次回放送


今、日本は空前の『ゆるキャラ』ブーム!しかし、実は海外でも、地域の人々に愛されている『ゆるキャラ』がた~くさんいます。今回は、『ゆるキャラ』という言葉を生み出したみうらじゅんさんと一緒に、各地で愛されている『ゆるキャラ』たちを見て行きます。 台湾では、なんと古くから信仰を集める道教の神様たちが『ゆるキャラ』化! 縁結びの神様である『月下老人』もキュートに変身!一緒に写真を撮るとステキな出会いに巡り合えると人気を集めています。 アメリカ・ジョージア州からは、地元特産のタマネギをモチーフにしたゆるキャラ「ヤミオン君」をご紹介。キャラが誕生した当初は『こわい顔』と不評だったため、年々かわいく進化を遂げているんだとか。その変貌ぶりは注目です! 南米ボリビアの首都ラパスには、かわいいだけじゃなく、交通ルールを教えてくれるシマウマのゆるキャラがいます。マナーの悪い歩行者やドライバーに、愛嬌ある仕草で注意を促し、町の交通安全に一役買っています。 ほかにもフィンランドやインドのご当地ゆるキャラが続々登場!日本の『ぐんまちゃん』も応援に駆けつけてくれます!お楽しみに!
(生放送のため内容が変更になる場合があります。)
スタジオゲスト
みうらじゅんさん(イラストレーターなど)

アゴラ−紹介
台湾 横川まさえさん
(主婦) 滞在歴15年
1995年、日本語教師として台湾に赴任。現地の男性と知り合い結婚。現在、料理講師として教室を開き、飾り巻き寿司や和食の作り方を教えている。
アメリカ/ピーチツリーシティ ウィトキンズ・光代さん
(AV機器メーカー勤務) 滞在歴6年
日本の大学院でアメリカ文学を専攻。アメリカの学校で教育実習を行った際に知り合ったアメリカ人男性と結婚。現在は、AV機器メーカーに勤務している。
ボリビア/ラパス 桑原健一さん
(音楽家) 滞在歴5年
学生時代にチャランゴというアンデス地方の弦楽器の演奏を始め、現地の奏者に師事。一度日本へ帰国したが、ラパスで本格的に音楽活動をしたいと思い、再度ラパスへ渡り現在はコミックバンドで音楽活動をしている。