2019年2月21日

番組を応援してくださった皆さんへ

AKB48SHOWは2019年3月24日が最終回となります。
5年半ありがとうございました。

始まりがあれば終わりがある。出会いがあれば別れがある。
2013年10月に放送を開始したAKB48SHOW
この度放送が終了することになりました。
最終回は3月24日の放送です。


40年近くテレビ制作を続け、幾つもの番組を立ち上げ、
幾つもの番組が終わってゆきました。
自分のキャリアの中では、
10年以上続く長寿番組を担当したこともありますが、
新番組が2本連続で半年(2クール)しか持たず、
その次の番組も1年で終了、
その次が2年で終了と、
4年の間に4本新番組を立ち上げたこともあります。
AKB48SHOWの5年半22クールというのは、
自分の平均より少し長いくらいでしょうか。
最初は2クール(半年)継続させることが目標でした。
そこから5年半。


近年テレビの音楽番組はあまり調子が良いとは言えません。
音楽だけではなかなか視聴率を取ることが難しくなくなってきており
「モアトーク、レスミュージック」の傾向が強くなってきました。
つまり音楽は少なめにして、トークを多めに。

あるいは過去Ⅴ(昔のヒット曲)を使って、新曲は減らす傾向です。
その分「ひな壇トーク」や「街ブラ」的な番組が増えてきました。
それはもちろん、視聴者の好みや社会の情勢などが相まって
そのような傾向になってきているのだと思います。

視聴者が求めているもの、アイドルファンがテレビに求めているのは、
トークやバラエティ要素であり、
曲よりもアイドルの情報が求められる時代になってきています。
SNSの進化によってますますその傾向に拍車がかかってきています。
その嗜好の変化は分かっているのですが、
新しい番組の企画として、例えば芸人さんをMCにしてのトークベース
というのも同工異曲と思い、別の方向での企画を練ってゆきました。


AKB48SHOWの企画を考えたのは2012年の秋。
初めての東京ドームコンサートが終わった頃です。
AKB48に続いて、SKE48、NMB48、HKT48がスタートし、
加えて派生ユニットも多数活躍していました。
AKB48グループ全体でレギュラー番組ができないかと考え、
編成と協議をした結果、
その方向で新番組の企画を考えることになりました。
当初は2013年の4月スタートを目指したのですが、
AKB48はその年の夏に5大ドームツアーがあり、
収録のスケジュール調整が難しく、
半年延期して2013年の10月に放送を開始することにしました。

既にAKB48Gには、先行するレギュラーのバラエティ番組が
いくつも存在しており、同じことをやっても面白くないなと思いました。
私は主に音楽番組を担当してきたので、
AKB48Gの楽曲を中心とした番組を作考えたのが
AKB48SHOWの発端です。
シングル曲のみならず、カップリング曲、公演曲、
アルバム曲、派生ユニット曲、ソロ曲と
既に1000に近い楽曲が存在していました。
中にはファンの方しか知らないような曲も多かったのですが、
素晴らしい楽曲があり、そういう楽曲を披露できる場を作ろうと考えました。
時代の空気にはあまり即してはいないかもしれないですが、
楽曲はフルサイズでお届けすることにしました。
楽器が得意なメンバーには演奏もやってもらうなど
あくまで音楽をメインにしたAKB48グループの番組を作ることにしました。

そして、子供の頃から好きだった音楽ショー形式の番組にしようと
コントなども入れ込むことを企画。
他の番組とは違うオリジナリティを求めての番組制作です。
そして5年半続けることができました。


AKB48との最初の仕事は2006年の初頭。
当時担当していたPOP JAMでの劇場リポートでした。
以来、POP JAM、MUSIC JAPAN、紅白歌合戦などで
7年あまりお付き合いがあってからの
AKB48SHOWが始まったというわけです。
また別の番組でもご一緒できると思います。


残り一ヶ月あまり、
スタッフ全員で最後まで全力で番組を作ってゆきます。

また次の企画を考えます。
番組への応援ありがとうございました。

20190221_01.jpg

投稿者:いしぴぃ | 投稿時間:15時15分 | カテゴリ:AKB48 SHOW! | 固定リンク