主にアナウンス室に在籍するアナウンサーが、趣味や仕事、日常の中で出会ったちょっといい話などを、思い思いに分かりやすい「ことば」でつづっていきます。


投稿者 小田切千アナ

詳しいプロフィールはこちら

来てます!食べてます!

2017年04月14日 09:00

NHKのど自慢を担当している小田切千です。

image001.jpg

結構送ってくださるんですよ~、全国からお手紙が!
全国を旅しておりますが、本当に多くの方との出会いが多い番組だな~と、お手紙を見て実感している日々です。
本番に御出演頂いた出場者はもちろん、本番前日に行われる予選会に参加した方からもいただきます。
予選会は250組の方々が参加して行われます。私は一組一組歌を聴きながら面接もさせていただいています。
1年間で全国46か所回るので、単純計算で年間1万1500組の方々とお会いしていることになるんです。
自分でもびっくりです。

image003.jpg

で、お返事を書くときにいつも使っているはがきがこちら。
のど自慢のポスターが絵柄になっている番組特製はがきです。
なかなか長文は書けないのですが、せめてお返事だけでもと思いながら書かせていただいております。
去年いただいたお手紙にまだ間に合ってない状況で、返事が来ないな~と待ってらっしゃる方、すいませ~ん!

image005.jpg

出会いはのど自慢出場者だけではありませんよ~。
全国の隠れた産物やグルメとの出会いもたまりません!
こちらは和歌山県紀の川市のもも。
ももというと岡山県や山梨県が有名ですが、実は紀の川市、西日本一の産地なんです。
とにかくジューシーで甘み十分!

image007.jpg

北は北海道、稚内市には大きなタコが待ち受けていました。
タコの足を縦に切ってしゃぶしゃぶでいただくんです。
歯ごたえの良さに合わせて大きさに驚くんですよ~。

image009.jpg

三重県の亀山市に行くとこんな地元グルメが。
「亀山みそ焼きうどん」です。
亀山市には、鉄板の上で大量の野菜、豚肉、ホルモンを赤味噌ダレで豪快に焼いて食べる料理があり、最後の締めにうどんをからめていただくんです。
美味しくないわけないですよね~。

image011.jpg

そして長崎県島原市には、きれいな湧水に蜜を溶かして白玉をいただく、清涼感たっぷりのデザート「寒ざらし」があります。
全国にはその土地でしか食べられないものがたくさんあります。
のど自慢は、日本の豊かさに出会う旅でもあるんですよね~。
ほとんどグルメ紀行のようですが(笑)、その土地その土地の良さをのど自慢のブログでも紹介しているので、ぜひ一度読んでみてくださいね。
日本の素晴らしさを味わってくださ~~~い!