2017年09月16日 (土)さしはらSHOW!!第3弾!! 「#好きなんだ」指原莉乃推しカメラバージョン もしかして、さっしーしか写ってない? 指原莉乃×横山由依の爆笑対談ヒートアップ! あの「1ショットリップシーン」の秘密とは? 指原莉乃プロデュース&作詞「=LOVE」登場!! 超絶アイドルソング「=LOVE」フルで! そして、伝説のユニットNot yetが・・・ もう一人のメンバーは誰だ? 「週末Not yet」久しぶりに聞けるぞ!!

総選挙1位の賞品によるワンマンショー

「さしはらSHOW!」もなんと3回目となりました。

総選挙当日夜も毎回一人での生放送なので、

実質6回、指原莉乃ワンマンショーをお届けしていることになります。

さすがです。

20170916_01.jpg

 

さて、今回はまず総選挙を受けてのシングル「#好きなんだ」

「指原莉乃推しカメラバージョン」お届けします。

これは、かつてAKB48のツアー(確かチームツアー)の特典映像に

推しカメラというものがあって、それが楽しかったので、

思いついたものです。

普通のスイッチングバージョンだと見えない部分が楽しめます。

ポジションの移動、他のメンバーの歌割りパートの時の表情、

フォーメーションの変化による周囲のメンバーの入れ替わり

・・・などなど。

新しい発見があると思います。

20170916_02.jpg

 

2曲目は、指原莉乃プロデュースのアイドルグループ「=LOVE」の登場です。

TIFのステージを見たのですが、AKBグループの曲を披露しており、

「(姉妹グループではないけど)いとこの娘さん」くらいの関係なのかな。

ということで、AKB48SHOW初登場の=LOVEです。

作詞も指原さん。歌詞の思いは番組にて。

 

曲を選んだのも指原さんで、さすがアイドルマニア。

アップテンポの明るいアイドルソングのお手本のような曲です。

本イントロはミックス打てるけど、

イコラブはデビューからメジャーレーベルなので、

ミックスは打たないと。

「うっ、ほい!」系でしょう。

Aメロ、乗り乗りでコール入れられます。

Bメロは、旧PPPH(現オーイング)系のちょいグルーブのリズム。

王道のアレンジです。

オーイングは大人数のオールでのBメロに使うことが多いので、

ここはメンバーコールで。(確か指原さんもそのようなことを)

AKBでもユニット曲のBメロはメンバーコールです。(純クレとか)

サビは絶好調ですね。「君だ!君だ!」が印象的。

1回目のサビの終わりから、半音ずつ5つ下がってゆくアレンジ、

これもかっこいい王道パターンです。

 

あー、2番Aメロで「落ちAメロ」

これまたかっこいいアレンジで、アイドルソングの定石。

「君好き」「大人列車」などで同じく2Aの冒頭に登場する技です。

 

間奏では、メンバーが一人ずつセンターに来てアピール。

うまい構成です。

で、落ちサビあって、サビのリフレイン。

あれ、ここ転調してるのか。おー、凝ったアレンジ。

という感じで、指原さんがプロデュースしただけあって、

アイドルソングのいいとこどりになってます。

(大サビがないくらいですかね)

王道アイドルソングを楽しんでください。

20170916_03.jpg

20170916_04.jpg

 

リポートパートは「じゃんけん予選」の中から、

指原さん峯岸さん柏木さん「サンコン」の予選の模様を。

前回の「さしはらSHOW」でトークを繰り広げてくれた3人組です。

予選の全体は、じゃんけん大会本戦と合わせて後日オンエアする予定です。

20170916_05.jpg

20170916_06.jpg

20170916_07.jpg

 

今回の対談相手は横山由依さん

指原さんと相談して「今回は横山」でということになりました。

横山さんはAKB48の総監督だけど指原さんの後輩ですが、

所属事務所は同じ、ユニット(Not yet)も同じでした。

ということで、仲のいい二人の気のおけない対談となりました。

振り入れの苦労話や、1ショットリップの撮影の裏話など、

楽しい話が満載です。

そして、この対談の後半で「さしはらSHOW」の残り一曲が

決まる流れとなり、その結果「週末Not yet」になりました。

そのリアルな流れはオンエアにてお楽しみください。

20170916_08.jpg

20170916_09.jpg

20170916_10.jpg

 

指原さん北原さん横山さんの3人でやるのか?

もう一人(大島優子ポジに)誰かを入れるのか?

若手か?ベテランか?

 

先週の予告では、顔出しはしませんでしたが、

みなさんお分りかと思います。

収録後に色々相談をした結果

「やはり、ここはしーちゃんで!」

という結論になりました。

大家さんは、地獄の振り入れです。

大島さんの動きの多いポジションです。

ということで、今回の出演ユニットの名前は

「Not yet feat.大家志津香」ということに決定しました。

 

「週末Not yet」久しぶりに聞きました。いい曲です。

2011年の大震災の直後のリリースでした。

当時MJでやったから、NHKホールで収録したのかな。

 

ともかく「週末Not yet」をお楽しみください。

(文句は言わないように(笑))

それでは、総選挙1位おめでとうの「さしはらSHOW」をどうぞ!!

20170916_11.jpg

20170916_12.jpg

20170916_13.jpg

20170916_14.jpg

20170916_15.jpg

 

(追伸)

「=LOVE」間奏からの転調について。

ブログを書き終わってから「=LOVE」の2番が終わってからの部分、

間奏からエンディングにかけての転調が気になって、気になって。

ちょうど別件で仕事をしていた井上トモノリさん

(「瀬戸内の声」「キスは待つしかないのでしょうか?」ほか作曲)

と解明に取り組んだ結果、ものすごいアレンジが施されていたことがわかりました。

 

この曲のキーはB♭です。

間奏では2つ上がってCになります。(2つ上げ!)

なんですが、その時に一瞬Eに転調して流れを作ってます。

 

その後がすごい。最後のサビの繰り返しで半音上げるのは

ポップスの定石の一つで、この曲も最後半音上がってるんですが・・・

その時のキーはB♭。つまり始まりのキーに戻っています。

ということは、間奏終わりの「落ちサビ」のキーはAになってると。

びっくりです。始まりより半音下がった落ちサビ。他にありますかね。

 

つまり、この短い間に

B♭→E→C→A→B♭と、激しく転調を繰り返しているのに、

まったくそんなことを感じさせないスムースな進行をしているという

プロの技の曲になっていると思います。

井上さんと二人で感心しきりでした。

投稿者:いしぴぃ | 投稿時間:10時41分