2016年12月

山本彩vs.山本彩加! NMB48新曲「僕以外の誰か」 入山杏奈、大いに語る!SKE48 8期生最終オーディションに潜入! SKE48冬の名曲「12月のカンガルー」

これはもう誰もが思うネタではありますが、

オープニングはW山本

山本彩vs.山本彩加の楽屋トークから。

収録などの時、舞台監督やフロアスタッフがメンバーを呼ぶのは、

「苗字にさん付け」が普通です。「白間さん」「矢倉さん」のように。

これまで山本彩さんは「山本さん」と呼んでいたのですが・・・

今回の収録からフルネームで呼ぶことになりました。

やまもとさやかさん」「やまもとあやかさん

20161224_01.jpg

20161224_02.jpg

初めてAKB48SHOWにやってきた山本彩加さん

20161224_03.jpg

 

NMB48の新曲「僕以外の誰か」はダンスナンバーです。

振り付けは、欅坂46の振り付けで最近話題のTAKAHIROさん

それだけに難易度の高いチャレンジングな振り付けがされています。

フルサイズでご覧ください。

20161224_04.jpg

20161224_05.jpg

20161224_06.jpg

収録の前週に卒業発表した薮下さんと、悲しむ白間さん矢倉さん

20161224_07.jpg

 

横山総監督の「はんなり相談室」

今回のゲストは入山杏奈さんです。

こんなに自分のことを明るく語る入山さんを見られて嬉しかったです。

これも横山さんとの(ちょっと不思議な)因縁があってのことかと。

二人の関係についても語られます。

色々聞き所の多い対談でした。

20161224_08.jpg

 

先日のAKB紅白で発表された

NHK紅白選抜の中間発表の様子もご紹介します。

投票は28日までですので、お忘れなく。

20161224_09.jpg

20161224_10.jpg

20161224_11.jpg

 

潜入取材は、SKE48の8期生最終オーディションです。

この2年ほど48グループ、46グループともオーディションが大盛況で、

ドラフト2期、山田菜々、NGT1期、HKT4期、NMB5期、欅坂、けやき坂、乃木坂3期、AKB16期・・・

そしてこのSKE8期と数多くのオーディションがあり、その都度新人が加入してきています。

それぞれのグループごとに基準も違えば、求められる人材のタイプも違っていますし、

その時期や状況によっても基準は違うと思います。

いずれにしても、厳しいオーディションを勝ち抜いて来た新人メンバーの未来を応援したいと思います。

20161224_12.jpg

20161224_13.jpg

20161224_14.jpg

このSKE48の8期生の最終オーディションには、

お忍びで松井珠理奈さんも参加していました。

その様子も番組で紹介します。

8期生、最終的には19名がお披露目されることとなりました。

20161224_15.jpg

20161224_16.jpg

 

MV集がリリースされたばかりのSKE48

シングル曲の中から(季節に合わせて)

「12月のカンガルー」をお届けします。

今回は16人バージョンです。

「12月のカンガルー」の作曲は外山大輔さん

そう、AKB紅白の審査員を(井上ヨシマサさんと共に)務めていた作曲家です。

キャバすかコーナーでもデレてました(笑)

「大人列車」や「夢へのルート」も作曲、

SKEだとラブ・クレッシェンド「コップの中の木漏れ日」も作っています。

20161224_17.jpg

20161224_18.jpg

20161224_19.jpg

投稿者:いしぴぃ | 投稿時間:13時22分 | カテゴリ:AKB48 SHOW! | 固定リンク



JKT48「僕の太陽」 このオンエア時にJKT48の5周年コンサートと仲川遥香卒業コンサートがインドネシアで! コントはAKB若手が就職面接! 山本彩ソロコンサートに太田夢莉が! 柏木由紀ソロ曲「miss you」テレビ初披露!

オープニング仲川遥香さんアヤナ・シャハブさん

ジェシカ・フェニアさんの3人が日本語のコントに挑戦します。

アヤナさんは日系二世で、日本語も達者です。

ジェシカさんがいい味を出してくれました。

20161217_01.jpg

 

1曲目はJKT48「僕の太陽」

インドネシア語では「Matahari Milikku(マタハリミリック)」

この番組がオンエアされている時にJKT48はインドネシアの

バンドン(Bandung)で5周年のコンサートを開催しています。

そして、仲川遥香さん(元はるごん)の卒業セレモニーも

そこでおこなわれると聞いています。

時差2時間なので、ちょうどオンエア時もコンサートやってるかも

しれません。そんなことも考えながらご覧ください。

 

太陽はインドネシア語で「マタハリ」なのか。

マタハリと言えば、女スパイの代名詞。

第一次世界大戦中ドイツのスパイとして有名だった女性の名前が

「マタハリ」でした。グレタ・ガルボの映画でも有名。

伝記を読んだことがあるのですが、命名はマレー語からと書いて

あったような記憶が。インドネシア語と近いのでしょう。

 

耳に馴染んだAKBの曲でも、別の言葉で歌われると、

新鮮に響きます。

「僕の太陽」は、AKB48のひまわり組公演のタイトル曲であり、

メジャー5枚目のシングル曲でもあります。

元気になる明るい曲で、ちょっと生きる力が湧いてきます。

Aメロをソロボーカルで回すのが特徴です。

20161217_02.jpg

20161217_03.jpg

 

コントに登場するのはAKB48から

岡田奈々さん小嶋真子さん込山榛香さん高橋朱里さんの4人。

今回は就職面接で、しかも銀行という設定です。

面接官を演じるのは名優の森田順平さん

ドラマ「半沢直樹」でも大和田派の番頭・岸川を演じていました。

ということでリアルな銀行面接シーンコントとなりました。

(金八先生での印象も強い方です)

20161217_04.jpg

20161217_05.jpg

 

先日ソロツアーを大盛況のうちに終えたのが山本彩さん

その最終の大阪会場へ潜入しました。

特派員リポーターは、山本彩さんを敬愛する太田夢莉さん

圧巻のパフォーマンスに終始感激でした。

20161217_06.jpg

20161217_07.jpg

20161217_08.jpg

20161217_09.jpg

20161217_10.jpg

 

最後の曲は、柏木由紀さん「miss you」

この曲は、柏木さんのツアーDVDの特典として作られた曲で、

作詞も柏木さんが手がけています。

テレビ初披露となります。

20161217_11.jpg

20161217_12.jpg

投稿者:いしぴぃ | 投稿時間:12時14分 | カテゴリ:AKB48 SHOW! | 固定リンク



夢の紅白選抜中間発表考察 なかなか興味深い結果が・・・

AKB紅白の会場にて、本家NHK紅白の方の中間発表がおこなわれました。
この結果がなかなか興味深かったので、色々考えてみました。
個人的な考えなので、間違っている部分もあるかもしれませんが、ご容赦を。

今回の投票は「一端末一票」なので、一人一票とはいかないまでも非常に近い状況であるということから、これは「大選挙区における国政選挙」と近いものと考えられる。
かつての「参議院全国区」の選挙と考えればいい。
しかもAKB48グループの濃いファンだけでなく、かなりの一般の方の投票も行われていると仮定して見ました。
本当に参議院全国区(今はないです)の選挙に近いのではないかと。


「全国的な知名度」があるメンバーが圧倒的に強い

選抜常連組は強い!
メディアに登場しているメンバーは強い!
これは説明の必要もないと思いますが、この傾向がより強く出るのが「全国区」だと思います。

特に印象的だったのは大家志津香さん
AKBファンが思うより、大家さんの一般知名度は高いです。
知名度は指原さんに次ぐレベルです。
ゴールデンタイムのクイズ番組のレギュラーを舐めてはいけません。
普通の人は深夜番組やアイドル番組はほとんど知りません。
被災地訪問ライブに行くと良くわかるのですが、東北のおっちゃんやおばさんの知名度、大家さんトップクラスです。
なので、一般層も投票してくれていると考えるなら当然の結果かも。

そして、AKBから移籍したSKEの大場美奈さんとNMBの市川美織さんは一般知名度が高いメンバーだと思います。
「知名度」という観点から見ると、移籍兼任のメンバーには相乗効果があるのではないでしょうか。(ファンの推し変はあると思いますが)絶対に知名度は上がる。「基本は全国区選挙」と考えてみる。


②ファンの熱量より「ファンの総数」があらわれる結果

一端末一票なので「一推し」に一票しか投票できないので、投票してくれる人の「総数」が重要。
これは普通の議員の選挙と同じ感覚ということです。
地盤を固めて、投票をお願いするしかない。

つまり「濃いファン」がいることより「ファンの実数が多い」ことが強さに。(ただし「一推し」じゃないとダメですが)
各グループの選抜メンバーでも、その傾向が出ているように思います。

普通の選挙とのアナロジーとして考えるなら、一番の大票田は「浮動票」ということになります。
今回の場合「AKBの総選挙に積極的に投票はしないが、48グループやアイドルが好きな層」が一番の票田ということも考えられます。
データの裏付けがあってのことではなく、あくまで推論ですが。


③一般の方の投票とするなら人口比になる傾向が出るのか?
グループの中で中間発表が一番多いのはAKB、次いでNMBでした。
これはある意味当然の結果です。
AKBは全国区であり、東京が地盤。人口1300万人。首都圏は3500万人
大阪は880万人、愛知750万、福岡510万、新潟220万なので、普通に「地元のグループのメンバーに投票」すると考えるなら、大阪の方が名古屋より強いという傾向が出ると思います。
更に、SKEは名古屋周辺は大変強いですが、あまり広いエリアではなさそうな感じがします。
NMBは京都、兵庫はもちろん近畿圏、中国地方まで勢力がありそうです。

ざっくり、首都圏:関西圏:中京圏3:2:1くらいの感覚?
とすると、この中間の結果はそのような傾向かもしれません。
(例えば、ジャイアンツ、タイガース、ドラゴンズのファンの総数はどうなのか?)
もっとも、熱いSKEファンが「本気を出していない」のかもしれません。


ここで気になるのがHKTの強さ。
この理由を考えてみたのですが・・・その結論は・・・

今や日本を代表するタレント指原莉乃さんの圧倒的な知名度は全国区であり、その結果HKTの知名度も全国に広がっていること。
そしてもうひとつ「HKTファンは東京(関東)が多いのではないか?」ということ。コンサートの動員など見てもそう感じます。
その結果、HKTは全国区グループであり、首都圏でも強いのではないかという推論です。

更に、九州全域がHKTの領土と考えれば更に強くなる。
つまり「AKBとかそんなに興味ないけど、投票するならHKTの子」と九州の方は考えるのではないだろうか・・・(ホークスです)
あるいは、県外選手の多い高校が甲子園の県代表になった時に、「そうは言っても故郷を応援」する感情。
全国区なんですが、地盤を固めていることも重要ということかと。

そう考えると、まだCDデビューもしていないNGTは、柏木さん北原さんだけが全国区で、他のメンバーはちょっと厳しいのが(指標や知名度から見て)現実だと思うのですが、その中にあって中井りかさんのランクインは「人気は本物」と感じさせてくれました。全国区になりつつあるなあと。


チーム8には「熱量の多い」ファンがついていると思いますが、考えるにまだ「その総数が少ない」ことと「投票が分散」しているのではないかと思いました。
ファンの総数は、チーム8だけの握手会の動員などから見て、まだまだ発展途上と思ったこと。
そして、47人もメンバーがいるので、どうしても推しが分かれてしまい、なかなか厳しい戦いになるんじゃないかと思いました。

本当の選挙なら「統一候補にする」とか「共闘する」とかの戦術を取るところでしょうが、紅白というテレビ番組の企画なので、自分の好きなメンバーに投票するのがいいのかもしれません。
あるとすれば「48グループの拠点のない地区の票の掘り起こし」とか。
北海道・東北や中国・四国などは、48グループはないので、そのあたりの地区の票を掘り起こす作戦とか・・・


さて、以上の考察をしても分からないメンバーが二人。
AKBの村山彩希さんとNMBの木下百花さん
この二人はAKBの選抜総選挙に出ていないので、総選挙の基準はないです。
これが実人気ということなのか、他の要素があるのか?

村山さんは「シアターの女神」と呼ばれ、毎年劇場出演数ナンバーワンのメンバーです。そこで確実に実力をつけ、ファンを増やしているのか?
木下百花さんは、そのユニークな言動や、キャッチーなファッション性などでアイドルオタ以外のファン(女性ファン含む)を掴んでいるのか?
AKB総選挙に出ていない分、ファンの後押しも強いかもしれません。
いずれにしても楽しみな二人です。

まずはファンの皆さんの後押しが一番だと思いますので、せっかくの企画を盛り上げるためにも、周囲の方への投票の勧誘もお願いします。


あくまで石原の個人的な考察なので、勘違いや間違いもあるかもしれませんが、これまでの経験や知識から考えて見ました。

ついでに考えたのは「非拘束名簿式比例区」のようなやり方もあるのではないかということです。
これはもっと考えて見ます。

(追伸)
ちなみに、62歳のうちの妻は、大家志津香さんの出るクイズ番組を欠かさず見ているので「しーちゃん」と呼んでます(笑)

投稿者:いしぴぃ | 投稿時間:15時24分 | カテゴリ: | 固定リンク



初!欅坂46SHOW! 欅坂46が2曲をフルサイズで! 「二人セゾン」「大人は信じてくれない」 けやき坂46も初パフォーマンス! 名曲かも!「誰よりも高く跳べ!」フル! ひらがなけやきお見立て会に潜入! 祝!紅白出場!発表記者会見の舞台裏!

欅坂46SHOW!です。

紅白初出場も決まったばかり、今注目の欅坂46の特集です。

 

ファンの方はよくご存知だと思いますが、

まだよく知らないよという方のために少しだけ説明を。

欅坂46には、漢字の「欅」と表記されるチームと

ひらがなで「けやき」と表記される2つのチームがあります。

(こちらは別名「ひらがなけやき」と呼ばれています)

普通に考えると「欅」が1期生で、「けやき」が2期生なんですが、

「けやき坂46」の方は、最初から「けやき坂メンバー募集」の

オーディションとして開催されたので、

「欅坂46」の研究生とかアンダーという扱いではなく、

「けやき坂46」という独立した別のチームと考えるべきなのでは

ないかと。(発足当時のAKB48のチームAとチームKみたいな?)

 

現在「欅坂46」のメンバーは21人で、

「けやき坂46」の方は12人なのですが・・・

ここも一つややこしいことがあって、

その中で長濱ねるさんだけは両方を兼任しています。

(ここの流れだけで長い話になるので、そういうメンバーが

いるんだなあと思っていただければ)

 

閑話休題。

今回の番組の内容は、見どころたくさんです。

オープニングコントは志田愛佳さん守屋茜さん

そして3rdシングル「二人セゾン」フルサイズで。

 

今回の3曲は振り付けは全てTAKAHIROさんです。

曲も含めて、振り付けでも欅坂としてのオリジナリティーが

出てきたように思います。

というか、AKB48グループ乃木坂46とは

差別化を行う努力を続けているように思います。

 

また、ちょっと余談。

「saisonセゾン」とは「season」のフランス語「季節」。

ならば、このタイトルはゾンビーズの「ふたりのシーズン」を

想起せざるを得ません。(原題Time Of The Season)

60年代の大ヒット曲で、

CMなどでもよく使われている曲なので、

若い方でも耳にしたことがある曲だと思います。

 

男の夢ですね。

イヤホンをつけて音楽か何か聞いて身をすくめていると、

綺麗な女の子がイヤホンを外して話しかけてくれるなんて・・・

(そんな経験ないですけど)

フルサイズでのパフォーマンスをご堪能ください。

20161210_01.jpg

20161210_02.jpg

20161210_03.jpg

20161210_04.jpg

 

コントは、タイトル通り「はじめてのコント」

収録前にコントスタッフと

欅坂コント初めてだから、ちょっと心配かも」

などと話していたのですが、

やってみたら、問題なしの出来でした。

全員でドラマ撮影をおこなったのがいい経験になっているの

かもしれません。

20161210_05.jpg

20161210_06.jpg

20161210_07.jpg

 

潜入リポートは「ひらがなけやきお見立て会」

先日赤坂BLITZにて行われたものです。

リポーターは欅坂46石森虹花さん織田奈那さんの二人。

客席で一緒に見ていたのですが、

その時、織田さんの目に涙が・・・。

その理由は番組で。

20161210_08.jpg

20161210_09.jpg

20161210_10.jpg

20161210_11.jpg

20161210_12.jpg

20161210_13.jpg

20161210_14.jpg

 

その「けやき坂46(ひらがなけやき)」が初登場し、

「誰よりも高く跳べ!」を披露します。

 

驚きました。この曲ものすごい名曲ではないですか。

歌詞、曲、振り付けに加えてメンバーの

初々しい全力パフォーマンス

そして「アレンジが素晴らしい!」

これは声を大にしていいたいです。

「アレンジが素晴らしい!」

 

アレンジはAKB48楽曲で(おそらく)一番アレンジの曲数が多い

野中“まさ”雄一さん

 

一聴。何これ!?スウィートソウル?渋谷系?

4つ打ちに乗せて、アコギもソリッドもカッティング大会。

特にソリッドはチャカポコカッティングの細かい技。

ブラスは鳴り、ストリングスは轟き。

ところどころにモノシンセがとぼけたオブリガード。

サビは「きたーきたー!いけーいけー!」とストリングスで

ソウル感満載。

そして、びっくりはこの後に。

大サビあってからブレイクした後に「なんじゃこれはー!」の

エレピソロが響き渡る。

「アイドルソングにこのエレピのソロはいるのか(笑)」

おそらく野中さん本人が弾きまくっている確率98%。

この曲、今一番のヘビーローテーション中です。

バックトラックもぜひ聞いてください。おすすめです。

20161210_16.jpg

20161210_17.jpg

 

11月24日。NHKで行われた「第67回NHK紅白歌合戦」

発表会見の模様もお届けします。

デビューの年に紅白初出場は相当レアなケースです。

紅白本番も楽しみです

20161210_19.jpg

20161210_20.jpg

20161210_21.jpg

20161210_22.jpg

 

3曲目は欅坂46「大人は信じてくれない」

「大人は判ってくれない」はトリュフォー、そしてムーンライダーズ。

(トリュフォーの原題はまったく違ってますけど)

「大人は判ってくれない」とか「Don’t Trust Over Thirty」などは

基本的にロックのテーマなんですが、

これをアイドルソングでやってしまおうと言うのが欅坂の

アプローチだと思います。

歌詞もサウンドも振り付けも攻めている楽曲です。

ヘアー担当が「この曲はヘアーいらないです」と言ってました。

ずっとヘッドバンギングですから。

 

「大人は信じてくれない」のリハーサルを見ていて、

この感じは「チームAの目撃者公演の一曲目を見た時の気持ち」と

似ていると。

笑わない、何かを訴える、全身で主張するアイドル。

確かに平手友梨奈さんには強い存在感があります。

 

先日のAKB48SHOWで、

チーム8「軽蔑していた愛情」をオンエアしたのですが、

この曲などは今の欅坂がカバーしても

そのまま通用する曲なんじゃないかと思いました。

メッセージ性を持ったアイドルソング。

 

この「大人は信じてくれない」冒頭からの

フォーメーションにもご注目ください。

なんだか判らないんだけど、何かを訴えかけられているような感情に。

恐るべき子供たち。

20161210_23.jpg

20161210_24.jpg

20161210_25.jpg

20161210_26.jpg

20161210_27.jpg

投稿者:いしぴぃ | 投稿時間:11時50分 | カテゴリ:AKB48 SHOW! | 固定リンク



ぱるるセンターのハイテンション再び! オープニングは込山榛香VS向井地美音! ゆいはんのはんなり相談室に渡辺麻友が! チーム8この3人でジェリービーンズ! てんとうむChu!新曲MV撮影に潜入!

AKB48の最新曲「ハイテンション」をフルで。
オープニングは込山榛香向井地美音の同期トークのコントです。
20161202_01.jpg

20161202_02.jpg

20161202_03.jpg


横山由依総監督のはんなり相談室、今回のゲストは渡辺麻友さん
3期生の麻友さん、まもなくAKB48に加入して10年を迎えます。
大先輩を迎えて少々緊張気味だった横山さんですが、思いの外トーク炸裂で、二人の新たな絆のきっかけになるかもと。
20161202_04.jpg


2曲目は「初めてのジェリービーンズ」
コンサートでもおなじみの曲で、様々なメンバーの組み合わせで演じられてます。
今回はチーム8小栗有以倉野尾成美坂口渚沙の3人によるバージョンをお届けします。
沖縄のコンサートで披露して以来でしょうか。

曲間でジェリービーンズを配ったり、何かを投げたりなどの演出がおなじみですが、今回のスタジオバージョンでそこがどうなっているかもお楽しみに。
20161202_05.jpg

20161202_06.jpg

20161202_07.jpg


潜入リポートは、てんとうむChu!の最新MV撮影現場
久しぶりに7人が揃った賑やかな撮影となりました。
最初耳で聞いた時「せいじゅん・・・たいあど???」
これは「tired」でした。
疲れちゃったんですね。

今作はCGを合成するためセットは立ってなくて、背景は青い布だけのブルーバックでの撮影でした。
クロマキーは古くから使われている合成手法で、アメリカなどではグリーンバックを使いますが、日本ではブルーバックが多いです。(肌の色との関係だと言われてます)
このMVがどう作られたのかをご覧ください。
20161202_08.jpg

20161202_09.jpg

20161202_10.jpg

20161202_11.jpg

投稿者:いしぴぃ | 投稿時間:15時56分 | カテゴリ:AKB48 SHOW! | 固定リンク