nakaya2016-01-12
ブルネイ国際大会・ABUBUのマル秘リポート!?

ハーイ! ABUBUです。日本のみなさん元気ですか? 東南アジア・ブルネイで開催されたABUデジスタ・ティーンズ国際大会の様子を、忙しい中谷学長に代わって報告しますね。

でも、えっ?ブルネイってどこ?っていう人も多いでしょうか。 マレーシア、ボルネオ島の北西の一角に、地図ではちょこんとある小さな国。 三重県の広さに40万人がすむ、敬虔なイスラム教の小さな王国です。 ここにアジアで映像を志す精鋭たちが集結するんです!
ブルネイは、羽田からシンガポール乗り継ぎで12時間。 到着したブルネイは、いま雨季の真っ最中。 夜は毎日のように激しい雨、でもこの雨が豊かな熱帯雨林を育てるってわけ。 もちろん日本のように四季があるわけでなく常夏の国。 そして天然資源に恵まれているため教育費や医療費も無料! 税金も格安(?)とかという、経済的豊かさでは夢のような国なのです。

さて、国際大会を翌日に控えるリハーサルの日、 日本代表の小野君、戸島君、横山さんをはじめ8か国の代表と トップクリエーターが放送局のロビーに到着すると、、、
マスコミのカメラマンが大挙して訪れ大盛り上がり。
さらにその晩、政府主催のウェルカムパーティーにみんなが招待され、 国を挙げての歓迎ぶりなんです!ABUBUも感激しちゃいました!! そしてなんと翌朝の新聞全てにカラー写真付きで紹介記事が大きく出たのです! ブルネイ国の一大関心事になりました!まだ開催前なのに(**;

ブルネイ国営放送ロビーで各国ABUBUがお出迎え!
さて、意気揚々とブルネイ入りした代表の小野君、戸島君、横山さん。 日本では考えられない風変わりな歓迎にあってしまいました。 イスラム教では、豚肉が食べられないなど幾つものタブーがあるのはご存知ですよね。 女性は未婚・既婚かで服装、身なりなどに厳しい決まりがあります。
もちろん男性にも。特に、放送に出る場合は国民の手本となる身なりであることが厳しく求められます。 放送の服装コードでは、Tシャツだめ、ダメージ・ジーンズなどもっての外なんですが、 小野君と戸島君が遭遇したのが、髪型の問題でした!

長髪や乱れた髪は絶対NG!耳は髪で隠してはいけない!! なんと、放送局から「小野君の長髪はすっぱり切ってほしい」という提案が出てきてしまったんです! さて、その後小野君の運命や如何に……。 番組でチェックしてくださいね。

大会を控え緊張の各国チャレンジャーたち
さて、昨年のカンボジアに続いて初参加したのは、ブータン。
国民総幸福量GNH(Gross National Happiness)って知ってますか? 幸福は経済的な豊かさだけじゃない、という発想でブータン国王が世界にアピールして 有名になった言葉。そこから、「幸せの国・ブータン」とよばれるようになりました。 経済的には恵まれていなくても「幸せ」を大切にする国。一方、最も豊かな国ブルネイ。 それぞれの若者が、今回のテーマ「HAPPINESS」でどんな映像作品を作ってきたのか、 大注目ですね。

ブルネイ代表チャレンジャーたちと交流しました。
参加した国々は、日本をはじめ、紹介したブルネイ、ブータンのほか、微笑みの国・タイ、草原の国・モンゴル、アンコールワットの歴史の国・カンボジア、経済発展いちじるしいマレーシア、ベトナム。 8つの国で選りすぐられた代表たちが、映像作品でそれぞれの幸せを描いてきました。

いよいよ大会開始!緊張します!
さて、ブルネイ国営放送のスタジオで開催された国際大会で、それぞれの作品は、 どのように受け止められたのでしょうか!? そして、コンセプト・ビジュアル・ストーリーの各種マスター称号は、どの国に。 日本代表の手には輝くのでしょうか?

ブルネイで人気のダンサーたち(前列)が大会を盛り上げました。


元気な各国チャレンジャーたち!


出演者たちも満足顔です。
放送は、2月14日(日)Eテレ 午後3時~3時50分です。
リポートは、写真家の浅田政志さん。
代表作「浅田家」は、実際の自分の家族を被写体にして、ラーメン屋や消防団、極道などフィクション設定での家族写真を撮影し、注目された若手写真家です。

お楽しみに!