主にアナウンス室に在籍するアナウンサーが、趣味や仕事、日常の中で出会ったちょっといい話などを、思い思いに分かりやすい「ことば」でつづっていきます。


投稿者 兼清麻美アナ

詳しいプロフィールはこちら

わたしの中継現場

2017年03月10日 09:00

こんにちは、兼清麻美です。国会中継を担当しています。
あの国会中継のどこにアナウンサーの仕事があるの?
と思われる方も多いと思いますが、
実は、中継の間ずっと放送席にスタンバイしているアナウンサーがいるのです。

質問をする国会議員の会派と名前、テーマなどをコンパクトにまとめて
コメントしたり、審議が中断した時には、今何が起きているのかを実況したり、
記者解説を交えて進行したり、そんな仕事です。

気が付けば足かけ17年・・・。2度の育児休職と大阪局勤務時を除いては、ずっと国会担当です。
自衛隊イラク派遣、郵政民営化、耐震偽装問題、
閣僚や総理大臣の辞任、政権交代、選挙、組閣、TPP、安保法・・・
日本が変わる節目となる出来事、歴史に残る場面を中継し続けてきました。

わたしの中継現場02

一方で、国会議事堂にはわたしの子育ての歴史も刻まれています。
発熱の連絡を受け何度もここから保育園に迎えに行ったこと、
学校で大けがをして救急車で運ばれた病院に直行したこと、
朝子供が起きるよりも早く出勤するので国会議事堂前から必ず電話で「いってらっしゃい」を言うこと・・・。
今は背丈も追い抜かれすっかり手がかからなくなりましたが、
仕事が終わった瞬間から晩ごはんの段取りが頭に浮かぶ生活は変わっていません。
国会中継は、女性アナウンサーの仕事の中では本当に地味ですが、
現場の最前線に立つこの仕事と子育てが両立できていることが私はとても幸せです。

できればずっとやっていたいなぁ~。
おばあちゃんアナウンサーになっても。