけど、やっぱ状況を見てると、厳しいな、とも思う」

たかみな「思う?」

指原「思う思う。まず、指原のファンがほとんどHKTに流れてるし」

たかみな
「え、どういうこと!? 指原を単品で推してる人たちが、HKTメンバーに惹かれていくってこと?」

指原「そう! あのね、しょうがないの、でも。だって私はもう仕切る立場じゃない。分かるでしょ?」

プロデューサーとしての指原が・・・

たかみな「しかもさ、あのねぇ私ね、これ指原のすごい所でもあり、ちょっとそれは…って思うとこもあるんだけど、もうさ、ほんとプロデューサーみたいな感じだからさ、他の子をさ、『この子かわいいんです、この子がいいんです、さぁどうぞ!』みたいな感じじゃん?」

指原
「そう! ホントそうなの! それをさ、番組でもやるじゃない? 番組の人にもそれを求められるじゃん。『HKTのメンバー紹介してください』って言われたら、もう自分のこと出せなくなっちゃう。で、HKTのコンサートでは基本ツッコミだし。でもボケた方がかわいいじゃないですか?」

たかみな「そうなんだよ」

指原「『なんか最近さっしーは仕切ってばっかりだから、はるっぴ(兒玉遥)が滑舌悪いのかわいいから、そっちいくね』っていう人、めっちゃ多いの。だから、手応えは正直ない」

たかみな「そっかぁ」

おじいちゃんみたいな感覚

指原「さや姉(山本彩)とかもすごいし、まゆゆ(渡辺麻由)ももちろん頑張ってるし、もう人の勢いを感じることの方が多いですね。自分がもう、おじいちゃんみたいな感覚(笑)」

たかみな「おじいちゃん(笑)」

指原「がんばってんなぁ、みんな…」

たかみな「孫が成長して歩けるようになったぞ~、みたいな(笑)」

指原「そうそう、そんな感じ(笑) ホントすごいなって思うことの方が多い」

たかみな「そうだね~」

でも1位にはなりたい

指原「だから、私はもう、無理かもって。でも1位にはなりたい」

たかみな「うんうん」

指原「誰もしたことないわけじゃないですか、連覇っていうのは」

たかみな「そうなんだよ! これって、でも面白いよね。しそうでしなかったじゃん、誰も。優子も(前田)敦子も」

指原「ね!」

たかみな「私も指原の結果ちょっと楽しみ。自分の結果とかより指原の結果が楽しみ。どうなんだろうなぁって」

高橋みなみの順位は・・・?

指原「たかみなちゃんは、何位だと思います?」

たかみな「自分が?」

指原「うん。リアル予想」

たかみな「強い意志と言われると、そんなに『ここがいい!』みたいなのが…」

指原「いや、言った方がいいよ! たかみなのファンも多分ね、上にしてあげたいけど、たかみなの気持ちを知りたいと思ってると思う」

たかみな「えー」

高橋みなみの本音

指原「それはさ、自分のためなんだから、グループのことは思わないで。自分のことを考えたら、それは上がいいわけじゃないですか。ファンの人は多分モヤモヤしてると思う。知らんけど、何にも(笑)」

たかみな「マジ? モヤモヤさせてる?」

指原「たかみなのファンのこと何も知らんけど、でも自分のこと言わないじゃないですか?」

たかみな「確かに、私あんまり、自分のこと言わんよ」

指原「自分のこともっと伝えたら、嬉しいと思う」

たかみな「そっかぁ…。……7だな!」

指原「(拍手)」

高橋みなみ宣言「7位!」

たかみな「7がいい!」

指原「うん。7以上ですね。7から上ってことですよね」

たかみな「そうですね。がいいかな、と思います」

指原「それ嬉しいよ絶対、ファンの人。泣いてると思う」

たかみな「ははは(笑)! 『7がいい』で号泣すんの(笑)?」

指原「(笑) 言ってくれたっていうのが嬉しいと思う。自分の気持ちを」

たかみな
「ははは(笑) そうね」

人に尽くしてきた2人・・・

たかみな「でもまぁ、我々のポジションはさ、なんだろ、人に尽くすということが楽しみでもあるんだけど、まぁその分ね、自分が幸せにならなきゃいけないな、とも思うよ」

指原「そう! ファンのみなさん、私たちのことアイドルとして応援してください」

たかみな「お願いします」

指原「お願いします」

たかみな「でも指原は幸せになるよ」

指原「何それ、意味分かんないんだけど(笑)」

たかみな
「頑張ってるから幸せになると思う」

指原「じゃぁ、たかみなさんも頑張ってるから幸せになる!」

たかみな「だからウチらは幸せになんないとおかしい!」

ちっちゃいね!

たかみな「はい! じゃぁ、ということで、これ最後握手で終わるんですよ」

指原「あ、そうなんだ」

(立ちあがって2人で握手)

指原「ちっちゃいね(笑)!」

たかみな「それみんな言うんやって! ちょっとこれ、次からインソール入れてくるわ、私多分! ペタンコやからなぁ」

指原「入れた方がいい(笑) ありがとうございました」

たかみな「ありがとうございます」