2018年03月17日 (土)AKB48新曲「ジャーバージャ」27人フルバージョン!!岡田奈々初センター曲 / NGT48加藤美南の新コーナー「かとみな美術館」北原里英キャップ、画伯の似顔絵に驚愕!! / STU48「暗闇」のMV撮影に潜入!!しまなみ街道の大三島と伯方島での野外ロケ / AKB48山邊歩夢の「全力ダンス教室」みんな大好き「Only today」 / NMB48太田夢莉&植村梓「わがままな流れ星」 かわいいユニットの決定版!!

AKB48の51枚目となるシングル「ジャーバージャ」

この曲を27人でのフルサイズでお届けします。

指原さんがお休みで福岡聖菜さんが参加、

残る選抜メンバー26人は揃っています。

(ポジションは指原←向井地←込山←福岡)

 

この曲は、モロにファンクサウンドですね。

AKB曲は時々このようにブラックミュージックのアレンジが登場します。

サウンド的には80年を挟む頃のディスコ向けファンクといった感じです。

体が自然に揺れるグルーヴですが、そんなにブラックミュージックテイストが

強いわけではないので、21世紀の日本のアイドルファンにも聞きやすい。

 

シングルだと「ハロウィンナイト」は完全にこっち系です。

「真夏のsounds good!」もですかね。

その他「SWITCH」は超絶かっこいいファンクサウンド。

一番ブラックな響きがするのは「これからwonderland」でしょう。

これを初めて聞いた時にたまげました。

バックトラックが一番好きな曲です。かっこいいです。

全部井上ヨシマサ曲。よすすはファンキーです(笑)

 

最近の若い作家は、こういう曲はあまり書かないぞ・・・と思ったら、

「ジャーバージャ」Akira Suset遠藤ナオキの共作のクレジット。

Akira Sunsetは乃木坂46の曲を一番多く書いている作曲家で、

遠藤ナオキさんもこれまでは乃木坂中心ですね。

「乃木坂コンビが作ったAKBのファンクミュージック」ということでしょうか。

20180317_01.jpg

20180317_02.jpg

20180317_03.jpg

20180317_04.jpg

20180317_05.jpg

20180317_06.jpg

 

オープニングコントは山本彩vs.岡部麟

岡部麟さんが容赦なく山本彩さんに切り込んでいくのが、

切れ味よくて面白いです。

20180317_07.jpg

20180317_08.jpg

 

新コーナー「かとみな美術館」

NMB48が誇る白間美瑠画伯にも勝るとも劣らない画力を持っているのが

NGT48加藤美南画伯。

 

このきっかけは、確か「世界はどこまで青空なのか?」のMV撮影の時、

メイキング取材に新潟に行っていました。港の近くの広場での撮影。

その待ち時間に加藤さんと話をしていて、

何か自分のイラストとか絵を活かせる企画ないですかねみたいな話に。

ちょうど特典映像の企画で、加藤さんは自画像を描くという撮影をしたばかり

ということもあったのかもしれません。

DVDのパッケージなどは見たことがあり、

ユニークな才能だなとは思っていたので、

今回「かとみな美術館」として世に送り出してみました。

 

相当ユニークな画力を持っており、

対象の見方と表現の技法がかなりインパクトあります。

20180317_09.jpg

20180317_10.jpg

20180317_11.jpg 

 

潜入リポートは、STU48のデビューシングル「暗闇」MV撮影です。

常に瀬戸内の風景をバックに野外ロケでMV撮影をしているSTU48

今回は愛媛県の伯方島と大三島。

しまなみ海道の島が舞台となります。

伯方島と言えば、「伯方の塩」で有名な塩どころ。

ポテチなどにもよく書いてあります。

大三島は近隣では一番大きな島です。

瀬戸内の島を舞台に撮影された青春物語のMVのメイキングをご覧ください。

20180317_15.jpg

20180317_16.jpg

20180317_17.jpg

20180317_18.jpg

20180317_19.jpg

 

「山邊歩夢の全力ダンス」今回の課題曲は・・・

みんな大好きなあの曲「Only today」です。

「ただいま恋愛中」の公演曲であり、コンサートでもよく歌われるので、

ファンの皆さんもよくご存知の曲です。

シングルだと「BINGO!」のカップリングでした。

 

イントロが16小節ある代表曲なので、イントロミックスの題材によく使われます。

16小節ということは、普通にやれば3連ミックスになります。

最近のファンだと2.5連ミックスになるパターンです。

この曲は古い曲なので、古参ファンが打っていた

「8小節は待ってからの、後半で1連ミックス」

の伝統芸が比較的残っている曲だと思います。

どの劇場で見ても、わりとこのパターンだった印象があります。

 

珍しいスカのアレンジで、ギターがずっと後打ちのンチャンチャ。

何も考えずに聞くと、真夏の海べのラブソングかと思えば・・・

舞台は真冬の海辺。しかもうじうじした男の繰り言みたいな歌でした(笑)

昔付き合っていたんでしょうね。男の方は未練たらたらですが、

きっと女子の方はさばさばしてるんでしょうね。世の中そんなものです。

20180317_20.jpg

20180317_21.jpg

20180317_22.jpg

 

最後はNMB48太田夢莉植村梓「わがままな流れ星」

これは去年の年末「ワロタピーポー」の時に収録しており、

年明けにオンエアする予定だったんですが、

太田夢莉さんが一時休養となり、その復活を待ってのオンエアです。

 

去年の冬、太田夢莉さんと打ち合わせをしたら

「梓と一緒に2人ユニット曲がやりたい」という答えでした。

そして、48グループの2人ユニット曲、数ある中から

「わがままな流れ星」に決めました。

今回は可愛い系でいってみよう!

NMBの可愛い二人によるポップなアイドルソングをお楽しみください。

セリフは本人たちが考えました。

20180317_23.jpg

20180317_24.jpg

20180317_25.jpg

投稿者:いしぴぃ | 投稿時間:12時20分