アナウンスルーム

現在位置 アナウンスルーム トップページ > アナウンサー仕事の流儀 > 和久田 麻由子

アナウンサー仕事の流儀

クリックするとNHKサイトを離れます

アナウンサーとしての“こだわり”や、仕事の上で欠かせない道具の紹介、そしてリフレッシュタイムと、普段放送には出ないアナウンサーの素顔に迫るコーナーです!

目指すのは「頼りになる放送」

インタビュー
和久田 麻由子 アナウンサー

担当番組

担当番組は公開当時のものです

社会の一員として貢献できる場所で働きたかった

――アナウンサーを志したきっかけは何だったのでしょうか。

和久田「少し大げさですが、アナウンサーという職業に対する関心よりも、「どんな会社で働けば少しでも世の中の役に立てるだろうか ということを想像しながら就職先を考えていました。自分がその組織の一員であることに誇りを持ちながら、心から働きたいと思える企業......はじめはビジネスの現場でバリバリ働くという姿を想像していました。社会に果たす役割や責任などを実感できる場ってどこだろう? そんなことを考えながら就職活動に臨んでいたところ、NHKという選択肢が浮かんできたんです。」

――放送局はNHKだけを志望したのですか?

和久田「そうですね。NHK以外でも、特定の業界や職種に絞るということはせずに、その企業が担う社会的役割や社風など、ひかれるものを感じた会社を受けました。自分がそこにいて良かったなぁと思える会社、自分が成長できる場所はどこだろうと。働くということは、自分の人生の大半を費やすわけですよね。今回、取材を受けるにあたって、改めて幼い頃の写真を見直していたのですが、その中の一枚に、正午ニュースを伝えている松平さん(松平定知元NHKアナウンサー)のテレビ画面と一緒に映っている自分の姿がありました(笑)。『おはよう日本』『プロジェクトⅩ』『その時歴史が動いた』などNHKの番組をいつも家族そろって見ていましたし、報道、スポーツ、生活情報、文化・芸術、歴史、教養など幅広い情報を目に見える形で発信するNHKに強い関心を持っていました。また、手話放送など、たとえ見ている方が少なくても、情報を必要としている方々のために丁寧な放送をする。関心があるだけでなく、敬意を持つことができる存在だったのでNHKにひかれていったのだと思います。他の企業の面接では、どこか企業に合わせるような対応をしてしまい、何を話せばいいのか分からなくなることもあったのですが、NHKの面接では自然に気持ちを伝えることができました。」

――アナウンサー志望で受けたのでしょうか?

和久田「はい。ですが、アナウンススクールがあることなどは知らなかったので、飛び込むように面接を受けました。真っ黒のリクルートスーツと白いシャツ、髪もひっつめにして臨むものの、周りを見渡すと明るいイメージを与えるような服装の学生が多かったので、「あー、私はダメかもしれない」って(笑)。ありのままの自分で行くしかない! って割り切りました。ニュースの音読にしても小学校の朗読以来だったので、当たって砕けろ状態です。本当にご縁に恵まれたとしかいいようがありません。」

――当時、携わってみたいジャンルなどはあったのでしょうか?

和久田「ナレーションは当時からとても興味を持っていた仕事の一つでした。現在、『ダーウィンが来た! ~生きもの新伝説~』を担当させていただいているので、本当にうれしいです! 私は中学校~高校の時に、英語の演劇部に所属していたんですね。全体のストーリーやそのなかで期待される役のイメージ、それを自分がどう想像し表現して、作品を少しでも良いものに出来るか試行錯誤するのが、とても楽しかった。そういった体験があったので、ナレーションというものにいずれはチャレンジしてみたかったんです。ダーウィンでは、間近で観察しているのか、遠くから眺めているのか、動物との距離感で声の出し方が変わることもあれば、「あ!動きました!」など実況風に話したり、子どもに読み聞かせる雰囲気だったり、ガイド風に話したり、表現の種類がたくさんあって勉強になることばかりです。感情移入だけではなく、状況を分析する客観能力が必要になる......このことを高校時代の演劇でも活かせていればもっと上手くできたかもしれません(笑)。 チームで作り上げていく楽しさややりがいを考えると、今と似ているところがたくさんあるなぁって思います。取材相手や制作スタッフの考えや意図を自分なりにくみ取って、最終表現者として伝える......最後に伝えるという緊張感と責任感を持ちながら、やりがいを感じる日々ですね。」

――就職活動のときに抱いていた気持ちというのは、今改めて振り返るとどうに映りますか?

和久田「先日エントリーシートを読み返してみました。懐かしさもあるのですが、まだ5年目ということもあって、当時書き綴った気持ちと今の気持ちにギャップはありませんでした。改めて、がんばらないといけないなって。現在は、『おはよう日本』を担当させていただいているので、悲しいこと、つらいこともお伝えしなければいけません。そういった話題を伝えるときに、もっと深く受け止めて伝えられるようにならなければいけないと思うばかりです。アナウンサーの仕事って、音声表現という意味でも、取材者としても、プレゼンターとしても人生経験や年齢の積み重ねがにじみ出るものだと思います。だからこそ、どこまでもステップアップしていける仕事。まだまだ修行中ですが、向上心を失わないように年齢を重ねていければうれしいですね。」


和久田アナウンサー あの日あの時

2~5歳までテキサス州のヒューストンで暮らしていた和久田アナウンサー。現地で行われる「テキサスディ」では、ご当地の仮装をして参加。


高校2年生のときは、ブロードウェイミュージカル「Guys & Dolls」で男役を熱演。「私は衣装を担当していました。写真に写っている小道具なども、すべて自分たちの手作りです。演者としてステージに上がることもありましたが、改めて見直すと恥ずかしいですね(笑)」(和久田)



和久田 麻由子(わくだ まゆこ)
2011年入局。岡山局を経て東京アナウンス室。岡山局では、中継やリポート制作の他、音楽番組「LIVE BOX」を担当した。 現在は「おはよう日本」平日キャスターや「ダーウィンが来た!生きもの新伝説」のナレーションを務める。神奈川県出身。