2017年12月16日 (土)NGT48待望の新曲「世界はどこまで青空なのか?」 NMB48は話題の新曲「ワロタピーポー」 AKB48の「世界選抜」登場リポート! BNK48初登場!感動の「365日の紙飛行機」 AKB48渡辺麻友最後の全国握手会に1万4千人! SKE48チームE登場!佐藤すみれラストの「重力シンパシー」

今週は盛り沢山な内容でお届けします。
最初に登場するのはNGT48
2ndシングル「世界はどこまで青空なのか?」を提げての出演です。

これは、いい曲ですね。
2017年のAKB48グループ曲「私のベストテン」では現在の暫定1位です。
(ちなみに暫定2位はアンダーガールズの「だらしない愛し方」

初めて聞いたのはMVの撮影の時、心が踊る名曲だと思いました。
曲の構造もいつものJ-POPとは違ってます。
いわゆる「Aメロ、Bメロ、サビ・・・構造」ではなく、
主に2つのメロディーが交互に現れる「ヴァース=コーラス構造」で
洋楽に多いものです。シンプルながら力強い音楽です。
しかも、冒頭の荻野さんソロから始まって、2番終わりに
3番目のメロディー(大サビとでも呼ぶような)が登場するまで
インスト部分(イントロや間奏)がなく、大サビ後に間奏が入る。
ずっと聞いていたくなる曲です。

歌い出しを聞くと「おっ、0サビ(頭サビ)から始まる?」と
思うのですが、そうではなかった。
これが落ちAメロというか、ヴァースというか、とにかくそれで始まり、
そのまま同じ流れで、リズムが加わっていく。

そして2番の「晴れていて欲しい・・・」の部分と「オーオーオーオーオー」の部分は同じコード進行に別のメロディーが乗ってるんですね。いいですね。
(つまり、ここは一緒に歌っても成立するということか)
BメロがB’として展開しているといいましょうか、コーラス部分が発展しているといいましょうか。とにかくかっこいい展開です。

選抜メンバーは18人。
前作「青春時計」の選抜16人(チームNⅢ)に加えて、
研究生の角ゆりあさん宮島亜弥さんが初選抜です。
今回は柏木由紀さんがお休みで、日下部愛菜さんが参加しています。
フルサイズじゃないと面白みが分からない曲です。
心踊るパフォーマンスをご覧ください。
20171216_01.jpg

20171216_02.jpg

20171216_03.jpg

20171216_04.jpg

20171216_05.jpg

20171216_06.jpg

20171216_07.jpg

20171216_08.jpg


オープニングコントは、NGT48の日常そのまんまの展開で、
キャプテン北原里英さんと年少組2人の絡みです。
北原さんをいじる佐藤杏樹さんと、最年少ながら場を和ませる天才の
小熊倫実さん
20171216_09.jpg

20171216_10.jpg


2曲目はNMB48の話題の新曲「ワロタピーポー」
これは、もうアッパーなパーティーチューンなんですが、、、
歌詞の方には、なかなか煽情的な言葉が並びます。
曲もダンスも衣装も難波ならではと言える曲です。
こういうのは照れないで思い切りやった方が面白いので、
収録の時にメンバーの皆さんにもそのようにお願いしました。

こちらの選抜メンバーは16人で、センターは白間美瑠さん
岩田桃夏さん上西怜さんが初選抜です。
一度聞くと脳内リピートが終わらない曲で、
つい「ワロタワロタ、ワロタピーポー・・・」と口ずさむ自分がいます。
20171216_11.jpg

20171216_12.jpg

20171216_13.jpg

20171216_14.jpg


今週のリポートは2本。
来年の正月にNHKの海外向け番組として放送される「Songs of Tokyo」
2020年の東京オリンピック・パラリンピックを前に、
日本の音楽や文化を世界に発信してゆこうという企画の番組です。
日本を代表する様々なアーティストが出演する中に
「AKB48世界選抜」というチームが今回登場します。
国内5グループに加え、海外3グループのメンバーが登場して
素晴らしいパフォーマンスを繰り広げています。

この模様は元日から、まず海外向け放送をおこなった後に、
翌週、国内向けに総合テレビでオンエアされる予定になっています。

ほぼ全世界、世界160の国と地域で視聴可能なので、
年始に海外旅行をされる方は、海外で見てください。
20171216_15.jpg

20171216_16.jpg

20171216_17.jpg

20171216_18.jpg


このSongs of Tokyoにもメンバーが参加しているタイ・バンコクのBNK48
来年には劇場が完成して、いよいよ公演が始まります。
それに先駆けて、今回は6人のメンバーによる「365日の紙飛行機」
タイ語バージョンをお届けします。

「365日の紙飛行機」という曲はアジアの人に愛されるメロディーなのか、インドネシアやタイでも人気の曲です。
このインドネシア語バージョンが(言葉はわからなくても)何か胸に迫るものがあります。デモ音源を聞いて収録を決めました。
みんなキュートで魅力的なメンバーばかりでした。
20171216_19.jpg

20171216_20.jpg

20171216_21.jpg


リポート2本目は、先日名古屋ドームで開催された3グループ合同握手会の様子です。
この日はAKB48SKE48HKT48のメンバー176人が参加!
集まったファンの数も1万4千人と、史上最大の規模の全国握手会となりました。

渡辺麻友さんの全握はこの日が最後になるということで、
多くのファンが集まり、最後まで長い行列が続いていました。


この日のミニライブは、ミニではなく、ビッグライブでした。
そのライブの模様も少しご覧いただきますので、ちょっとびっくりしてください。
これなら、たとえ握手券一枚だったとしても一日楽しめるイベントだったと思います。
20171216_22.jpg

20171216_23.jpg

20171216_24.jpg

20171216_25.jpg

20171216_26.jpg

20171216_27.jpg

20171216_28.jpg

20171216_29.jpg


最後の曲は、SKE48チームEによる「重力シンパシー」です。
この曲の経緯については前のブログで書いた通りです。

「重力シンパシー」はもともとチームサプライズによる楽曲で、
AKBのパチンコの最初のシリーズの表題曲です。
現在チームEがおこなっている「SKEフェスティバル」公演は、
そのチームサプライズの楽曲が中心のオリジナル公演です。
(現在NGT48のチームNⅢがおこなっている「誇りの丘」公演も同様の企画公演です)

SKEのチームEは、木本花音さんが卒業し、佐藤すみれさんも卒業。
先日研究生から、7期の相川暖花さんと8期の佐藤佳穂さんが昇格したので、
(先輩後輩で年齢は逆の二人。凸凹コンビで面白いです)
来年からのチームEは16人でのスタートになります。
20171216_30.jpg

20171216_31.jpg

20171216_32.jpg


今週はNGTNMBが新曲の全力パフォーマンスを見せてくれ、
特に、ラストのSKEは気合の入った素晴らしいバージョンです。
BNKもみんな可愛いし、お得な回になってます。

2017年も残るところあとわずか。まもなく紅白の取材が始まります。

投稿者:いしぴぃ | 投稿時間:12時24分