主にアナウンス室に在籍するアナウンサーが、趣味や仕事、日常の中で出会ったちょっといい話などを、思い思いに分かりやすい「ことば」でつづっていきます。


投稿者 加藤成史アナ

詳しいプロフィールはこちら

ハチにご注意!

2018年08月03日 09:00

こんにちは。ラジオ第一で朝の5時から放送している「マイあさラジオ」のキャスターを担当している加藤成史です。仕事柄、早起きは得意です。月~金の放送を隔週で担当していますが、担当週は朝1時30分に起床。早起きしなくてもいい、担当週じゃなくても4時台に目が覚めて、活動を始めてしまいます。今回のブログは、そんな早起きがたたった(?)出来事を。

先日、福島県にある妻の実家に帰省しました。帰省先でもやはり早起きしてしまうんですね。せっかくなので、朝の涼しいうちに、義母が手入れをしている庭仕事でも手伝おうかと、膝丈くらいのツツジを枝切ばさみでせんていし始めました。数分後...
「痛ったぁぁ~っ!」
突然、左手の甲を、キリで突かれたような激しい痛みがあり、瞬間的に「蜂に刺された!」と感じました。

180803_2.jpg
刺されてから4日目だけど、まだ刺し痕がのこる左手

幸い、冷や汗が出たり、吐き気といった症状は出ず、一安心。傷の手当をしながら冷静にあたりを見回すと、ブンブンと、大きな羽音をさせて大きな蜂が飛んでいます。コイツか!作業中の庭木のどこかに巣があって、私のせんてい行為に激怒して、刺しに来たのでしょう。これは危ない!蜂の姿を追っていくと、すぐそばのツバキの木の中に吸い込まれていきます。ひょっとしてここかも...おそるおそるのぞいてみると、マーブル模様の、ハンドボール大の、絵に描いたような蜂の巣がありした。(写真は怖くて撮れませんでした...)
激烈な痛みが頭をよぎり、この時点で、自分での駆除はまったく頭に浮かばず、すぐさま地元の駆除業者を検索しました。
日曜日でしたが、運良く、害虫駆除の研究をしている専門家が見つかり、すぐに来てくれることになりました。

180803_3.jpg
勇者の後姿。ほんとに頼もしかったです。

専門家のかたは、巣を見てそのヌシをすぐに「コガタスズメバチ」と同定。早速作業に取り掛かりました。防護用の帽子をかぶり、記録用にビデオカメラを構えながら、手際よく巣の撤去を始めました。なんとも頼もしい。どう猛な昆虫におびえる庶民の前に現れた勇者です。

180803_4.jpg
180803_5.jpg
撤去した巣とコガタスズメバチ

この蜂、コガタという名前がついていますが、オオスズメバチと比較して小型なだけで、十分に貫禄のある大きさです。巣の中では働き蜂が盛んに生まれていました。白いのは幼虫とさなぎです。比較的穏やかな性格ですが、もう少し季節が進むと、どう猛になるそう... ほんとに怖い面構えです。と、このあたりで気づいたのですが、私の手の刺し傷、コガタスズメバチのものにしては腫れが小さいんです。私がどんな状況で刺されたのかを再現して、勇者に伺ったところ、「ひょっとしたら、コガタスズメバチに刺されたのではなく、別な蜂かもしれない」。とすると、もう一種類いるのでしょうか。蜂は総じて巣をゆすられたりすると興奮し攻撃してくるそうです。なので、勇者にせんていをしていた膝丈のツツジを見てもらったら...いました、いました。

180803_6.jpg
真犯人だったコアシナガバチとその巣

コアシナガバチ。コイツか!
コアシナガバチは、アシナガバチの中では小型ですが、攻撃性は強く、人家の近くにも住みますが、山地に多く、木の枝に巣を作るそうです。私を攻撃してきた張本人とその巣がわかって、ようやく安堵。

コアシナガバチに刺されたことがきっかけで、コガタスズメバチの巣も撤去できたわけです。また、いろいろ蜂のことを勇者に教えていただくこともできました。これって「虻蜂とれた」っちゅうことでしょうか(そんな言葉はありませんが...)

これからの季節、攻撃性が高まるハチの種類が多くなるそうです。山に入る際、庭仕事などの際にはみなさん、どうぞお気をつけて。